ストローク

テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について

ドロップショットをよく使う。

シングルスの時もそうだけど、ダブルスでもしょっちゅう使っている。

大事なことはもちろんタッチだけど、それだけじゃあドロップショットは成功しない。

 

テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について

 

そもそもネット際に打つ訳だから、ドロップショットを打つってことがバレたら、余裕で相手にそれを打ち返されて、逆に悲惨なパターンになる可能性もある。

そのためにも、ドロップショットと対照的なショットを相手に示唆することが出来れば成功しやすい。

 

 

まずドロップショットと言えばネット際に打つふんわりとしたショットでしょ?

なので、しっかりとした深いショット、強めのショットを打つような雰囲気で相手の意識をネットから背けさせる必要がある。

「ちょっと後ろにさがった方がいいかも」って思わず意識してしまう雰囲気が作れると、そこからネット際にドロップショット打った時に、相手はスタートが遅れるどころか、上手くいけば意表を突かれて一歩も動けなくなることもある。

そういう状況作りがドロップショットには必要なのだ。

じゃあ具体的にどういうショットに思わせるのが有効か。

 

俺が一番よく使うパターンは相手ショットが浅くなった時に、フォアハンドで回り込んで打ち込む・・・と見せかけといてドロップショット。

その時の俺の顔は「さぁ、ガツンと打ち込んでやるぞ!」という形相で、一気にボールに駆け寄り、そのままライジング気味でオープンコートに打ち込む・・・という感じを作る。

いや、ちょっと言い方変えればそのパターンでもそのまま出来るようにするし、本当に打ち込む時も多い。

だからこそ、相手はオープンコートに打ち込まれることを一番に恐れて慌ててディフェンス状態を作るのだ。

そのパターンが一番多いから、俺の場合はフォアハンドストロークでのドロップショットはフォアの打ち込みと同じグリップで打てるようにしている。

 

 

当然タイミングもライジング気味でね。

いちいち打つ瞬間にスライスのグリップに切り替えていたらドロップショットってバレてしまうし、さっきも言ったようにそのまましっかりガツンと打つことも必要だからね。

ドロップショットはスライス系のショット。

だからと言って、スライスのグリップでしか打てないようだと状況作りが難しい。

もちろんスライスで深くしっかり伸びていくショットやロブをちゃんと打っていれば、スライスでも相手はちょっと後ろへ下がってくれるかもしれないけど、ドロップショットで相手に「騙された~!!」って思わせたいんだったら、凄い形相で「打ち込むぞ!!」って感じで突っ込んでいってライジングでシュッとその打ち込みの厚いグリップのまま、ドロップショットに切り替えるパターンにトライしてもらいたいもんだ。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ミス

    ストローク

    テニスの試合、強い相手と対戦するときほど、「ラリーを避けよう」と考えてはいけない

    テニスの試合では、自分より格上の選手と必ず対戦する機会がある。…

  2. ストローク

    両手バックハンドを捨てたからこそ、今の片手バックハンドがあると思う

    テニスって、結構自由度が高いスポーツ。そうは思いませんか・・・…

  3. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケットを入れる」ことで安定…

    試合の中で、スライスのストロークを使う機会、どれくらいあるでしょうか?…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    深い山なりなスピンボールは、「下がらずにライジングショットで打つ」為に必要なポイント4つ

    「ライジングショットを、試合で打つのは難しい」という感覚を持っている方…

  5. ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合ではボールとの距離感が重要!

    苦手ショットの時に、ラケットを振り切れない人が多い。ま、苦手だから…

  6. ストローク

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント

    普段は伸び伸び打っているのに、試合になると急にフォームが小さくなる。…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで「ライジングショット」を打ちたいなら身に付けるべき4つの基本
  2. その他

    「直線ダッシュで高速スィング」ができるようになると、今のテニスの実力でもスピード…
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセット…
  4. テニス ストローク

    戦術

    試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう
  5. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」…
PAGE TOP