テニス ストローク

ストローク

キリオス選手の躍進を支えるのは、チャンスを引き出す基本となる「深いフォアハンド」です

先週行われていたマイアミオープン、ベストマッチはやっぱり準決勝の フェデラー選手 vs キリオス選手 でしょう。

一見、凄い試合で自分たちには無理・・・とも思いますが、実はそうじゃない。

負けてしまったキリオス選手のストロークに、実に参考になる部分があるのです。

 

キリオス選手の躍進を支えるのは、チャンスを引き出す基本となる「深いフォアハンド」です

 

1.基本のプレーは、いつも見落とされがち

テニスの試合を観ていると、どうしても「フィニッシュショット」にばかり目がいく。

確かに、決めるショットは大事。

でもその前のショット、チャンスを引き出すショットが無いと、試合ではフィニッシュショットも使えない・・・ですよね。

キリオス選手のストローク、注目してみましょう。

打ち方は肘からテイクバックする少し特殊なフォアハンドですが、その軌道は実は山なりで深い、速度は遅めのショットも多い。

この深いフォアハンド、が相手からチャンスを引き出して自分の態勢を立て直す。

意外とプロ選手も、攻め急いで自滅する選手はいますからね。

キリオス選手は派手さばかりが目立ちますが、実はチャンスメイクがすごく丁寧。

皆さんも参考になる部分が、たくさんあるはずです。

 

 

 

 

2.しっかり前にフォロースルーを出す、ことが基本

基本に忠実に、しっかりフォアハンドもフォロースルーを前に出す。

肘を高い位置でフィニッシュしているのが分かると思います。

キリオス選手のような長身でリーチが長い選手は、こういった基本的な打ち方で打つとボールが自然に伸びる。

アナタ自身も、早いストロークの準備で実践していきましょう!

 

3.深いボールは前、ではなく上にラケットを抜いていく

それでも、当然深いショットは凌がないといけない。

何と言っても、相手はフェデラー選手、ですからね。

フォアハンド側に深く打たれたときには、しっかりラケットを上方向に抜いていく、フォロースルーを頭の後ろくらいにもってく。

少しでも浅いときには、しっかり前方向にフォロースルーを出す。

この基本で、しっかり自分のフォアハンドのボールが「浅くならないように」意識しているんだと思います。

試合の現場ではすごく、大事なことですね。

 

意外と参考に出来る部分は、シンプルな動作。

プロ選手は、何時間も何試合も、毎週繰り返している。

効率的にチャンスを引き出すショット、ストロークはとても参考になるはずです。

ちょっとフォームは独特だし、天真爛漫なキリオス選手ですが、実はプレーは基本がしっかりしている。

今年は注目ですね!

 

今回のまとめ

フォアハンドストロークは、フォロースルーを意識することでチャンスメイク出来る!

 

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大きく左右する

    相手とストロークでラリーをしているときに、試合に出ているか、出ていない…

  2. ストローク

    テニスの試合で、「深いストロークはなぜ有効なのか?」の理由についてハッキリさせておこう

    試合の中で、練習の中で「深いストローク」は基本中の基本。改めて、「…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元

    ストロークやサーブを打つときに、「身体が開いてるよ!」というアドバイス…

  4. ストローク

    テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つのポイント

    フォアハンドストロークは、試合で武器にしている人が多い。それで…

  5. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で、「ネットプレイヤーの足元を狙い過ぎる」とネットミスが増えるので危険です

    ストロークで相手の足元を狙うシチュエーション、ネットプレイヤー相手には…

  6. ストローク

    「まずは、ここから。」テニスの試合で使えるストロークの精度を高めるには順序が

    テニスというスポーツは、相手と打ち合うんだけど、その打ち合いをしっかり…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレ…
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンをストレートに展開する」メリット5つ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ
  4. ボレー

    ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!
  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう
PAGE TOP