テニス ボレー

ボレー

「楽ちんボレーは、構えで決まる」プロテニス選手の肘の形を注意して見ると・・・?

俺の中でボレーというのは特別である。

テニスを始めた高校生の頃、ボレーは「一生苦手なままだろう」と思っていたほど、大嫌いなショットだった。

それが今やシングルスもダブルスもボレー頼み。

まさかこうなるとはねぇ。

 

「楽ちんボレーは、構えで決まる」プロテニス選手の肘の形を注意して見ると・・・?

 

好きになれた理由は実戦で経験を積みまくったから。

これに尽きる・・・が、やはりただボレーしまくるだけではモノには出来なかっただろう。

大事なことはいかに相手の威力を利用して、楽チンな気持ちで返球出来るか・・・

という意識を持つことだと思う。

相手の威力を利用する・・・ま、誰もがそう考えてプレーをしようとしてると思うんだけど、これが意外と難しい。

かつての俺もそうだけど、出来ていない人の多くは相手の威力をブロック出来ていないのだ。

 

その理由の一つに肘の形にある

相手の威力をブロックするんだから、基本的にはある程度肘は伸びた状態で、肩を支点にした動きが出来ないといけない。

肘が曲がっていると、打点が食い込まれやすいし、面の向きも変わりやすいし、何よりも相手の威力をブロックするどころか、吸収してしまって「ボソッ」って感じの当たりになってしまう。

でもボレーってとっさのプレーだから、打つ瞬間に気を付けると言うより構えている段階でグリップを身体から遠ざけるような感じで、しっかりと肘を伸ばし気味にしておきたい。

この時点で肘が曲がって身体にくっついてしまっているようだと、そのまま肘を支点にしたボレーになりやすい。

その他にも、身体の横向き具合が足りなかったり、迎えるボールの位置が正面気味だったりするのも肘が曲がってしまう原因だよ。

 

皆、上手い人のボレーを真似したりするでしょ?

打ち方、踏み込み方も重要だけど、その前に上手い選手はどういう肘の伸ばし具合で相手が打つのを待っているのか見てみよう。

構えの段階で間違っていると、当然相手の威力をブロック出来ず・・・。

「ふんっ!」と力んだスウィングボレーになりやすいよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ダブルスで「アングルボレーが打てる」ようになると、セオリーとは違う戦術でポイントが獲れる!

    「まずい、打たれる!」と思って態勢を低くし、捕球できる準備をしても「自…

  2. テニス 戦術

    ボレー

    テニスの試合における攻撃の基本は、「相手を動かして、戻る時間を与えない」から有効なんです

    テニスの試合に出ている人の中で多い質問が、「シコラーに勝てないんです!…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ちで

    ドライブボレーは、一昔前まで一部の選手だけが使う武器でした。そ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

  6. ボレー

    サーブ&ボレーのときの「ファーストボレーが安定しない」ときに改善したい4つのポイント

    サーブ&ボレーで難しいのは、まずファーストボレー。現代テニスで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス コントロール

    その他

    一人のテニス選手として、「自分に対する批判」に、しっかり目を向けていこう
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスをしっかりコントロールするには、「打点を身体の横、少し後ろ…
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!…
  4. ダブルス

    「技術だけじゃダメってことか」とダブルスで感じれば、テニスの試合はまだまだ勝てる…
  5. 戦術

    自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく
PAGE TOP