テニス ストローク

練習メニュー

「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー

シングルスの試合で、基本的な戦術のパターンを徹底的に磨いていく。

その為に、恐らく色々なテニスクラブやスクール、部活で実践している方も多い基本メニューです。

3球のラリーでしっかり仕留めていく、相手の逆を突いて最後仕留めるイメージで練習していきましょう。

 

「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー

 


 
■人数:4~12人

■レベル:初中級~上級

■目的:シングルスの試合、バックハンド側に相手の意識を向かせて、フォアハンド側でポイントを獲る

 

【練習内容】

シングルスの試合で、攻撃的にストロークを展開していくイメージ。

対戦している相手は、右利きの選手を想定しています。

球出し役が1人、後はボール拾いと後ろに並んでいる人はシャドウスウィング。

まず1球目をフォアハンド側に出してストレート方向へダウンザライン、2球目をバックハンド側に球出しして、これを回り込んで逆クロス方向へフォアハンド。

2球、相手のバックハンド側をえぐったら、次に浅いボールを出してそれを相手のフォアハンド側、向かって左側に打ってポイントを獲る。

ここまでの3球、しっかり相手を追い込むイメージで球出しされたボールを打っていく。

回転量の多いボールでミス無く、相手コートの深く狙って打っていきましょう。

 

【発展練習】

球出し側の選手が、ランダムに球出し。

2球、どちらに来ても必ずフォアハンドを使って打つ、そして3球目はしっかり打ち込んでフィニッシュする。

慣れてくれば、3球目も少しだけ深め、に出してそれを「ドライブボレー」でフィニッシュする練習もやっていきましょう。

女子のシングルスの試合でも、ドライブボレーで仕留めていく練習は必須です。

またそれにも慣れてきたら、球出しした後に実際にラリーでやってみる。

相手選手役、の選手はバックハンドを2球攻められてもしっかり凌ぐこと。

3球目に浅目のボールを打つと決めても良いし、「厳しく追い込まれるまでバックハンドを粘る」と決めても良い。

主役の攻撃側の選手は、徹底的に浅いボールを引き出せるまでバックハンド側を攻撃していくイメージでいきましょう。

 

【ポイント】

こういった練習、球出しをする選手も本当に良い練習になります。

ダラダラやっては絶対ダメ。

しっかりコントロールして、自分が試合で相手を動かしているような感覚を養いましょう。

また、球拾い役もテキパキと交代しながら行うこと。

常に誰かが、テンポ良く球出しして打ち続けているようにして、練習効率を上げていきましょう。

 

球出し練習、まだまだ工夫次第で試合に使える。

大事なのは、反復練習して試合で使うこと。

そしてミスを少なく、確実に打って入るストロークのスピードを、自分自身で見つけること、です。

人数が少ないチームも多いチームも、効率よく回して練習していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

  2. 練習メニュー

    「こんな練習で試合中の集中力UP!」テニスの試合で本当に必要なショットを磨こう!

    集中力が無いやつは勝てない。だから試合中はプレーに集中出来るよ…

  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    「速い攻撃」を習慣付ける試合形式の練習メニューとは?

    今年も始まりましたね、ウィンブルドン。この大会の特徴は、何と言…

  4. テニス トレーニング
  5. テニス

    練習メニュー

    半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質

    「どんな練習をすれば良いのか、分からない」「ただ、何となく半画…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ストローク

    「最初のショットをフォアハンド」で始められるような、工夫をしないと
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ
  3. テニス 構え

    ストローク

    「コンパクトに振っているつもり・・・なんだよね」テニスのストロークで意識したいフ…
  4. サーブ

    テニスにおいて「ボールを曲げる」ことについて、基本的な構造を確認しておくと強くな…
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める
PAGE TOP