ストローク

片手バックハンドストロークは、「ラケットを持たない手」をどう使うかが一番のポイントです

学生の皆さんの中には、バックハンドストロークを片手で頑張っている方も多い。

最近では両手バックハンドが主流で、だからこそなかなか片手をしっかり打てる、教えることが出来る方が少ないですよね。

今回は、片手バックハンドストロークの中でもスピン系のショットについて。

ラケットを持っていない手をどう使っていくかを、基本から見直してみましょう!

 

片手バックハンドストロークは、「ラケットを持たない手」をどう使うかが一番のポイントです

 


 

1.テイクバック時に、しっかりスロートを支える

右利きの方であれば左手、でしっかりラケットのスロート部分を支える。

「スロート」とは、グリップとラケット面の間のあの三角形のような部分。

どんなグリップでも、このスロートを支える基本を忘れてはいけません。

安定感のある支え方は、親指と中指で両方から支え、人差し指は軽くガットに触れるくらいの場所に置いておく。

こうすることで、安定感があってグラつかないテイクバックが可能になるんです。

ガットを触らない人もいますが、私は人差し指で触る方が安定感が出ると思っています。

ぜひ、試してみて下さい。

 

2.グリップは「セミウエスタン」だけど、よく分からない・・・人は?

グリップはセミウエスタンがオススメ、ですが言葉ではなかなか分かり辛いですよね。

そんな方は、横向きから前足を出して、打点を確認。

前足より30cmくらい前で、一番力が入る握り方を探ってみましょう。

友達に頼んで、前からラケット面を押してもらう。

そこで押し負けない、しっかり力が入るグリップが必ず見つかるはずです。

そのグリップが、アナタの片手バックハンドストロークのスピン系の基本グリップ、になります。

 

3.一番難しいのは、「いかに横向きのままに振り抜くか」

ここが一番、片手バックハンドは難しい。

ほとんどの方が、ラケットを横に振ってしまうスウィングになるので打点がぶれてしまう。

しっかりラケットを縦方向に振る、には一番は身体が開かないように、横向きのままで打ち終わること。

フェデラー選手のバックハンドのキレ味は、この鋭い縦方向への振り抜きから生まれている。

前を向く、のはあくまでフォロースルーの延長線上です。

しっかり我慢して、早く構えることで、振り抜く余裕が生まれるはずです。

 

私も経験しましたが、片手バックハンドはまず時間がかかります。

あと、片手で打つ分、自分の感覚がダイレクトに感じやすい。

打った感じ、重さ、回転のかかり方・・・に、敏感になってみて下さい。

きっと鋭いバックハンドスピン、身に付くはずです!

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークでストレート」に流せると、テニスの試合では展開に幅ができる

    テニスの試合はミスが多い方が負け。攻撃もするんだけど、その攻撃…

  2. ストローク

    バックハンドストロークも、攻撃的に打ちたいなら・・・?

    バックハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。そうし…

  3. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です

    俺が高校でテニスを始めた時、バックハンドストロークは片手だった。…

  4. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す

    ドロップショットを、試合の中で使っていく時。この要素を加味出来…

  5. テニス トレーニング

    ストローク

    自分自身でコントロールに厳しくならないと、上達は無い

    自分のショットに対して、どこまで厳しくなれるのか。これは、誰も…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に

    シングルスの試合、私はもしかしたらこんなタイプの選手だったかも知れない…

特集記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    テニスコートの現場から離れて時間が経つと、みんな上から目線になっていく
  2. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本
  3. テニス 準備

    フットワーク

    ストロークのスライスの滞空時間を甘く見ていると、アナタはいつまで経っても相手を攻…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ
  5. テニス

    戦術

    太った対戦相手は、遠慮無く前後に走らせよう
PAGE TOP