ボレー

「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント

せっかく前衛にいたり、シングルスで前に出てもボレーが苦手だと・・・それは雰囲気に出る。

ボレーに苦手意識がある人は、まず「ネットが多い」というイメージを自分で持っている方が多い。

今回は、ネットミスが多い人が意識したいポイントを整理してみました。

ボレーの意識、根幹から変えていきませんか?

 

「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント

 


 

1.ラケット面は上向き

ボレーは下に叩き付ける、というイメージを持っていると危険。

ボールを打ったときに、ラケット面、しっかりチェックしてみましょう。

ハイボレー、ローボレー、高さに問わずボールを触ったラケット面は必ず上を向いていること。

下を向いているからネットしてしまうのです。

 

2.スライス回転をかけるから安定する

1.のようにラケット面を上に向けると、「ネットはしないけどアウトするんじゃ・・・」と思う方。

しっかりスライス回転をかけることで、その不安は解消されます。

ボレーでも、実際にボールの少しだけ下を触る感覚が大事。

そうすると軌道は自然と少し上方向になる、これが大事なんです。

 

3.ボレーには深さが大事

ボレーの軌道を少し上方向にすると、深さが出る。

ボレーが苦手な人は相手コートの浅い場所、手前を狙い過ぎ。

もっと深い位置に長い距離で打つイメージを持てば、自然とネットミスも減るでしょう。

無理に叩き付ける必要、無いのです。

 

4.一発で決めようとしない

ボレーも組み立て、コース勝負が基本。

相手からポイントを奪おうと必死になるのではなく、あくまでオープンスペースを突いて相手を動かす。

アナタはネットにいるので、相手に無理させれば自滅してくれる。

アナタが先に自滅するのは、もったいないのです。

 

5.ネットにしっかり近付く

ネットプレーと一言で言っても、ネットにしっかり近付いてボレー出来る人は少ない。

ネットミスを減らす究極の方法は、ネットにガン詰めすること。

そうすれば、逆にネットにかける方が難しい。

しっかりネットに近付くこと、ボレーに苦手意識があると難しいのです。

だからこそ、アナタはここぞというときには、思いっきりネットに近い位置でボレーしてみましょう。

 

ボレーに苦手意識がある人は、ネットミスのイメージが強過ぎる。

どんなボレーの名手でも、ミスはする。

だからこそ、その原因をしっかり考えて減らしていく。

難しく考えずに、まずはネットプレー増やしていきましょう!

その中で、少しだけ今日書いた内容、思い出してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーが上手く打てない人は、「外側から内側へ」ラケットを動かしてみよう

    ボレーが上手くコントロール出来ない方に、オススメしたいコツ。色々あ…

  2. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けたい、手首の角度とは?…

    安定感のあるボレー、試合で使えるようになると「ネットに出よう!」という…

  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    ハーフボレーに必要なコツは、思い切ってラケット面を下に向けてボールに被せること

    「ハーフボレーが難しくて・・・」という声を、たくさんの方から頂きます。…

  4. ボレー

    テニスの試合の中で「身体の正面にきたボレー」をしっかり返球できるようになるコツ4つ

    ネットプレーの中で難しい技術の一つに、「身体の正面にきたボールをボレー…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーに必要なのは、センス?」では無く、むしろその逆です

    よく、ボレーに必要なのは「センスですね」と言われることが多い。…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで

    ダブルスの試合で、相手の嫌なプレー。それは、前衛がどんどん動い…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを、いかに試合で活かせるか
  2. テニス 環境

    ダブルス

    「ダブルスを極めたい」ならぜひチェックしておきたい、テニスのベストマッチ動画5選…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの基本、「肘は伸ばして肩支点」を再チェックして安定させよう!
  4. スマッシュ

    スマッシュの構えは、横向きよりも〇〇
  5. テニス リターン

    メンタル

    「0-40からは、粘っても仕方ない・・・」だと、ずっと鴨と思われて終わる
PAGE TOP