テニス ラケット

その他

ラケットを使ったボールキャッチが苦手な人は、試合前から相手に自信を与えてしまう

ちょっとした仕草で、その人のテニスの技量や意識、は表に出ます。

例えば、ラケットを使って「ボールをキャッチ」する行為。

試合前のウォーミングアップから、相手から送られたボールをラケットでキャッチしますよね。

この動きが滑らかかどうか。

周りから観られている、ことは常に意識しておくことが大事です。

 

ラケットを使ったボールキャッチが苦手な人は、試合前から相手に自信を与えてしまう

 


 

1.ラケットでボールをキャッチ、上手に出来ますか?

遠くから飛んで来たボールを、ラケットをでキャッチする。

ワンバンドだったり、時にはノーバウンドかも知れません。

高いバウンドや、低いバウンドもあるでしょう。

そこでスッと出したラケットで、しっかりボールの勢いを殺して、捕球する。

何気ない動作ですが、これがしっかり出来る人は相手に「上手そう・・・手強そう・・・」というプレッシャーを与えることが出来るのです。

 

2.動きが堅い人は、相手に上手に出られる

強い相手ほど、しっかり雰囲気を観察している。

ボールキャッチが堅いと、もしかしたら「タッチ感覚がイマイチなのかな・・・」と思ってしまう。

「ボレーは苦手そうだな・・・」と思って、試合の序盤からドロップ系のショットを入れてくるかも知れませんね。

私なら、試します。

ボールキャッチでラケット動作がぎこちない人は、概ねネットプレー、薄いグリップで操作できない。

この仮定は、大抵当たりますからね。

 

3.普段の練習から、ラケットでボールキャッチ、磨きましょう!

毎日の部活でも、しっかり意識すれば変わる。

ラケットでボールを捕球する、のをいかにスムーズに出来るかどうか。

ボールを拾う動作も、同じですね。

試合の中で、必ず何回も繰り返す動作ですから、やっぱりかっこよくスムーズに出来るとそれが自信にもなる。

立ち振る舞いで、自分の試合って変わりますよ。

 

自分がどう観られているのか、何気ないポイント間の雰囲気を大事にして欲しい。

動画で撮影してみると、よくわかりますよ。

「何だか、自信なさげだな・・・」と思うのは、きっとこういう細かい動作が慣れていないから。

プロ選手のプレー、ポイント間も観てみて下さい。

ボールボーイがいる試合がほとんどですが、きっとウォーミングアップの時とか、参考になるはずです!

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. その他

    テニスの試合を終えた時点で、「自分を実力が分かった」と思えたら絶対、強くなれる

    試合が終わったときに、アナタ自身何を考えるのか。感じる力が非常…

  2. テニス 戦術
  3. テニス メンタル
  4. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選

    団体戦の醍醐味、それは何と言ってもチームの重みを感じながら戦えること。…

  5. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと

    テニス部の死活問題、それはボール代・・・じゃないですかね。少な…

  6. テニス サイト

    その他

    会場に着いたらざっと確認したい、「テニスの試合で必要な準備」7つ

    テニスの試合、会場に着いたら一気に緊張感が高まりますよね。周り…

特集記事

  1. テニス 楽天

    戦術

    初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る
  2. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュが安定しない人によくある、「後ろ足回転症候群」を解消してキレ味を磨こう…
  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「ソフトテニス経験者の強打の癖は、どうやって直していけば良い?」…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜおじさん、おばさんのダブルスは並行陣主体なのか?
  5. テニス 客観視

    メンタル

    自分の敗戦と正面から向き合える人は、実はすごく少ない
PAGE TOP