シングルス

シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう

シングルスの試合で、最初の入り方。

サーブからでもリターンからでも、出来るだけ安全にかつ攻撃されないようなラリーで入ることが大事。

そう考えると、私はいつもこの数値を頭の中に入れてラリーを開始するようにしています。

ラリーを作る前にミスが早い人は、一度実践してみてはどうでしょうか?

 

シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう

 


 

■70点のストローク、アナタはどんなイメージですか?

シングルスの試合は、自然とラリーが長くなる。

どうしても「早く終わらせたい・・・」と思ってしまいますよね。

根っからの粘りが身上のプレイヤー、であれば別ですが、普通はパパッとポイントを終えていきたいと考えてしまう。

そこをしっかりコントロールするには、「70%」という言葉が良いキーワードになる。

私の経験上、80%、でも少し強い。

60%だと、相手から攻撃されてしまう。

70%で3往復、が良いイメージなのです。

 

■4往復目からが、シングルスの真骨頂

当然強い相手であれば、そこまでで簡単にミスはしてくれない。

4往復目からどう攻撃していくのか、耐えるのか、が大事になってくる。

ですが試合の中で、まず70点のショットをしっかり続けていくことが出来るような実力、を養うことが大事なのです。

これが出来ないようでは、試合に勝つなんて無理。

でも・・・出来ない人、意外と多いですよ。

技術はあるのに、自分をコントロール出来ない人、アナタの周りにもいませんか?

 

■シングルスの試合では、「ミス待ちでも無いし、無謀な攻撃でも無い」ショットがほとんど

シングルスの試合では、ショットの加減が難しい。

ダブルスだと前衛、後衛とある程度攻守の役割がハッキリしているので、分かりやすいし自分をコントロールしやすい。

ですがシングルスは、全部を自分一人でやらないといけないから難しい。

自分のミスを、自分でコントロールする。

その為には、準備にも具体性が欠かせないのです。

ただつなぐ・・・攻める・・・のではなく、まず70%で3連続、しっかりミスしない。

この意識、オススメです。

 

恐らく試合で勝っている選手は、自然にこういった作戦で臨んでいる。

無意識のうちに出来ているリスク管理、アナタの中でもきっとあるはずです。

試合に勝つ為には、アナタのテニスをどんどん数値化、可視化していきましょう。

そうすれば改良も出来ますし、負けたときにも立ち戻れる。

シングルスの試合前に、ぜひイメージして入ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ

    対戦相手が、急にペースを上げてくる。試合の終盤には、きっとそう…

  2. シングルス

    シングルスの試合では、「ダウンザラインからネットへの迫力」こそ大事

    シングルスの試合での、戦術が欲しい。そう考えているみなさんは、…

  3. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!

    ストロークでの、ダウンザラインへの展開。シングルスでは、不可欠…

  4. テニス 試合
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

    シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。私なら迷わず、こ…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、フォアハンドの切り返しクロスショットのコツとは?

    シングルスの試合で、武器が欲しい。そんな方には、最近のプロ選手…

特集記事

  1. テニス ミス

    サーブ

    「みんなに注目されているみたいで、サーブが苦手…」な人は、少し自意識過剰かも
  2. テニス 攻撃

    ボレー

    浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!
  3. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をや…
  4. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負…
  5. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバッ…
PAGE TOP