テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合で使いたい、「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこう

シングルスの試合で、求められるストローク。

それは、外に逃げていく軌道のストローク、がポイントになってくる。

深いストロークも大事ですが、下がって対応されるとなかなか厳しいですよね。

今回は、いかに相手を外に追い出せるか、をテーマに考えてみましょう。

 

シングルスの試合で使いたい、「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこう

 

■相手のポジションが後ろなのに、深く打っても無意味

シングルスでは、シコラーが強い。

その原因は、アナタ自身にもあるのです。

相手が深い位置で守っているのに、深いストロークをどんどん打ってもそれは相手にとって思うツボ。

打ちやすい場所、守りやすい場所に打っているだけ、かも知れません。

ここで必要なのは、横に鋭く切れていくような角度が付いたストローク。

それも、バウンド後に効果的に変化してくれると、試合で使えるショットになります。

 

■ボールの横を打つスピン回転、を覚えよう!

ボールの横を捕らえるようなストローク、打てますか?

コツはまず、打点をしっかり前にすること。

ボールの横にラケットを入れる必要があるので、しっかり準備を早くしてラケットの先を前に出していく、ボールはサービスエリアにバウンドさせるくらいのでちょうど良い。

もう一つ、なるべく自分が打つポジションは前、が望ましい。

ベースライン内側、で打てるとネットとの距離も近いし、ミスが減る。

相手が戻る時間も与えない、しかもキレがあるスピン系のストロークが打てるはずです。

 

■狙いはセンターストラップから1メートル横、で充分

思い切ってサイドライン、を狙いたいところですが、実際にはこのくらいで充分。

あまり狙い過ぎると、身体が正面を向くのが早くなってコントロールが付き辛い。

あくまで狙いは、センターストラップから1メートル横、くらい。

そこを通過させて、サービスエリアにバウンドさせるくらいの意識、で充分でしょう。

アナタ自身が立っている場所からクロス方向に、と考えれば、自然とネットの上の「どこを通すか」が見えてくる。

見えてくれば、もうショットは出来たようなもの。

しっかり練習前に、自分の軌道のイメージから入りましょう。

 

スピン系のショットにも、色々ある。

深い威力があるストローク、だけでは試合に勝つのは難しいでしょう。

「ボールの横を、早い準備で打点前で触ってみる」ことで、新しい回転が身に付くはずです。

ボールの後ろ、ではなく横を打ってみるとストロークは変わります!

ぜひ、試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. シングルス

    「シングルス、難しいっ!!」テニスの試合で苦手意識が浮き彫りになる理由とは?

    シングルスとダブルスとどっちが難しい?人それぞれだと思うんだけ…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効なのは、実は「フォアハンド側への連続攻撃」です

    シングルスの試合を、どう戦えば良いのか見えてこない・・・という方に。…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?

    対戦相手には、色々なタイプがある。とにかくバンバン打ってきて、…

  4. テニス ストローク
  5. シングルス

    シングルスの試合、「サーブ&ボレーを決めたい!」人に贈る、4つの重要ポイント

    シングルスの試合では、自分一人の戦い。何か変化を付けたいときは、自…

特集記事

  1. テニス ウェイト
  2. テニス パラソル
  3. テニス スコアシート
  4. テニス ソックス
  5. テニス バッグ
  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合を、「人が多いと考えるのか?少ないと考えるのか?」について
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛の腕の見せどころは、「後衛の頑張りをしっかりポイントに結びつける」…
  3. ストローク

    「準備が遅いって何度言わせるの!?」テニスのストロークでラケットダウンのタイミン…
  4. その他

    「自分の事より、相手の事」テニスの試合では対戦相手ありきで考えましょう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為に…
PAGE TOP