シングルス

シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻撃について

シングルスの試合で、ストロークから相手を揺さぶる。

色々と相手の特徴を踏まえていきたいところですが、まず試して欲しいのはコレ。

基本のバック狙い、だけで崩れてくれる相手は怖くない。

横移動に強い相手には、積極的に前後差を付けていきましょう。

 

シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻撃について

 


 

1.バックハンド狙いに、「前後差」を付けてみる

相手のバックハンド、ただ一本調子に深いボールだけだと相手も慣れる。

アナタ自身、深いボールを相手バックハンド側に運べているのなら、積極的に浅い場所にも打てると効果的。

特に、両手バックハンドを使う選手はリーチも短く、前に弱い。

スライス系のショットが打てない選手であれば、浅いボール、特に低いボールは攻撃し辛い。

厚いグリップでバックハンドを打っている選手かどうか、はしっかり試合の序盤に確認しておきましょう。

 

2.浅いショットを意図的に打てる技術、を身に付けておく

普段のラリーの中で、前後差を付けられるように。

ドロップショットのような、ハッキリしたものではなく、同じようなフォームから少し浅い、ボールが打てるかどうかがポイントです。

私はいつも、サービスラインくらいにバウンドさせるようなショットを、意図的にシングルスでは打っている。

これが効果的なんですよね。

相手は深いボールを警戒して下がってますから、打点が低くなる。

そうなると、浅いけど攻撃が出来ない相手が多いはず。

打点が低いバックハンドを打たせる、のが目的です。

 

3.ドロップショットか深いショット、だけだと「ハッキリ」し過ぎる感がある

悪くない作戦だと思います、深いショットとドロップショットの組み合わせ。

ですが、相手も結構、それに慣れている場合が多い。

両極端のショットは大事ですが、その間のショットの方が実際の試合では使えると思います。

同じフォームで少し浅い、というのがミソ。

普段の練習でも、少し混ぜるだけできっと相手は崩れてくれる。

この感覚を養って、試合でどんどん使っていきましょう!

 

バックハンドの浅い場所、狙いは「サービスラインにバウンド」でOK。

これ以上浅くしようとすると、ネットする危険性も高い。

アナタなりに、「ここにバウンドさせると、効果的だな・・・」という場所、探してみて下さい。

深いと思わせておいて、ちょっと浅い。

きっと、試合で勝てる方程式、が作れるはずです。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスでのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」で良い

    全豪オープンが地上波で放送され、皆さんも観る機会が多いと思います。…

  2. テニス 準備

    シングルス

    浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

    「いやー、チャンスを決められなかったな・・・」と、自分では思っているの…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合のサーブ、には何を求めるべきだろう?

    シングルスの試合に出て頑張っているみなさん、サーブの調子はどうですか?…

  4. シングルス

    テニスのシングルスの試合で必要な「クロスラリーでしっかり間を作る」為に必要な意識とは?

    今年はシングルスを頑張りたい!と思っている皆さん、全力で応援します。…

  5. テニス 練習

    シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

    シングルスの試合に出て勝ち進みたい、と考えている方は多いはず。…

  6. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう

    試合を勝ち抜いていけば、強い相手との対戦は避けられない。男性で…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと
  2. ストローク

    テニス選手として自立したいなら、「自分に合ったストローク」は自分で見つけ出してい…
  3. ダブルス

    ダブルス改革、パートナーと一緒にやる?やらない?
  4. テニス チャンス

    戦術

    4ゲーム1セット、3セットマッチをやってみよう
  5. テニス テニスボール

    メンタル

    テニスの試合、ポイントは「取り返そう」と思うのではなく、「自分の印象を活かす」方…
PAGE TOP