テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合で使いたい、「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこう

シングルスの試合で、求められるストローク。

それは、外に逃げていく軌道のストローク、がポイントになってくる。

深いストロークも大事ですが、下がって対応されるとなかなか厳しいですよね。

今回は、いかに相手を外に追い出せるか、をテーマに考えてみましょう。

 

シングルスの試合で使いたい、「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこう

 

■相手のポジションが後ろなのに、深く打っても無意味

シングルスでは、シコラーが強い。

その原因は、アナタ自身にもあるのです。

相手が深い位置で守っているのに、深いストロークをどんどん打ってもそれは相手にとって思うツボ。

打ちやすい場所、守りやすい場所に打っているだけ、かも知れません。

ここで必要なのは、横に鋭く切れていくような角度が付いたストローク。

それも、バウンド後に効果的に変化してくれると、試合で使えるショットになります。

 

■ボールの横を打つスピン回転、を覚えよう!

ボールの横を捕らえるようなストローク、打てますか?

コツはまず、打点をしっかり前にすること。

ボールの横にラケットを入れる必要があるので、しっかり準備を早くしてラケットの先を前に出していく、ボールはサービスエリアにバウンドさせるくらいのでちょうど良い。

もう一つ、なるべく自分が打つポジションは前、が望ましい。

ベースライン内側、で打てるとネットとの距離も近いし、ミスが減る。

相手が戻る時間も与えない、しかもキレがあるスピン系のストロークが打てるはずです。

 

■狙いはセンターストラップから1メートル横、で充分

思い切ってサイドライン、を狙いたいところですが、実際にはこのくらいで充分。

あまり狙い過ぎると、身体が正面を向くのが早くなってコントロールが付き辛い。

あくまで狙いは、センターストラップから1メートル横、くらい。

そこを通過させて、サービスエリアにバウンドさせるくらいの意識、で充分でしょう。

アナタ自身が立っている場所からクロス方向に、と考えれば、自然とネットの上の「どこを通すか」が見えてくる。

見えてくれば、もうショットは出来たようなもの。

しっかり練習前に、自分の軌道のイメージから入りましょう。

 

スピン系のショットにも、色々ある。

深い威力があるストローク、だけでは試合に勝つのは難しいでしょう。

「ボールの横を、早い準備で打点前で触ってみる」ことで、新しい回転が身に付くはずです。

ボールの後ろ、ではなく横を打ってみるとストロークは変わります!

ぜひ、試してみて下さいね。

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

    テニスを始めて間もない、またはソフトテニスから移行してすぐの初中級プレ…

  2. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

    シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・…

  3. シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

    シングルスの試合に出て勝ち進みたい、と考えている方は多いはず。それ…

  4. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう…

    シングルスの練習をしたいけど、どんなメニューが良いかいつも悩んでしまう…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュで入りましょう!

    シングルスの試合、序盤の作戦を色々考える・・・よりも、こんなのどうでし…

  6. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと

    今年こそ、結果を出したい・・・。そう、個人戦で!と考えている人…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. その他

    テニスにおいて弱点は克服しようと思わず、「個性を武器にしていく」意識で強くなろう…
  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴
  3. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるテクニックにするために、「ドロップボレーはアングルボレーに」すると、…
  4. シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも
  5. ストローク

    「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです
PAGE TOP