テニス フットワーク

フットワーク

ボールより速く走れる選手はいないのだから、ボールとかけっこをしてもテニスは上手くいかない

どんなに足が速い選手でも、ボールより速くは動けない。

サッカーやラグビー、他の競技がそうであるように、ボールを追いかけ回すという意識を卒業しないと、テニスも上手くいかない。

頭を使いましょう。

テニスは相手が打つ前から、勝負は始まっているのです。

 

ボールより速く走れる選手はいないのだから、ボールとかけっこをしてもテニスは上手くいかない

 

■「準備」とはいつ始まるのか?

相手が打つ前に、何が出来るのか?

予測、速い動き出し、さらにはフェイントで相手を揺さぶる、ことも出来ますよね。

これらは、自分が打った直後、ラケットからボールが離れた瞬間から、実行可能なこと。

打ったボールを、悠長に眺めている人には、想像出来ないでしょう。

そんな人は、一生ボールと追いかけっこ、をして負けていく運命にあるのです。

 

■速く動き出せば、大抵のボールは触れるのがテニス

テニスコートの広さ、は絶妙な長さに設定されています。

大抵のボールは、相手が打って、その直後に良い反応が出来れば触れる。

プロ選手と対戦している訳では無いので、自分が触れないようなスピード、距離のショットはアウトでしょう。

スポーツのルール、コートはよく出来ています。

しっかりラリーがつながるように、なっている。

そう考えると、欲しいのは的確な予測と反応、効率的なフットワーク、この3つです。

 

■すぐにでも出来るのは、「身体を反応」させること

まだまだ、アナタの反応速度は上げられる。

「フォアハンドだ!」と思ってから身体を反応させて動き出す、ことは、もっともっと速く出来る。

まだまだ、皆さん相手が打って、余裕を持って動いていることに気付いて欲しい。

相手のラケット面を凝視、するんです。

注意深く観ていれば、発射角度でどちらに来るのか、まず知覚のスピードが上がります。

その後、身体をターンさせるスピードを上げる。

絶対に、反応速度は意識次第で上げることが出来ます。

 

もっともっと、自分の「反応速度」に神経質になりましょう。

今のは反応が遅かったな・・・と、練習で感じる機会、ありますか?

無い・・・人は、超人的な人か鈍感な人。

ほとんどは、後者です。

鈍感な人は、いつまでもボールと追いかけっこ、をしていくことになりますよ。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス フットワーク
  2. フットワーク

    テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる

    フットワークが鋭い、そう、速いのではなく鋭い選手がいる。それはまさ…

  3. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう

    フットワークは最初の反応が勝負。途中いくら速く走れても、最初の…

  4. テニス 走力

    フットワーク

    足が速い人は、「ラリーの中でボールに追いつき過ぎてしまう」のでテニスでは注意が必要

    フットワークが良い人は、「足が速い人?」。もちろん、それも大事…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    「コート上だと、足が遅い!?」、テニス選手に必要なボールを追いかける走り方について

    普段は、足遅くないのに・・・どうも、コートに立つと、遅い気がする・・・…

  6. テニス 戦術

    フットワーク

    テニスの試合で、意外と「遅いボールの返球が難しい」理由5つ

    テニスの試合で、難しいこと・・・と言えば、まずコレでしょう!練…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス 動画

    練習メニュー

    「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空…
  2. テニス 前衛

    ストローク

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる
  3. テニス 雪

    その他

    テニスにおいて、「自分はこういうプレースタイル」と決めつけてしまうのは、本当に怖…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーに必要なのは、センス?」では無く、むしろその逆です
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・…
PAGE TOP