テニス 戦術

その他

テニス選手でも、「珍しいプレースタイル」は、誰だって戦い辛い

テニス選手って、色々なタイプがいる・・・と思いますか?

でも実際、皆さんの周りはどうでしょう。

意外と、ストローク中心で、ダブルスは雁行陣で・・・という感じで、「似たようなタイプ」ばかりじゃないですか?

ここに、実は大きなチャンスがあるんです。

 

テニス選手でも、「珍しいプレースタイル」は、誰だって戦い辛い

 


 

1.そもそも、「左利き」が嫌なのは絶対数が少ないから

テニスでも他のスポーツでも、左利きは優位とされています。

一つの答えは簡単、その数が少ないからです。

プレースタイルとして、珍しいから。

自分たちの仲間に左利きがいなければ、試合で戦うのは難しい、慣れていないから。

でもアナタ自身、利き腕は右でも「珍しいスタイルの選手」になることは出来る。

これって、すごく未来があるし、楽しい!

そう思えませんか?

 

2.アナタの特徴って、何だろう?

皆さんは、自分の特徴についてどう考えてますか?

長所、短所、または身長や性格、色々な要素がありますが、「ココはちょっと、人と違うな・・・」という部分、あるはずです。

そこを上手く、伸ばしていきたい。

そして試合の中で、「アイツは変わったプレーするな・・・」と思われるような選手になる。

これって、そのままアナタの強さになっていく。

一度視点を変えて、トライしてみませんか?

 

3.新しいことが結果を出す!潮流が今のテニス界

実は、今プロテニス界でも大きな波が起きている。

ずっと絶対的に強いとされてきた安定したストローカー、のスタイルをネットプレーで崩す選手が増えてきた。

そしてリターンから攻撃的にいく、フェデラー選手の新しい技も効果的に相手を追い込んでいる。

こういった変化、新しいスタイルは、アナタの周りでも効果を発揮してくれるでしょう。

「こんな選手、やったこと無いんだけど・・・」みたいなスタイル、考えてみませんか?

きっと大逆転で格上に勝利、も見えてくると思いますよ。

 

当たり前のことをやっていても、当たり前の結果しか出ない。

なぜ、みんなそれが出来ないのかというと・・・答えは簡単。

「周りと同じでいること」が安心するし、日本では評価が高いから。

でも、そんな今までのアナタで、この先勝てますか?試合に。

私は難しいと思います。

勇気を持って自分にチャレンジ出来た人が、きっと変わっていけるのだと思います。

 

今回のまとめ

自分の特徴を考えて、相手にとって「珍しい」選手になっていこう!

 

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化されていった

    学生の皆さんのテニスを見ていると、僕らの時代と違う印象を持つことが多い…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスコート脇で「スウェットばかり履いている人」が、大事な試合で勝てないその理由について

    私が大学に進学した15年前くらいから、目立ち始めたこの光景。か…

  3. その他

    ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど

    試合でミスが多い時。こんなはずじゃ・・・と思っていても、どんど…

  4. テニス 部活

    その他

    「チームの和を乱す実力者」は、アナタのチームに必要だろうか?

    「部活の和が、乱されてしまう」「テニスは上手いんだけど、周りへ…

  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの団体戦って、「結局個人戦を複数回、やるだけでしょ?」という人に、物申す!

    以前にお会いした方に、こんなことを言われました。「テニスの団体…

  6. その他

    相手の声に、惑わされるな

    テニスの試合に出ていると、とにかく色々な人がいます。男女、年齢…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイ…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど
  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い
  4. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように
  5. 戦術

    ポジションを下げされたら、まず戻すボールを使おう
PAGE TOP