テニス フットワーク

フットワーク

ボールより速く走れる選手はいないのだから、ボールとかけっこをしてもテニスは上手くいかない

どんなに足が速い選手でも、ボールより速くは動けない。

サッカーやラグビー、他の競技がそうであるように、ボールを追いかけ回すという意識を卒業しないと、テニスも上手くいかない。

頭を使いましょう。

テニスは相手が打つ前から、勝負は始まっているのです。

 

ボールより速く走れる選手はいないのだから、ボールとかけっこをしてもテニスは上手くいかない

 

■「準備」とはいつ始まるのか?

相手が打つ前に、何が出来るのか?

予測、速い動き出し、さらにはフェイントで相手を揺さぶる、ことも出来ますよね。

これらは、自分が打った直後、ラケットからボールが離れた瞬間から、実行可能なこと。

打ったボールを、悠長に眺めている人には、想像出来ないでしょう。

そんな人は、一生ボールと追いかけっこ、をして負けていく運命にあるのです。

 

■速く動き出せば、大抵のボールは触れるのがテニス

テニスコートの広さ、は絶妙な長さに設定されています。

大抵のボールは、相手が打って、その直後に良い反応が出来れば触れる。

プロ選手と対戦している訳では無いので、自分が触れないようなスピード、距離のショットはアウトでしょう。

スポーツのルール、コートはよく出来ています。

しっかりラリーがつながるように、なっている。

そう考えると、欲しいのは的確な予測と反応、効率的なフットワーク、この3つです。

 

■すぐにでも出来るのは、「身体を反応」させること

まだまだ、アナタの反応速度は上げられる。

「フォアハンドだ!」と思ってから身体を反応させて動き出す、ことは、もっともっと速く出来る。

まだまだ、皆さん相手が打って、余裕を持って動いていることに気付いて欲しい。

相手のラケット面を凝視、するんです。

注意深く観ていれば、発射角度でどちらに来るのか、まず知覚のスピードが上がります。

その後、身体をターンさせるスピードを上げる。

絶対に、反応速度は意識次第で上げることが出来ます。

 

もっともっと、自分の「反応速度」に神経質になりましょう。

今のは反応が遅かったな・・・と、練習で感じる機会、ありますか?

無い・・・人は、超人的な人か鈍感な人。

ほとんどは、後者です。

鈍感な人は、いつまでもボールと追いかけっこ、をしていくことになりますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス メンタル

    フットワーク

    サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」

    ハードコートの試合で、レベルが高い試合になると・・・。この音が…

  2. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が必要です

    テニスは常に一生懸命、全力を尽くすスポーツ。もちろんそれは大前…

  3. テニス サーブ

    フットワーク

    どんなに上手い選手でも、テニスは自分のポジショニングによって打てる場所は限られる

    テニスが上手い人、対戦相手って「いつもでもどこでも、好きな場所に打てる…

  4. テニス 陸上

    フットワーク

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません

    テニスコートって広いのかなぁ。シングルスで一人の時は広く感じる…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    相手の打球に先回り、出来るようになれればテニスは各段に上のレベルにいける

    相手の打つコースに先回り、カウンターショット・・・。皆さん、こ…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう

    浅いボールを処理して、さぁ次!と思ったら・・・簡単に抜かれてし…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. その他

    最近テニス部の練習で、「競争の度が行き過ぎて、部内の雰囲気が悪い‥ときの解決策と…
  2. ダブルス

    雁行陣の弱点を突いた攻撃の、基本的な考え方について
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ
  4. 戦術

    ケガこそ神様が与えてくれた、「自分が変われる機会」です
  5. テニス リターン

    ボレー

    ドライブボレーは、「アウトミス」するくらいでちょうど良い
PAGE TOP