テニス 予測

メンタル

「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる

月曜日から学校、会社。

木曜日はテニススクールに行って、土日はどちらかテニスサークルで練習。

3か月に1回くらいの草トー大会。

悪くない毎日ですが・・・きっとこのままだと、来年も再来年も、10年後も変わらないかも知れませんね。

 

「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる

 


 

1.試合に勝つとは、「人との違いを示す」ということ

皆さんは、きっとテニスの試合に勝ちたいと思ってるはず。

それも、1回戦や2回戦を勝つ、というのが目標では無いでしょう。

トーナメントを勝ち抜いて、市や県の上位に入る、代表になって全国大会に出る。

それくらいを目指している方が、多いと思います。

つまり、「他の人との違い」を示していけるかどうか。

テニスの試合で勝つ、勝ち抜いていくには、他の人と違いを示して試合に勝ちぬいていかないといけないのです。

このこと、まずはしっかり考えておくことが大事です。

 

2.昨日と同じ今日、に危機感を持てるかどうか

テニスの試合は、非日常の世界。

何が起きるか分からないし、勝負の世界での駆け引きは厳しいことの連続。

毎日、自分に挑戦して変えていかないと・・・日々の生活自体が、テニスの試合での「勝ち」を遠ざけてしまう可能性が高い。

試合に勝つ人って、何かに「飢えて」いる。

不完全燃焼を許せない、そんな熱いエネルギーがある。

皆さん、テニス歴が長い人ほど、どこかにこういったエネルギーを忘れて来てはいませんか?

 

3.毎日何か1つ、新しく変えてみる

私もつい、怠けてしまう。

ですが、毎日何かを変えていく意識は大事です。

この記事を書こうと思って、今日・・・私は、いつもと違う道を通って会社に行ってみました。

「だから何だ?」と言われると返す言葉が無いのですが、もしかしたら新しい発見があるかも知れない。

テニスシューズも、今までの軽いものから少しガッチリしたものに先週変えました。

ついでに、ラケットも・・・。

とにかく、毎日、あがいています。

今日を変えて、明日を変えていきたいと。

書いている本人が、実践していないと説得力が無いですからね。

 

学生の皆さんは、ほとんどが毎日、毎週、決まった生活の繰り返しですよね。

でも、新しい自分に出会うために、今日を変えてみる。

この勇気があれば、明日・・・どころか、テニス自体が変わっていくでしょう。

試合に強くなる選手は、こういう挑戦が大好き。

ちょっとした気付き、がある選手から変わっていく、結果を出していく。

さぁ、今日は何を新しく、変えてみましょうか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理

    すごく極端な話ですけど・・・みなさんも毎回試合に出て、負けることは多い…

  2. テニス スマッシュ

    メンタル

    「ピンチを乗り切った後」に、乗っていけるかどうかが大事

    試合で大きく、流れが変わるとき。そのポイントは、どこでしょう?…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    普通のテニスに見えるのに、なんであの人は試合に強いの?という人について

    皆さんの周りにも、いませんか?「何であの人が強いのか、分からな…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく

    身の程知らず、という言葉がありますよね。自分の実力もよく分かっ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    トーナメントで良い成績、すぐに0に戻してまた練習再開

    良い成績、というのは人それぞれ。でも、目標を達成したときには、…

  6. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、「良い形でポイントを獲った」その後のポイントこそ重要です

    「あ、この選手強いな・・・」と、私が感じるときはあるポイントがあります…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「引退」高校テニスを振り返ってみて
  2. 戦術

    テニスにおける戦略も、シンプルに考えよう
  3. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上から…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭…
PAGE TOP