ストローク

テニス選手なら自分で考えておきたい、「ストロークを飛ばすパワーの種類とその割合」について

ストロークショットは出来るだけ労力をかけないで、打てるようにしたいもんだ。

だって力が必要な打ち方だと、まず疲れるでしょ?

それに走らされた時に楽ちんじゃないと使いにくいし、とっさにコースを変える時なんかも、労力が低い打ち方の方が便利だからね。

でも労力を低くした分だけ、ボールを飛ばす力をどこかから補わないといけない。

 

テニス選手なら自分で考えておきたい、「ストロークを飛ばすパワーの種類とその割合」について

 


 

自分の力以外に、何のパワーがボールを飛ばすために使えるだろうか。

まず一番利用しやすいのは相手のショットの力かな。

速ければ速いほど、こちらもその威力の恩恵を受けることが出来るって考えられるようになれば、速いショットを打ってくる相手と対戦した時も気分的に楽だし、自分自身も無駄に打たなくなるかもね。

ゆっくりのショットを打つ相手と対戦した時に、なんか返しにくいって思う人が多いのは、ボールがゆっくり過ぎて、相手の威力を利用しにくいから。

 

でもそういうのんびりショットでも、バウンドしたばかりのいわゆるライジングで打てば、相手の威力を利用しやすいよ。

それから自分自身が前に迎えに行く勢いも使いたいね。

ほんの1ミリでも良いから、来るボールを待つんじゃなくて、迎えに行きながら打つという姿勢を持って待っていると、随分と楽にボールを飛ばすことが出来るし、足を前へ踏み出してうちやすくなるのだ。

相手の威力を利用しようとする打ち方も、迎えに行く打ち方の技術がある程度必要だよね。

 

それから意外と感じてない人が多いのが、ボールとラケットの反発力。

そもそもラケットは飛ぶように設計されているし、ボールなんか簡単に弾んでくれって知ってるでしょ?

だったらその特性を十分に利用しないといけない。

飛ぶラケットに飛んでくるボールを当てると・・・飛ぶのは当たり前なんだから、そんなに後ろへ大きく反動付けて、ボールを引っぱたこうとしなくても大丈夫なんだよ。

当然詳しくは、ストロークを飛ばすための力の割合をパーセンテージで表せないけど、俺のストロークの場合、だいたい力の割合はこんな感じかな。

 

一応踏み込んだ場合のストロークを考えてみた。

相手の力(ライジングを含む)を利用・・・・・・・・50%

踏み込む勢いを利用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25%

ラケット(ガットも含む)の反発力・・・・・・・・・・・15%

ボール自身の弾む力・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8%

腕力や足などの自分の力・・・・・・・・・・・・・・・・2%

とにかく自分の力は殆ど使っている気がしない。

それでいてしっかりボールを飛ばせた時には快感だね。

しかしこういう割合比率を分かっているくせして、負けている時とか、相手が厄介なタイプの時には、自分の腕力80%くらいのストロークをしてしまう。

相手の力を利用?いやいや、そんなことより「相手の力に負けてたまるか!!!」って気持ちになってしまう。

ボールもラケットも飛ぶ道具って忘れちゃうんだよね。

 



 

まずは自分の力をどんどん抜いていき、小さな労力でいかに効率良くボールを飛ばせるかを、色々と試しながら頑張っていって欲しい。

簡単に一生懸命になっちゃダメだからね!

労力かけてない割には素晴らしいストロークが打てるように、頑張ってもらいたいもんだ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない

    「また、今日も調子が悪かった・・・」と、嘆いてばかりの人。良い…

  2. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つのポイント

    最近のプロテニス界で、改めて注目されているショットの一つに「トップスピ…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?

    ネットに出て来た相手には、足下を狙う。テニスにおける鉄則ですよ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に

    シングルスの試合、私はもしかしたらこんなタイプの選手だったかも知れない…

  5. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートラリーからライジングショット、が現代テニスの基本

    練習前のウォーミングアップ、ショートラリー。近い距離でストロークを…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「軸足使い分け上手」になれば、テニスの試合で積極的にライジングショットで攻撃できる!

    どのショットも軸足って大事。足は二本あるけど、どっちの足が軸と…

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    コート上では一人、そんな経験テニスじゃなきゃ出来ない
  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付…
  3. テニス シングルス

    ボレー

    広い守備範囲が求められるシングルスのネットプレーでは、「優先順位を付けて予測」が…
  4. テニス 部活

    その他

    「雨の日に、どうしてもテニスがしたい・・・」方に贈る、止んだらすぐできる水はけに…
  5. 戦術

    「試合前から、相手をリードする!」観察すべきポイント5つ
PAGE TOP