テニス サーブ

メンタル

世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について

全豪オープンもここからが佳境!

今日、今まさに錦織選手の試合も始まりましたが、その前に、この試合について触れないといけないでしょう。

なぜ、マレー選手はズベレフ選手に負けてしまったのか。

いや、マレー選手が負けた、というよりしっかりした準備をしたズベレフ選手が勝った、と言える試合だったと思います。

 

世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について

 


 

■ネットプレーは「不利」な時代?という先入観を打ち払ったズベレフ選手

試合の中で、ネットに出て決めたポイントが130ポイント以上。

これは、驚異的な数値です。

いかに、ズベレフ選手がネットプレーを多く実践し、それがポイント獲得につながっていたか分かるデータですね。

私も一部始終しか観ていませんでしたが、マレー選手は非常に嫌がっていたように思います。

思えば、パッシングショットやトップスピンロブ、ネットプレー相手のプレーも得意なマレー選手がなぜ・・・?と、思いますよね。

ですが、ここがテニスの怖いところ。

ランキングが下の選手が、自分なりに決断して大きく勝負をかけてくるとき、勝負は実力通りとはいかなくなる。

この怖さを、マレー選手とズベレフ選手の試合は物語っているのです。

 

■「普通にやったら、絶対勝てない」なら、普通じゃないことを大胆にやるしかない

元々、ズベレフ選手はサーブが強力でネットプレーが上手い。

とはいえ、ここまで徹底的に繰り出してくる選手のような印象は、ありませんでした。

ですが今回、マレー選手との対戦では決めていたのでしょう。

「ストローク戦に未来は無い、もう俺は、前に出て何かが起きてくれるのを期待するしかないんだ」と。

私の推測でしかありませんが、ズベレフ選手なりに一番勝つ確率が高いと考えた戦術、が今回の徹底的なネットプレーだと思うんです。

もう、徹底的に、徹底的にやろうと準備する。

ただし、一本調子にならないように、要所では意識して下がってストロークでも粘る。

一本調子では無いから、マレー選手側にも少し迷いや苛立ちが生まれる、良いアクセントになっていたように思います。

 

■相手の土俵を避けることは、「逃げ」では無い

テニスの試合では、自分から「前」に出る事は出来る。

ともすれば、「打ち合いを避けているのでは・・・?」と思う方もいるでしょう。

それは、違う。

むしろもっと厳しい打ち合いを、格下のズベレフ選手は望んで挑んでいったのです。

そう、結果的に避けていたとしても、それはテニスでは有効なルールの範囲内。

普通の戦いを避けることは、逃げではない。

テニスの試合では、自分から前に出る、ことはいつだって出来る。

こう考えると、アナタ自身の武器として、シードを崩すオプションとして、持っておきたいと思いませんか?

 

テニスの試合、格下が向かっていくにはネットプレーが一番。

シード選手、強い相手は、ストローク戦でじっくりいきたいはず。

ここで普通に試合に入っても、ただ平凡なスコアで負けるだけ・・・ですよね。

未来を変えるのは、アナタです。

ズベレフ選手は、自分で決断して、未来を切り開いた。

さぁ、次はアナタの番です。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    闘志を見せない相手には、必ず奥底に隠している強さがある

    皆さんは、試合で戦い辛い相手って、いますか?私はこんな選手。…

  2. テニス 部活

    メンタル

    テニスが強くなる為に、孤独は通過点

    テニスを強くしたい、強い選手になりたい。そう考えているなら、き…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で、「身内同士の対戦になった…」ときに意識したい5つのこと

    テニス部で、「困ることあるある」の中でもたくさん頂くのが、この問題。…

  4. テニス 気付き

    メンタル

    思い通りにいかない中で、「頑張り切ること」はなかなか出来ない

    試合の中で、「これは思い通りいったな・・・」という経験、みなさんどの程…

  5. メンタル

    ハッキリとした負け、でしか見えてこないものがある

    みなさんにとって、必要なもの。厳しく苦しいですが、意外とテニス…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議

    テニスというスポーツ、皆さんはしっかり「戦う姿勢」でコートに立ててます…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ
  2. その他

    西岡選手を応援したくなる、その理由
  3. テニス ポジショニング

    日々の雑記

    久々に試合に出ると感じてしまう、「配球で何とかする」が通じるレベルは限られる
  4. テニス 評価

    戦術

    テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつあります…
  5. ボレー

    少し前に出るだけで、前衛は効果大
PAGE TOP