テニス リターン

練習メニュー

人数が多いときに、「つなぎのストロークとボレーの基礎練習」がを同時に実践する練習メニュー

人数が多い部活で、ストロークとボレーを両方練習したい。

そんなときには、思い切ってコート中に人数を増やし、あえてボレーヤーをストロークの中間に設置することで「ある責任感」が生まれるメニューです。

 

人数が多いときに、「つなぎのストロークとボレーの基礎練習」がを同時に実践する練習メニュー

 

■人数:12~36人

■レベル:初級~中級

■目的:高さを出して安定したストローク、ボレーボレーをしっかり出来るようになる

 


 

【練習内容】

縦3列でストロークラリー、ボレーボレーを行う。

ストロークラリーはネット近くでボレーボレーしているペアに当たらないように、山なりで深く、安定したストロークでつなげる。

ボレーボレーの選手はサービスライン一歩前、くらいでしっかり相手のフォアとバック、両方に打たせるように。

3人で1チームを作ってローテーションしてもOK、コート上には全員で12人入ることになる。

時間制で交代しながら、回していく。

 

【発展練習】

ストロークの選手は、なるべく下がらない。

下がらないで、しっかり高く深いボールを打てるように調整していく。

ライジングショットの練習にもなるので、トップスピンロブとしても効果的。

ボレーボレーはただつなげるのではなく、コート1/3の中で相手を動かすこと。

ハーフボレーを打たせたりしながら、相手の足元を突いていくように意識すると上級者でも良い練習になる。

 

【ポイント】

あえてストロークの前に「人」という障害物を置くことで、しっかり高く深く、また前衛をイメージしながら練習出来る。

「繋ぎ合い」にならないように、しっかり回転量をかけてバウンド後に相手にプレッシャーがかかるような球質にしていくことが大事。

また、多少ボレーヤーの背中に当たっても気にしない。

前から飛んでくるボールには、「ボレーボレーしながらでも、ケア出来る余裕」を身に付けて欲しい。

人数が多い練習では、広い視野を養うことも出来るはず。

 

部活やサークルで人数が多くても、工夫次第で良い練習は出来る。

結構ボレーヤーを避けながらのストローク、難しいはず。

ですが、コントロール性は間違いなく向上出来るこのメニュー。

人数が多い部活やサークルでも、基本メニューとして試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニス選手として、「試合での敗戦を、活かせる人と活かせない人」の違い5つ

    テニスの試合、勝った試合よりも負けた試合。これを、どう活かすか…

  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    ダブルスの試合で使える「トップスピンロブ」を身に付けたいなら、この練習!

    以前にもご紹介したかも知れませんが、ダブルスの試合で重宝される「トップ…

  3. テニス 夜

    練習メニュー

    「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改めないと

    よく、「闇練好き」という言葉を聞きます。テニスに限らずですが、…

  4. テニス 攻撃

    練習メニュー

    サービスからのクロス&ストレートコース限定のシングルス練習メニュー

    サーブから相手を崩していく、というイメージがシングルスには大事。…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    アドバイスで変われる人、変われない人の違い

    コーチや周りの人から、アドバイスをもらう機会。きっと、みなさん…

  6. テニス ストローク

    練習メニュー

    来る場所も打つ場所も決まっている球出し練習なんて、試合で使えると思う?

    「球出し練習は、どうやれば良いですか?」というご質問を、よく頂きます。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、「自分がミスして終わりたくない」のは、テニススクール生の性
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    最近の若者は…
  4. テニス 前衛

    その他

    日々「背筋を伸ばして歩く」だけで、アナタのテニス選手としての格は変わる
  5. テニス ダブルス

    リターン

    リターンは踏み込みながら、壁を作ってストレートへ
PAGE TOP