テニス メンタル

ダブルス

「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必要な意識4つ

ダブルスの試合をしていて、サーブもボレーも強力で手強い。

並行陣で前に詰められると、もう手立てが無い・・・ようなプレッシャーを感じる試合、皆さんは経験ありますか?

きっと、こういった試合を経験することはアナタのテニスを強くしてくれる。

だって、何かを変えていかないと、チャレンジしていかないと勝てない相手、ですからね。

厳しい試合ですが、何か突破口を開くヒントになってもらえれば嬉しいです。

 

「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必要な意識4つ

 

1.リターンロブは必須!

まず、リターン側のアナタの必要なのは上、ロブを使う意識です。

「いやいや、絶対スマッシュ打たれるから!」と思った方も、多いでしょう。

ですが、ロブを使わないと相手の前への出足は止まらない。

例え、スマッシュを打たれても良いんです。

相手に「ロブもあるんだな・・・」と思わせることで、通常のファーストボレーの出る足が少しだけ、鈍くなるはずです。

 

2.ストレートリターンを早めに混ぜる

ダブルスでのリターン戦略の基本、として何度も書いてきました。

序盤にストレートリターンを混ぜる、それもシングルスコートに入れるように、触らせることで充分。

それで相手前衛に、「いつでもこれくらいのストレートは、打てるよ!」というアピールをして、ポーチへの参戦を防いでおく。

強いダブルスって、とにかく前衛が厄介なんですよ。

相手サーブも強力なので、厳しいストレートアタックはいらない。

あくまで、触らせる、意識させることが大事です。

 

3.サーブを恐れない姿勢を見せる

サーブが得意な相手って、とにかく調子に乗せてはいけない。

彼らが調子付くのって、「自分のサーブを相手が恐れている、と分かったとき」なんですね。

そうならない為に、しっかりリターン側のアナタも踏み込んでいく。

並行陣を敷いてくる相手に対しても、しっかり向かっていく。

リターンを沈められればベストですが、多少浮いてもリターン側から踏み込んでいったときに、相手は脅威に感じるはずです。

絶対に気持ちも、態度も引いてはいけません。

 

4.ダブルスペアで時間を取って進める

強いペアは、サクサクサービスゲームを進めていきたいペアが多い。

こちらは、しっかりリターンのコースを打ち合わせて、時間を使っていきましょう。

速く進めてしまうと・・・「諦めている」ような雰囲気にもなってしまう。

相手のサービスゲームは、意図的にゆっくり進めてみる。

リターン側でやるべきこと、相手の特徴を確認しながら、進めてみて下さい。

きっと突破口が見えてくるはずです。

 

相手が強いと感じるなら、何か工夫をしていきましょう。

覚悟を決めて、サービスと並行陣、どう崩していくのか。

きっと、小さい突破口からヒントになる部分が見えてくるはず。

終わってみれば、「何だ、最初は調子良いだけだったのか・・・・」と思えるように。

その調子を乱すのは、アナタ側のペアの準備と覚悟です。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識するべきこととは?

    部活やサークルで、「この人、自分より全然上手いなー」と感じている人と、…

  2. ダブルス

    何度でも書きますが、「ストレートを抜かれる前衛」こそ、ダブルスの試合で使える前衛です

    ダブルスの試合、「良い前衛」ってどんな前衛か?と聞かれると、私は間…

  3. ダブルス

    「だからダブルスが嫌いなんだよ!」テニスの試合では自分がやられて嫌なことを相手にやってみよう

    ダブルスって楽しい・・・そう思えるようになったのはいつからだろう?…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「人のいない所に打つ」のは、相当難しいという事実

    ダブルスの試合、コートにいる人数は多い?少ない?当然シングルス…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    上級者ダブルスでは覚えておきたい「サーブ&ボレーの並行陣、からの逆陣形」への対応方法とは?

    特に男子ダブルスの上のレベルでよく観る、並行陣の逆陣形。これは…

  6. テニス ダブルス

特集記事

  1. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です
  2. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合で、「ボールをよく見て、コースをしっかり打ち分ける」が出来るようにな…
  3. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう…
  4. 練習メニュー

    「部活の練習の雰囲気を変える!」勝てるチームが実践している、競争原理に基づく工夫…
  5. テニス 守備

    ストローク

    ボレーヤーに対してストロークが浮いてしまうのは、「アナタのストロークの回転量」が…
PAGE TOP