メンタル

「宇宙人から見たら、僕らだって宇宙人だということ」は、テニスにだって言える

いつの時代も、子供の視点ってすごい。

すごいというか、的を得ている。

こないだ電車の中で話している声で聞こえてきた、「宇宙人から見たら、僕らだって宇宙人だ」という話。

実はこれ、テニスにもすごくあてはまることだと思うんです。

 

「宇宙人から見たら、僕らだって宇宙人だということ」は、テニスにだって言える

 


 

■なぜ「宇宙人は怖い」のか?

なぜ、私たちは宇宙人を怖いと感じてしまうのだろう。

それは、「未知との遭遇」だから。

宇宙という大きな世界、まだまだ人類は知らないことだらけ。

そこで生きている人、宇宙人というのにはとてつもなく恐怖を感じてしまう。

テニスにも、近いことが言えると思いませんか?

「知らない相手」とは未知との遭遇。

特に初めて全国大会、あるいは上位のシード選手と戦うときって、そんな気持ちに誰しもなると思うんです。

 

■「相手も自分を知らない」のだから、勝負に不足無し

でもよく考えれば、相手だって自分を知らない可能性が高い。

自分ばっかり怯えてても、それって損。

そう考えられるようになると、プレーでも少しずつ自信を取り戻せる。

ましてや、宇宙人じゃなくて相手は同じ人間ですからね。

知らないことは恐怖、ですが、相手も同じくらい自分を恐れているのであれば先手勝負。

しっかり落ち着いて試合に入る、ことが大事です。

 

■「なんだ、相手も自分と同じじゃないか」と感じれたら、試合に勝てる!

試合を進めていく中で、段々と相手のことが知れてくる。

そうなると、「あ、自分と同じような感じじゃないか」と思える場面、出て来るでしょう。

きっとそんなとき、試合の勝機は確実にアナタに向いています。

自分と同じ、と感じることが出来れば、そこの崩し方も見えてくる。

逆に、「全然自分とは違う・・・」と感じるようなことばかりだと、試合はしんどい。

アナタはこの辺り、意識出来ていますか?

 

少し大げさなタイトルでしたが、皆さんも同じような経験あるはずです。

知らないっていう恐怖、テニス以外でもたくさん経験してきているはず。

ちょっとだけ、テニスに応用してみませんか?

きっと楽に試合に入れたり、挽回出来る試合が増えるはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス 不器用

    メンタル

    「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人

    テニスの試合に慣れていない、と感じる人。皆さんは、どんな方とい…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のテニスについて、悩んでいる」人は、テニスを始めた頃の仲間に会いに行こう

    初めてラケットを握ったとき。その頃の感覚、アナタは思い出せます…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です

    テニスの大会では、シード制度というものがある。テニス以外のスポ…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス テニスノート

    メンタル

    アナタのテニスノートに、「宣言」はあるか?

    テニスノート、皆さん・・・書けてますか?もちろん書いておくこと…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    指示や指導で、基本人は動かないしテニスも変わらない

    「なかなか、自分の指導を聞いてくれなくて・・・」というお悩みを、アンケ…

特集記事

  1. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由…
  2. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    並行陣相手でも怖がらずに、ショートクロスのときこそラケットを振り切っていこう
  4. テニス ハードコート

    その他

    新学期に、「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう
  5. テニス 並行陣

    サーブ

    安定した回転系のサーブは、こするのではなく「弾く」感覚で
PAGE TOP