テニス シングルス

ストローク

フィーリングが悪いと感じた日は、足で稼いで勝ちを拾うしかない

テニスの試合、最初の打感でどうもおかしい。

そう感じながら、序盤になんとか対応してるけど・・・どうしても、ダメな日はある。

そうなったら、もう割り切るしかない。

足で勝ちを拾う、しかできない日もあるでしょう。

 

フィーリングが悪いと感じた日は、足で稼いで勝ちを拾うしかない

 


 

1.覚悟を決めれば、迷いは消える

いつでも、自分の思い通りに試合を進められる訳では無い。

きっと、最初に打った打感がイマイチで、そのまま試合中に修正出来ない日もある。

そんなときに、何を考えるか。

「調子が悪かった日」に勝てる選手は、割り切って覚悟出来る。

だから迷いが消えて、相手にとって厄介な相手になるんですよね。

 

2.ストロークの調子が悪い、なら他に出来ることは?

まず、サーブやリターンは集中したいところ。

ストロークの調子が悪いからと言って、一発勝負になるのは一番ダメなケース。

ストロークがダメ、だからと言って避けてはいけない。

サーブとリターンの確率が悪い選手は、調子がどうこうと言う以前の問題。

ストロークの調子が悪いなら、ボレーに出たりネットダッシュも有効ですしね。

その心構え、が大事です。

 

3.ストローク命、の人が多過ぎる

私は、常々感じています。

ストロークも、テニスを構成する一つの要素でしかない。

だからこそ、そこに固執しない。

サーブだってリターン、ボレーやスマッシュ、ロブ、ドロップショット。

たくさん、テニスで使える選択肢はあるはずです。

だからこそ、ストローク以外の武器、選択肢を持っておくことが試合では大事。

別に、絶対的な武器でなくて良い。

足でポイントを稼ぐ、勝ちを拾うために、最低限相手に色々見せられるショット、は必要なんです。

 

調子が悪いと、すぐに凹む人。

はっきり言って、みっともないとしか思えません。

ストトロークの調子が上がらない、のは、誰のせいでもなくアナタの責任。

だったら、自分で切り替えないと。

それが強い選手の、試合の現場での発想です。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. ストローク

    「片手バックハンドのショートクロス」は切れ味を磨けば試合で超絶使えるショットに!

    片手バックハンドの長所、どんなところがあるでしょうか?両手に比…

  2. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう

    テニスで「手打ち」と呼ばれる現象。そのほとんどは、肘から先の腕…

  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう

    ストロークに安定感や伸び、が無い人は、どこか手首が不安定。改め…

  4. ストローク

    「深いストロークはなぜ有効なのか?」についてハッキリさせておこう

    試合の中で、練習の中で「深いストローク」は基本中の基本。改めて…

  5. ストローク

    「軸足の使い方、間違ってない?」テニスの試合でつなぐだけでなく、勝ち切るストロークを身に付けよう!

    ストロークとかボレー、スマッシュやサーブと色んなショットがあるけど、ど…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す
  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合では、エースで終わるようなショットでも、「最後までの詰め」が出来てい…
  3. 練習メニュー

    「すぐにでも、シングルスを強くなりたい!」人は、レベルに合わせた8の字ラリーをし…
  4. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える
  5. テニス ボレー

    ボレー

    前に詰めてのドロップボレー、はなぜ決まりやすいのか?
PAGE TOP