ボレー

「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント

せっかく前衛にいたり、シングルスで前に出てもボレーが苦手だと・・・それは雰囲気に出る。

ボレーに苦手意識がある人は、まず「ネットが多い」というイメージを自分で持っている方が多い。

今回は、ネットミスが多い人が意識したいポイントを整理してみました。

ボレーの意識、根幹から変えていきませんか?

 

「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント

 

1.ラケット面は上向き

ボレーは下に叩き付ける、というイメージを持っていると危険。

ボールを打ったときに、ラケット面、しっかりチェックしてみましょう。

ハイボレー、ローボレー、高さに問わずボールを触ったラケット面は必ず上を向いていること。

下を向いているからネットしてしまうのです。

 

2.スライス回転をかけるから安定する

1.のようにラケット面を上に向けると、「ネットはしないけどアウトするんじゃ・・・」と思う方。

しっかりスライス回転をかけることで、その不安は解消されます。

ボレーでも、実際にボールの少しだけ下を触る感覚が大事。

そうすると軌道は自然と少し上方向になる、これが大事なんです。

 

3.ボレーには深さが大事

ボレーの軌道を少し上方向にすると、深さが出る。

ボレーが苦手な人は相手コートの浅い場所、手前を狙い過ぎ。

もっと深い位置に長い距離で打つイメージを持てば、自然とネットミスも減るでしょう。

無理に叩き付ける必要、無いのです。

 

4.一発で決めようとしない

ボレーも組み立て、コース勝負が基本。

相手からポイントを奪おうと必死になるのではなく、あくまでオープンスペースを突いて相手を動かす。

アナタはネットにいるので、相手に無理させれば自滅してくれる。

アナタが先に自滅するのは、もったいないのです。

 

5.ネットにしっかり近付く

ネットプレーと一言で言っても、ネットにしっかり近付いてボレー出来る人は少ない。

ネットミスを減らす究極の方法は、ネットにガン詰めすること。

そうすれば、逆にネットにかける方が難しい。

しっかりネットに近付くこと、ボレーに苦手意識があると難しいのです。

だからこそ、アナタはここぞというときには、思いっきりネットに近い位置でボレーしてみましょう。

 

ボレーに苦手意識がある人は、ネットミスのイメージが強過ぎる。

どんなボレーの名手でも、ミスはする。

だからこそ、その原因をしっかり考えて減らしていく。

難しく考えずに、まずはネットプレー増やしていきましょう!

その中で、少しだけ今日書いた内容、思い出してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の改善策について

    フォアハンドのボレー、実は「苦手」って言える人は少ないんじゃないでしょ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない

    テニスが上手い人に限って、言うセリフってあると思いませんか?私…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!

    ネットプレーはどうも苦手、という方は、ラケットワークに意識がいき過ぎて…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

    相手の打ったボールが速い、しかも自分の身体の正面に飛んで来た・・・。…

  6. ボレー

    テニスの試合で、ネットプレー対ネットプレーになったときに求められる、「足元のボール」のさばき方につい…

    足元のボール、特にネットプレーやサービスライン近くにいるときに、テニス…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスの素振りは、高い打点で行うことが大事
  2. テニス 目

    その他

    「何でもテニス目線」を養えば、アナタの試合力は必ず上がります
  3. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり…」試合でそんなときに、アナタのテニ…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に、「不安で迷ったら積極策を取る!」と決めておくと、迷い無くプレー…
  5. テニス 部活

    戦術

    根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける
PAGE TOP