その他

後輩には「武勇伝よりも失敗談」を話す方良い

「どうも、後輩に信頼されていないようで・・・」

と悩んでいる部活の上級生の方から、たくさんの相談を頂きます。

私も、後輩から信頼されていたかと言えばかなり自信は無いのですが、意識していたことが一つだけ。

歳を取ってからよりそう感じるのですが、これって仕事にもつながること。

痛い先輩にならないように、ちょっと意識するだけできっと後輩のみんなの態度は変わります。

 

後輩には「武勇伝よりも失敗談」を話す方良い

 


 

1.学生時代は、誰だって自分を「大きく見せたい」と思う

私はこれ自体、自然なことだと思う。

下手に謙虚な学生より、背伸びしている方が良いしテニスの上達も早い。

だけど、後輩に対していつも背伸びしてばかりの先輩だと・・・これはちょっと痛い。

実績も無いし、練習もイマイチなのに、口ばっかりの先輩って話したいとも思いませんよね。

大きく見せたい、と思っている自分に気付いて立ち止まる。

もっと後輩に伝えていくべきこと、たくさんあるはずです。

 

2.同じ失敗を繰り返さないこと、はチーム全体の成長につながる

つい、部活やサークルって「俺はこんなに苦労してきた」話になってしまいませんか?

「俺たちの時代は・・・」みたいな話、たまには後輩も聞いてくれますが2回目、3回目となると良い迷惑。

それよりも、いかに「失敗談」を話すことが出来るかが大事。

恥ずかしいような話でも、後輩からすると「先輩の素の部分」に触れることが出来るし、自分たちに失敗を繰り返して欲しく無いんだな、という意図も感じることが出来る。

強いテニスチームは、後輩に失敗談を伝えていく雰囲気が自然にある。

これって個人競技のテニス、においてはすごく大事なことです。

 

3.「自分の失敗」を話せる関係になってこそ、信頼関係のスタート

部活やサークルでも、実は信頼関係ってうやむやになっている。

テニスを本気で取り組む、チームとして強くなっていくには、まず自分からオープンにしていかないと。

オープンにするときには、当然恥ずかしいことや失敗談も多い。

でもそれを聞くことで、「あぁ、コイツはこんなことを考えていたんだ・・・」と気付く。

こういう小さい気付きが、テニスをチームとして強くしていく。

先輩と後輩の関係を、より強固にしていくんだと思います。

 

何も、かっこつける必要は無いと思う。

かっこつけている方が、当たり前ですがかっこ悪い。

後輩に対して自分はどう接しているのか、どう接すれば信頼してもらえるのか・・・難しく考える必要は無いでしょう。

失敗したこと、苦しかったこと、経験したことを話してみる。

これだけで、テニス部の雰囲気はグッと良くなると私は思います。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス 構え
  2. テニス アップ

    その他

    試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオススメです

    試合前のウォーミングアップ、皆さんはどんな感じで行ってますか?…

  3. その他

    「気を付けろ!スポーツドリンク!」試合に出るテニス選手に必要な意識改革

    夏は暑い毎日が続く。練習中もしっかり水分補給をしないとね。…

  4. その他

    「デビスカップ日本代表が発表」前回王者イギリスに挑む布陣の、注目ポイントはここ!

    昨日にて発表された、来月のデビスカップ初戦の日本代表メンバー。…

  5. テニス センス

    その他

    「テニス中のBGM」は試合中に流れてますか?

    先日「試合中に音楽がずっと頭の中に流れるのですが、それっていいことです…

  6. テニス

    その他

    力の差は無さそうなのに、スコアで差が出るのは、なぜ?

    「そんなに力の差は、無さそうなのになぁ・・・」と、思ってしまう。…

特集記事

  1. テニス ドロップショット

    ボレー

    どんなに強烈なストロークでも、ネット近くで触れば「ポトッ」と落ちて得点になるのが…
  2. ダブルス

    並行陣の逆陣形、を理解すればダブルスに強くなる
  3. テニス 居場所

    サーブ

    「8割はダブルフォルトで崩れていく」ことを自覚出来てる?
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレイヤーを目指すなら、「軌道を見始めてウォッチ」する力は不可欠
  5. テニス テニスボール

    メンタル

    与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い
PAGE TOP