テニス ストローク

ストローク

試合で使える「重たいストローク」を身に付ける為に、必要な意識4つ

試合で有効な、「重たい」ストローク。

よく表現されるのは、回転量が多い「エッグボール」と呼ばれるような軌道。

ベースライン際でカクンと落ちて、コート深くに入るストローク・・・理想ですよね。

確かに、難しい技術やスウィングスピード、が必要な部分は大きい。

ですが、皆さんの今の実力、筋力でも、きっと「重たい」ストロークは打てるはずです!

 

試合で使える「重たいストローク」を身に付ける為に、必要な意識4つ

 

1.打点を前にして、しっかりラケットを縦に振り切る

スピン系、スライス系、両方のショットに言えることですが、必ず打点は身体の前に確保すること。

その為には、速い準備は不可欠です。

同時に、しっかりラケットを振り切りたいし、しっかり加速した状態でボールを打てるようにしていく意識が、重たいストロークには必要です。

速くラケットを振り出す、それもしっかり縦方向、下から上に振っていく。

この意識を強く持つだけで、今のアナタのストロークはより重さを増すはずです。

 

2.ストロークの軌道を高くする

高い軌道のストロークは、それだけバウンド後にも失速しない。

低く速いストロークって、意外と軽いと感じること多くないですか?

高い軌道のメリットは見落とされがちですが、あくまで回転量が多く、高い軌道のストロークはテニスの基本です。

安定感もアップしますし、重たいボールにもなる軌道の「高さ」はしっかり確保しましょう。

 

3.前に踏み込んでライジングショットで捕らえる

「重さ」の定義は、人それぞれですが、私は「予期せぬボール」も重いボールだと感じることが多い。

ライジングショットで、速いタイミングで攻撃されたボールは、やっぱり重い、です。

アナタも、もっと前に踏み込んで、強引にでも速いタイミングでストロークをしかけていく意識、大事です。

その「雰囲気」だけで、相手は重さを感じて腰が引けてしまうかも知れません。

技術の前に決断力、と予測力から磨いて、重いライジングショットを打っていきましょう。

 

4.ストロークのグリップを厚くする

最後はやはり、ストロークのグリップを調整したい。

厚いグリップ、に変えてスウィングスピードを上げていく作業は、特に学生の皆さんには必須でしょう。

しっかり回転をかけることが出来るし、安定感も増してバウンド後の力も維持出来る。

社会人プレイヤー、年配のプレイヤーの方も、セミウエスタンのグリップでは打てるようにしておくことをオススメします。

「若者向けの打ち方」と思うかも知れませんが、意外と打点前で厚いグリップ、は肘への負担も少ないです。

 

重いストローク、を打てているかどうかの判断。

それはなかなか、アナタ自身では難しいですよね。

練習相手とラリーをしているときも、相手の感じをよくチェックしましょう。

差し込まれているのか、踏み込まれているのか、を自分の目で見て感じること。

後者であれば、何かを変えていかないと試合では勝てない

ぜひ仲間で感想も共有しながら、取り組んでみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスストロークは、「しっかり振り切る」から試合で使える武器になる!

    ストロークにおけるアナタの武器、何ですか?私は昔から、フォアハ…

  2. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの危機感が大事です

    ジャックナイフというテニスの技術、かつては「テニスの王子様」の漫画の中…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスという競技で、「自分にはフォアハンドとバックバンド」、の違いがあることを再認識しよう

    テニスには、極論「フォアハンド」か「バックハンド」しかない。ス…

  4. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・

    ストロークのグリップはどうやって決まるのか。特にフォアハンドス…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「両手でも片手でも」共通するバックハンドストロークの基本的なコツ5つ

    バックハンドストロークにボールを集められる機会、試合でも多いですよね。…

  6. ストローク

    フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理由について

    回り込み=少し下がって後ろから回りながら入っていく、というイメージを持…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス メンタル

    メンタル

    普通に「勝ちたい」って思っているくらいじゃ、テニスの試合は勝てない
  2. テニス シングルス

    サーブ

    テニスの試合のサーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想だと思…
  3. テニス テニスボール

    メンタル

    真面目な人ほどかかりやすい、「テニス鬱」について、アナタにも知っておいて欲しい
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ラケットヘッドを立てれば「高い打点のストロークも回転をかけやすい」から女性にもお…
  5. ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合ではボールとの距離感が重要!
PAGE TOP