テニス メンタル

メンタル

アナタが削るべきムダな時間は、悩んでいる時間です

学生の皆さんも、社会人の皆さんも。

テニスについて考える、悩む時間は大事。

でも、それが長過ぎると・・・それは結果的にムダな時間、になってしまう。

そういう視点、はきっと上達に欠かせません。

 

アナタが削るべきムダな時間は、悩んでいる時間です

 


 

1.考えるのと悩むのを、分けて考えよう

テニスについて、自分で考え、そして結論を出して練習していく。

この意識は、すごく大事。

ですが同じくらい、「悩んでいる自分に気付く」ことも大事なんです。

「言ってることが、矛盾してるんじゃない?」と思うかも知れませんが、私は考えることは大事だけど悩む時間はさほど、必要無いと思っています。

この2つ、近いようで違う。

この違いについて、考えてみたいと思います。

 

2.考えるのと悩むことの違いは?

考えるとは、どこかに新しさがある。

今までに無いやり方、工夫、スタンスを、自分なりに模索していく。

だからその行為、考えるという時間自体、すごく大事なことなんです。

それに比べて、「悩む」というのは今ある自分の中で、「どうしよう・・・」と考えている。

堂々巡りだし、きっと同じような悩みを繰り返す。

新しさが無いから、出した結論も周りから見れば、「悩んだあげく、それ?」という風になってしまう。

そしてまた自信を無くして、悩む・・・という負のスパイラルに陥っていく。

皆さんも経験、無いですか?

 

3.自分の「考え」をもって、人に話してみるのが大事

私からのお勧めは、「悩むくらいなら人と話す!」に尽きます。

ただし、自分の「考え」を持ってから。

その考えに、きっと成功も間違いも無い。

間違っているとすれば、ただ一人で悩んで新しさの無い結論を出して、負のスパイラルに陥ってしまうこと。

人に話すと、自分の考えにエッセンスを加えられる。

「こんなこと、聞いただけで怒られるかも・・・」と思って話さない、のが一番損ですよ。

 

私も社会人になって分かったこと。

「この人に、話を聞いてみたい、話してみたい・・・」と思ったときには、話した者勝ち、だということ。

アナタはテニスの試合に勝ちたい、と思っているはず。

であれば、悩んで生産性の無い時間を削る、ことが一番でしょう。

時間は皆に、平等に与えられたチャンスですからね。

 

今回のまとめ

悩んでいる時間を削れば、きっと「考える時間」が作れる!

 

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から

    「負けても仕方ない」と、試合中に思ってしまう。それって、テニス…

  2. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合会場にいる「自分のテニスをひけらかしたい人」に、絶対負けてはいけません

    本人はいたって無意識でも、テニスの試合会場には「とにかく俺のテニスを見…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    0-6で負けた試合を、「相手が悪かった」で終わらせるから、アナタのテニスは何も進歩しない

    最近書いた記事で、勝てる試合は「6-0で勝つ」ことの重要性を説いてきま…

  4. テニス 指導

    メンタル

    テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと

    テニスにおいて、「試合だけは特別」という感じ・・・にはならない。…

  5. テニス ロブ

    メンタル

    「もっと厳しくテニスを指導して欲しい!」と言う人ほど、きっと実際の厳しい指導には耐えられない

    今の自分が上達出来ないのは、厳しい練習が足りないから・・・。も…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    もうすぐ試合が終わると思った瞬間に、アナタの思考は停止する

    勝っていたのに、最後で逆転される。思い出したくもない試合、きっ…

特集記事

  1. リターン

    ジャックナイフリターン、で攻めよう!
  2. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つ…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「前を向かない」だけで、サーブの精度は格段に上がる
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ボレーが苦手なら、ダブルスで無理に前に出る必要は無い
PAGE TOP