その他

テニス部のみんながやる気にならないのは、個人ではなく仕組みの問題です

毎日寒くなってきて、外でやる部活やサークルもちょっと億劫になってしまいがち。

こんな時期は、決まってこんな問題が出て来ます。

部活やサークルの在り方ってチームそれぞれ。

ですが、「やる気のある、無し」の問題って、個人の責任にだけしていても何の進歩も無いのです。

 

テニス部のみんながやる気にならないのは、個人ではなく仕組みの問題です

 


 

■「部活」や「サークル」の仕組み、一から考えてみない?

部活やサークル、皆さんはどんな環境でテニスしているでしょうか?

部活はちょっと厳しめ、サークルは割と自由、なんてのは昔の話。

今ではその逆もあるでしょうし、時流に沿った形に変化出来て私は良いと思います。

「こうあるべき」みたいな考えは、どこかチームのやる気を削いでしまう。

そんな仕組み、必要ですか・・・?

 

■「やる気が無い」個人を責めるのではなく、仕組みを見直す

「どうにも、やる気が出ない部員が多い・・・」とアナタが悩んでいるのであれば、それはまず会話不足。

彼らもすごくやる気があるのかも知れないし、無いのであればそこには理由がある。

「試合に出れない」

「成長が感じられない」

「練習でボールが打てない」

こういう問題は、全て工夫次第で解決していける。

そもそも、型のある部活やサークルに全員がはまって、全員がやりがいを感じてみんなハッピー、なんてそもそも無理。

色々な考え方に、チームとして柔軟性を持って対応していく、というのが現代のテニスチームの在り方だと思います。

 

■「試合経験を多く積ませる」ことこそ、部活のモチベーションの根源

個人戦、団体戦、とにかく試合を多くこなす仕組みを作る。

練習試合でも良いけど、出来れば公式戦。

草トーに出る、地域の市民大会に出たり、一般の大会に出るのも良いでしょう。

高校や大学の公式戦は、数が少ないし出場人数も限られるので、外に目を向けていく必要がある。

実際に調べてみれば、たくさんの大会があることに気付くはずです。

試合に出ていれば、練習でも課題が見えるし目標も見つけやすい。

練習だけ繰り返す毎日、でやる気を継続するのは難しいでしょう。

 

ここで問題になるのは、「お金がかかる」ということでしょう。

学生の皆さんからすると、エントリー費ってかなりの負担ですよね。

ですがあえて、言わせてもらうなら、それもしっかりバイトや小遣いを工夫して、工面する。

そうやって出た大会って、絶対にエントリー費をムダにしたくない・・・って、思いますよね。

これは遠くの国に遠征に来たプロ選手も一緒。

滞在費や交通費、以上の賞金を稼がないと赤字になる。

この危機感、もしかしたら試合で思わぬ力を発揮するかも・・・知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って実行している

    スポーツの試合には、「作戦勝ち」という言葉があるように、事前の準備は大…

  2. その他

    意図したことが効いてくる、からリズムに乗れる

    みなさんに、ぜひ意識して欲しいポイント。普段の試合の中で、いか…

  3. テニス アクセス

    その他

    2017年1月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。今年も、気が付け…

  4. テニス ダブルス

    その他

    外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで

    皆さんも普段の仲間、以外のメンバーと練習する機会はあると思います。…

  5. テニス 戦術
  6. テニス メンタル

    その他

    テニス部の練習に、「大きな声出し」は必要だろうか?を考えてみる

    部活の練習中に、「ファイトー!」「ファイトー!」という声、皆さんは出し…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. サーブ

    シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で厄介な「バックハンドが得意な選手」への対抗策5つ
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    遠くのボールを追う時に、小さい声を出した方が少しだけ腕は伸びる
  4. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的…
PAGE TOP