テニス メンタル

ダブルス

ダブルスの試合、「自分がミスして終わりたくない」のは、テニススクール生の性

女子ダブルスの試合、観ていると気付くことがあります。

「あ、この人はミスを極端に、恐れているな・・・」と。

特にテニススクールやクラブで練習している人は、実は空気を読み過ぎて結果的に試合で勝てない、選手になっている可能性がある。

ベテランプレイヤーの皆さんも、胸に手を当てて考えてみて下さい。

 

ダブルスの試合、「自分がミスして終わりたくない」のは、テニススクール生の性

 

ラリーを続けるのは、良いこと?

テニスの試合では、つながったラリーの回数には何の点数もつかない。

ルール上、「相手のコートに返球出来なかった」ときに失点になる。

相手を追い込んで、しっかり攻撃してフィニッシュすることが、ダブルスの試合では特に求められます。

それなのに・・・「ミスするのが怖い」から、攻撃出来ない。

つないで相手のミス待ち、二だけになってしまう方、特に女性のベテランプレイヤーの方に多いような気がします。

たくさんラリーがつながって、満足になってはいませんか?

 

テニススクールの弊害、ここにあり

私も昔、テニススクールでアルバイトコーチをしていた頃は、「みんなで楽しくボールを回す」ことに快感を覚えていました。

その方が、みんなも楽しそうにしてくれる。

でも・・・試合の現場ではどうでしょう?

相手を攻撃していく、ミスしてもスマッシュを打ち切る、角度を付けたボールを狙うこと、必要ですよね。

失敗して「みんなに迷惑をかけたくない」というのは、スクール生の性。

勝手な思い込みであり、勝負から逃げているだけですからね。

 

自分を変えたければ、プレーを変えよう!

消極的な自分、に気付いた人からプレーを変えていきましょう。

気付いて危機感を覚えることが出来れば、まだまだアナタは上達していきます。

ほとんどの人が、「まぁ、このままで良いか・・・」と思ってしまいますからね。

それでは試合で勝てない。

攻撃的なプレー、例えば任せていたスマッシュを打ったり、前衛でポーチに出たり、ストレートへ展開していく。

ハッキリと意図を持った攻撃的なプレー、を思い切ってやってみましょう。

そこから、アナタの新しいテニスが始まるはずです。

 

周りの空気を読む、なんて考えは捨てましょう。

ダブルスだったら、4人中2人は敵ですからね。

嫌な思いをしてもらう、ことになるのが自然です。

テニススクールの雰囲気、試合で弊害になってはいませんか?

もう一度、考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問について

    ダブルスで、前衛がストレートを抜かれる。リターンのときに、よく…

  2. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる

    テニスはシングルスかダブルス。戦う人数は1人か2人、なスポーツです…

  3. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でとても有効!

    「Iフォーメーション」と聞いて、アナタはどんなことをイメージしますか?…

  4. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集

    先輩とダブルスを組んで、試合に出る。学生ならよくあるシチュエー…

  5. テニス ミス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合、「実際に使っている9割はシングルスコート」という事実について

    ダブルスの試合、まずアナタ自身がシングルスと違うと考える点はどこですか…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのストレートリターンは、精度よりもタイミングと駆け引き重視で

    ダブルスの試合、リターンで「ストレートアタック!」効果的ですよね。…

特集記事

  1. テニス
  2. テニス フットワーク
  3. テニス
  4. テニス トレーニング
  5. テニス 防寒
  1. その他

    テニス選手だったら、「テニス語」を使って海外の人とも仲良くなろう!
  2. テニス メンタル

    テニス知識

    「スポーツの経験が無い」って、逆にテニスでは武器になると思う
  3. テニス ボレー

    テニス知識

    ボールが飛ばない冬の寒い試合、「ガットのテンションを5ポンド落としたラケット」を…
  4. テニス メンタル

    ボレー

    バックハンドボレーが上手くいかない人は、「身体が倒れないようにお腹を前に出してい…
  5. テニス ミス

    ストローク

    グリグリなストロークのボールに圧力を感じるのは、備えが無いから
PAGE TOP