ボレー

「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント

せっかく前衛にいたり、シングルスで前に出てもボレーが苦手だと・・・それは雰囲気に出る。

ボレーに苦手意識がある人は、まず「ネットが多い」というイメージを自分で持っている方が多い。

今回は、ネットミスが多い人が意識したいポイントを整理してみました。

ボレーの意識、根幹から変えていきませんか?

 

「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント

 

1.ラケット面は上向き

ボレーは下に叩き付ける、というイメージを持っていると危険。

ボールを打ったときに、ラケット面、しっかりチェックしてみましょう。

ハイボレー、ローボレー、高さに問わずボールを触ったラケット面は必ず上を向いていること。

下を向いているからネットしてしまうのです。

 

2.スライス回転をかけるから安定する

1.のようにラケット面を上に向けると、「ネットはしないけどアウトするんじゃ・・・」と思う方。

しっかりスライス回転をかけることで、その不安は解消されます。

ボレーでも、実際にボールの少しだけ下を触る感覚が大事。

そうすると軌道は自然と少し上方向になる、これが大事なんです。

 

3.ボレーには深さが大事

ボレーの軌道を少し上方向にすると、深さが出る。

ボレーが苦手な人は相手コートの浅い場所、手前を狙い過ぎ。

もっと深い位置に長い距離で打つイメージを持てば、自然とネットミスも減るでしょう。

無理に叩き付ける必要、無いのです。

 

4.一発で決めようとしない

ボレーも組み立て、コース勝負が基本。

相手からポイントを奪おうと必死になるのではなく、あくまでオープンスペースを突いて相手を動かす。

アナタはネットにいるので、相手に無理させれば自滅してくれる。

アナタが先に自滅するのは、もったいないのです。

 

5.ネットにしっかり近付く

ネットプレーと一言で言っても、ネットにしっかり近付いてボレー出来る人は少ない。

ネットミスを減らす究極の方法は、ネットにガン詰めすること。

そうすれば、逆にネットにかける方が難しい。

しっかりネットに近付くこと、ボレーに苦手意識があると難しいのです。

だからこそ、アナタはここぞというときには、思いっきりネットに近い位置でボレーしてみましょう。

 

ボレーに苦手意識がある人は、ネットミスのイメージが強過ぎる。

どんなボレーの名手でも、ミスはする。

だからこそ、その原因をしっかり考えて減らしていく。

難しく考えずに、まずはネットプレー増やしていきましょう!

その中で、少しだけ今日書いた内容、思い出してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実

    先日、ある女子ダブルスの草トーナメントを見る機会がありました。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない

    テニスが上手い人に限って、言うセリフってあると思いませんか?私…

  3. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もったいなさ過ぎる

    ダブルスの試合で、大事な場面。それはアドバンテージサイドでのポ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう

    テニスにおける難しい技術、ローボレー。低い位置のボレーはネット…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度で分かる

    ダブルスの試合では、シングルスの試合よりもサーブ&ボレーがやりやすい。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    【動画リンク有り(外部)】ボレーのテイクバックをコンパクトに改善するコツ

    今回は、外部のサイトの動画を通じて「コンパクトなボレー」を解説してみた…

特集記事

  1. ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンダッシュが得意」な相手への有効な対策5つ
  2. テニス メンタル

    サーブ

    試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算…
  3. 戦術

    ある程度のレベルまでは、前衛が動いただけで慌ててくれる
  4. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、アングルショットのような「走らせるショットを打った後」が要…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでラケットを引いてしまう人は、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革し…
PAGE TOP