テニス リターン

ストローク

力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!

力強いストロークで、試合をリードしていきたい、押していきたい。

そう考えて自分を変えていきたい人は、やはり基本のポイントを見直してみましょう。

スタンスもしっかりまずは横向き、を作ってみましょう。

 

力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!

 


 

1.横向きをハッキリ作れば、しっかり押していける

打った方向に身体が向いていく。

特に意識したいのは、胸が早く開いて前を向いてしまうこと。

ストロークで、「身体が開いてるよ!」と注意されてばかりでも、「なんでダメなの?」と思う意識が無いと進歩しない。

身体が開いてしまうと、ボールを押していけないんですよね。

ストロークでしっかり横向きを作って、後ろから押していく。

その為にも、スタンスからハッキリ横向きを作って打つことは、ストロークの基本です。

 

2.ちょっと昔のテニス、みたい?

もしかしたら、そう感じるかも知れません。

現代テニスはオープンスタンスが主体ですし、ラケットやガットが進歩しているから上半身だけでも楽にボールを飛ばせる。

でも、ストロークの威力をアップしたいのであれば、やっぱり基本は横向きの態勢を作ること。

ボールをインパクトするまで、しっかり身体の開きを抑える。

基本に忠実に、立ち戻ってみることは大事です。

 

3.攻撃していくときに、肩が入ればコースを隠せる

横向きが出来ていると、相手もコースを読めない。

押し出していくことで威力もアップできますが、この「コースを隠せる」という効果でも攻撃力をアップ出来る。

ストローク、力で押していくことも大事ですが、相手にコースを読まれたら意味が無い。

肩を入れることを意識すると、自然に横向きも作れて効果的。

普段オープンスタンス、で打っている人も、意識して実践してみると新しい発見があるかも知れませんよ。

 

ボールを10cmだけでも、前に押し出していく。

このタイミングで身体が開かなければ、まず大丈夫。

ほとんどの人が、きっと先に胸が前を向いてしまうはず。

深いボールこそ、基本に忠実なストローク、で応戦しましょう。

きっと試合で使えるストローク、になるはずです。

今回のまとめ

横向きでボールを押し出すことで、身体の開きを抑えて攻撃的なストロークが打てる!

 

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

  2. テニス スライス
  3. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない

    「また、今日も調子が悪かった・・・」と、嘆いてばかりの人。良い…

  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで前に入りながらドロップショット、を打てれば相手は基本触れない

    テニスの試合で有効な、ドロップショット。でも「打つのが怖い・・…

  5. テニス 錦織圭

    ストローク

    「スライスって使ってる?」改めてテニスの試合で活きるメリットに着目してみました

    テニスの練習は強くなるために行うもの。でも強さって攻撃だけでは…

  6. ストローク

    テニスの試合で、「コントロール良くストロークを打ち続ける」為に必要なターゲット意識とは?

    テニスの試合でコントロールが良い人、絶対に強い。うらやましいく…

特集記事

  1. テニス チャンス

    フットワーク

    テニスの試合では、チャンスボールはその場で待っていても「チャンスにはならない」こ…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーで攻撃されてもブロックでしのぐ」ことが一球できるだけで、試…
  3. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーでミス、「自分のボディに近いボール」のさばき方を知らないだけ
  5. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレーはもどかしい」テニスで難しい技術はどうマスターすれば良い?
PAGE TOP