テニス スマッシュ

スマッシュ

テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ

この春から、新しくテニスを始める方も多いはず。

テニスのショットの中でも、難しいな・・・と感じる方が多いのがスマッシュ。

改めて、基本となるポイントを見直してみましょう。

 

テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ

 

1.まずは下がることから

スマッシュは、アナタの上、後ろ側のスペースを狙って相手はロブを打ってきます。

まず、しっかり下がる。

最初の立っている場所にいては、スマッシュは打てません。

サッと横向きを作って、2~3歩後ろに下がるだけで、スマッシュの打てる範囲はグッと広がります。

 

2.下がりながら、ラケットを顔の横にセット

1.で下がりながら、ラケットを素早く準備する。

この準備は、サーブのようにラケットを一度下げて上に上げて・・・と、やっている時間がありません。

パッとすぐに、顔の横にラケットを準備する、ラケットを持っていない側の手は上に掲げてボールを指さしてみる。

この「弓を引く」ようなポーズ、を作りながら下がっていく練習を繰り返しましょう。

 

3.ボールが落ちて来るのを待たない

どうしても、スマッシュを打つ前に初心者の方は不安になってしまう。

そうなると、どうしてもボールを待ってしまう・・・んですよね。

自分の近くに落ちて来るのを待っていると、最終的には打点が低くなって良いスマッシュが打てない。

コツは、「まだだいぶ、上にあるな・・・」という段階から、上方向にラケットを振り出していくということ。

自分から打ちにいくことを、しっかり実践していきましょう。

 

4.相手コートのどこを狙うか、ロブが上がるに決める

相手のロブが上がる前、つまりアナタがスマッシュを打つ場面じゃないときから・・・打つ場所、決めてしまいましょう!

ダブルスなら2人の中心、ロブが厳しかったら、深く山なりでも良い。

ロブが上がったら、頭が真っ白になってしまう方が多い。

それならしっかり、事前に準備しておくこと。

コースを決めておけば、それだけできっと楽に打てるはずです。

 

スマッシュが得意になるか、苦手になるか。

これは、初心者の頃からどいう姿勢で練習するかが大事。

センスや経験、なんて関係無いです。

スマッシュは、工夫と自分の考え次第で、絶対に上手くなる。

そしてスマッシュが好きになれば、試合に勝てるテニスが身に付いていくのです。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合の中で一度や二度の失敗で、スマッシュを諦めてはいけない

    「スマッシュ、好き!」と言える人。ほとんどいない・・・ですよね…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュするときには、「待たないで自分からジャンプ!」していこう

    スライスロブ、試合の中で打たれるケースが多いはず。特に女子ダブ…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップです

    スマッシュに大事な要素って、何でしょうか?スピード?コントロー…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち分ける技術です

    スマッシュでポイントを終わらせることが出来ると、試合でも乗っていける。…

  5. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう

    スマッシュが得意かどうか、しっかり観察すれば分かる。序盤から、…

  6. スマッシュ

    「深いロブでスマッシュが厳しい!」ときにはスィングを止めての返球でOK!な感覚も大事

    女子ダブルスの試合、特に年齢別の方の試合になると、頭上を狙うロブの精度…

特集記事

  1. テニス 環境

    ボレー

    ネットプレーで、「攻撃している時に視野が狭くなる」自分に気付ければ強くなれる
  2. テニス 疲れ

    その他

    テニスの試合中、「どうも他の選手より疲れるのが早い・・・」と感じる人は、ラケット…
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと、ダブルスの試合では絶対に上にいけない
  4. テニス 観察

    戦術

    全仏オープンを、「テニス選手らしい観点でチェック」したい5つのポイント
  5. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと
PAGE TOP