メンタル

まだまだアナタ自身、試合では「出し惜しみをしている自分」に気付けていない

全力を出し切って試合を終える。

簡単なようで、なんと難しいことでしょう。

これを、難しいと感じている人は、まだまだ強くなれる土壌がある。

毎回、「出し切っている・・・はず」とどこかで勘違いしている人、実はテニス選手では多いように思います。

 

まだまだアナタ自身、試合では「出し惜しみをしている自分」に気付けていない

 


 

1.普通に戦えば、何も出来ないで終わるのがテニスの試合

アナタよりも格上の相手、強い相手にこそ、全力は必要。

出し切ることで、やっと勝てる可能性が少し出て来る相手に対して、どう準備してて戦うのか。

普通に試合に入っていけば、間違いなく普通に負けて終わる。

アナタはこの結果を、変えないといけない。

自分の実力を、「出し惜しみ」していることに、早く気付かないといけないのです。

 

2.自分の実力を出し切る、というのはどういうことか?

自分の力を出し切ることについて、深く考えたことはありますか?

恥ずかしながら、私も学生時代は無かった、というよりもいつも「出し切っている」と勝手に思い込んでいた。

でも、出し切れていなかった。

なぜなら、まだまだ「自分がやりたいテニス」を最後までやっているだけだったから。

強い相手に対して、自分の得意なプレーで勝てる可能性は低い。

そう考えて準備すれば、相手を徹底的に観察して弱点を突く、ようなプレーに切り替えていかないといけない。

そこが修正されたら、また変えていく。

強い相手に試合に勝つ、というのはこういうことの繰り返し。

それが実力を出し切る、ということだと思うんです。

 

3.「疲労困憊」になって、出し切った感を出す選手は二流

試合の後半、スタミナが切れて疲労困憊、痙攣の一歩手前。

もう、出し切ったな・・・と、自分で勝手に満足して負けていく。

それって、どこか勘違いしていませんか?

スタミナ切れ、になってしまうのも準備不足だし、疲労困憊になって満足しているのも痛い。

最初から最後まで、勝てる可能性を探っていかないといけないのがテニス。

厳しいようですが疲れるだけ、なら誰だって走り回っていれば出来るのですから。

 

実力を出し切る、ということは「変化のオプションを持つ」ということ。

ダメ、と思ったらどんどん変えていく。

テニスの試合、これが出来ないと格上相手に勝つことは出来ない。

出来ないから、そのまま実力を出し切った感を出して、負けていくことを受け入れる。

私自身、昔の自戒を込めて、今後の為に。

勝てる試合を増やせる為に、実力を出し切る試合を増やすこと。

簡単では無いですが、挑んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ミス
  2. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います

    テニスについて、あれこれ知識を持っている人は多い。直近の世界ラ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく

    身の程知らず、という言葉がありますよね。自分の実力もよく分かっ…

  4. テニス 戦術

    メンタル

    「俺たちに、簡単に勝てると思うなよ」という気持ち、はすごく大事

    言葉には、力がある。みなさんも、普段からテニスの試合に挑むとき…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続ける

    実力差・・・テニスの試合では、個人戦だからこそ、差を意識しがち。…

  6. メンタル

    技術の前に、攻撃のメンタルが足りない

    テニスにおいて、技術は大事。でも、その技術を身に付けるベース…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    0-6で負けた試合を、「相手が悪かった」で終わらせるから、アナタのテニスは何も進…
  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前に自分の世界に入り過ぎる、人はきっと試合で勝てていない
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    自分のボレーがいつも浅くなる人は、「ボールの下側を触って」前に押し出していく基本…
  4. サーブ

    サービスゲームの40-30でポーチに出ておく、ことがその先にもつながっていく
  5. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「フラット気味になっているリターン」は安定しないので回転量を加え…
PAGE TOP