テニス 練習

Q&A

Q&A「テニス弱小校の僕たちに、練習メニューを考えて欲しい」

今日は、Twitterで頂いたご質問より。

中学、高校での部活はレベル差もあり、コート面数も少ない、コートが無い学校もあり大変ですよね・・・。

今回は、まず具体的な練習メニューよりも基本姿勢、から考えてみましょう。

 

Q&A「テニス弱小校の僕たちに、練習メニューを考えて欲しい」

 


 

1.まずは自分たちで自分たちを、「弱小校」と呼ばないこと

のっけから厳しい・・・ですが、これは意識して欲しい。

私宛のメッセージでも、「弱小校」「三流大学」といった感じで、自分たちを呼んでいる。

気持ちは分かりますが、これってもう上手くならない言い訳を先に作ってしまっているんですよね。

例え客観的に観て弱小でも、自分たちで言ってはダメ。

弱気を知って戦うために、その「弱さ」を「強さ」に変えていかないといけないのですから。

 

2.反復練習で技術を身に付け、試合で使う練習メニューを

まず、「何をやるか」よりも「何をやらないか」を決めましょう。

 

・目的の無いダラダラしたラリー

・毎回同じような球出し練習

・遊び半分の試合形式

 

こういった内容の、「逆」で考えてみませんか?

つまり・・・

 

・ミスを減らしながらも、攻撃し合うラリーポイントの練習(毎回勝敗を付ける)

・球出し練習は球出し役、ボール拾い役を付けて、毎日違う内容でランダムで行う

・ゲーム形式は全て記録に残して、月末に優秀者を発表する

 

練習の全体方針は、こんな感じでどうでしょうか。

あとは、コート面数が少ない部活は「コートが無い場所」でも出来る練習を考えましょう。

 

3.工夫次第で、ボールとラケットがあればテニスは練習出来る

私の部活では、よく2人1組で「手出しで打って、キャッチ」の練習をしていました。

一人がボールを持って、軽くトスして相手がラケットで打つ(ボレーでも、ストロークでもOK)、それを球出しした人が手でキャッチする。

地味なようですが、球出し側も良い練習になるし、メンバーを変えながらやると緊張感も出る。

ラケットで打つ側は、相手が素手でキャッチする訳ですから、優しくコントロール良く打たないといけない。

地味ですが、こういった反復練習がきっと、基礎作りに役立つはずです。

 

今日一日、そして来週、練習する内容を紙にまとめて、部室に貼り出してみましょう。

きっと、紙に書いてみるだけでみんな緊張感が出るし、「よし、やるぞ!」となるはず。

毎回、部活で集合してから「何やろうかね・・・」となるのを変える、だけで良い部活の雰囲気になるはずですよ。

弱小、上等。

一緒に下から、這い上がっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.3

    少し時間が空いてしまいましたが、10月にて実施させて頂きましたアンケー…

  2. テニス スマッシュ

    Q&A

    Q&A「とにかく試合でミスが多いんですけど、どうすれば良いですか?」

    改めて、今回もこの問題に挑んでみたいと思います。たくさんご質問…

  3. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「タイブレークで勝ち切れない・・・有効な作戦はありますか?」

    今回は社会人女性の方からのご質問です。プロの試合でも、残酷なま…

  4. Q&A

    Q&A「グリップの握りがしっくりしない気がします」

    今回は、久々に頂いたご質問の中から。自分の握るグリップが、なか…

  5. テニス Q&A

    Q&A

    Q&A「自分はオールラウンダーだと思っていますが、武器がありません・・・。どうやったら試合…

    今日は高校生男性の方から。県内ではシングルスベスト8の実力があ…

  6. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」

    「とにかくトスが安定しなくて・・・」と、お悩みの皆さん。トスが…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    前衛は後衛を褒め、後衛は前衛を褒めるから強くなる
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの練習をより実戦的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ
  3. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう
  5. テニス 雪

    日々の雑記

    私はこれからも、「決断する人」をテニスを通じて応援していきます
PAGE TOP