テニス フットワーク

フットワーク

そもそも、ボールより速く走れる選手はいない

どんなに足が速い選手でも、ボールより速くは動けない。

サッカーやラグビー、他の競技がそうであるように、ボールを追いかけ回すという意識を卒業しないと、テニスも上手くいかない。

頭を使いましょう。

テニスは相手が打つ前から、勝負は始まっているのです。

 

そもそも、ボールより速く走れる選手はいない

 


 

■「準備」とはいつ始まるのか?

相手が打つ前に、何が出来るのか?

予測、速い動き出し、さらにはフェイントで相手を揺さぶる、ことも出来ますよね。

これらは、自分が打った直後、ラケットからボールが離れた瞬間から、実行可能なこと。

打ったボールを、悠長に眺めている人には、想像出来ないでしょう。

そんな人は、一生ボールと追いかけっこ、をして負けていく運命にあるのです。

 

■速く動き出せば、大抵のボールは触れるのがテニス

テニスコートの広さ、は絶妙な長さに設定されています。

大抵のボールは、相手が打って、その直後に良い反応が出来れば触れる。

プロ選手と対戦している訳では無いので、自分が触れないようなスピード、距離のショットはアウトでしょう。

スポーツのルール、コートはよく出来ています。

しっかりラリーがつながるように、なっている。

そう考えると、欲しいのは的確な予測と反応、効率的なフットワーク、この3つです。

 

■すぐにでも出来るのは、「身体を反応」させること

まだまだ、アナタの反応速度は上げられる。

「フォアハンドだ!」と思ってから身体を反応させて動き出す、ことは、もっともっと速く出来る。

まだまだ、皆さん相手が打って、余裕を持って動いていることに気付いて欲しい。

相手のラケット面を凝視、するんです。

注意深く観ていれば、発射角度でどちらに来るのか、まず知覚のスピードが上がります。

その後、身体をターンさせるスピードを上げる。

絶対に、反応速度は意識次第で上げることが出来ます。

 

もっともっと、自分の「反応速度」に神経質になりましょう。

今のは反応が遅かったな・・・と、練習で感じる機会、ありますか?

無い・・・人は、超人的な人か鈍感な人。

ほとんどは、後者です。

鈍感な人は、いつまでもボールと追いかけっこ、をしていくことになりますよ。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. フットワーク

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付けよう

    人間って動物はすごい。器用に色んな動きが出来てしまうでしょ?…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!

    ストロークでの、フォアハンドの回り込み。試合で強い選手は、この…

  3. フットワーク

    テニスの守備範囲を、劇的に変える基本とは?

    テニスの試合で使える、守備力アップの秘策。いくつかありますが、…

  4. テニス サーブ

    フットワーク

    打った後素早く戻るには、頭の位置をキープするのが一番

    打った後に、どうやって早く戻るのか。この問題、について考えてい…

  5. テニス 不器用

    フットワーク

    接戦の試合は勝って良し、の後にどうすれば楽に勝てたかを考える癖を

    テニスの試合、接戦はなかなか振り返る機会が少ない。特に、競って…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る

    実際の試合で、後半に強い人は結果も出しやすい。しぶとい人、選手…

特集記事

  1. ボレー

    サーブ&ボレーのときの「ファーストボレーが安定しない」ときに改善したい4つのポイ…
  2. テニス 戦術

    ストローク

    テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つ…
  3. テニス リターン

    その他

    テニスの試合中に、「ラケットを強く握り過ぎて握力が無くなる人」は、下3本の指で支…
  4. テニス 攻撃

    スマッシュ

    テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します
  5. テニス 準備

    その他

    自分のテニスが好調なときは、しっかり気を付けたい5つのポイント
PAGE TOP