その他

テニスにおいて「ボールを曲げる」ことについて、基本的な構造を確認しておくと強くなる

テニスのショットの特徴として、「ボールが曲がる」という要素がある。

サーブやスマッシュも曲がるし、スピン回転やスライスは縦に変化する。

この特徴を、しっかり構造として理解している選手は強い。

そう、当たり前と思うかも知れませんがサーブやスマッシュのようなショットには、利き腕ならではの法則がある。

今回、この基本的な部分について確認しておきましょう。

 

テニスにおいて「ボールを曲げる」ことについて、基本的な構造を確認しておくと強くなる

 

■右利きの選手はボールを左方向に曲げることが出来る

サーブでは、右利きの選手は左側にボールを曲げることが出来る。

スライスサーブでは、ボールの右半分を捕らえると、そのまま左側に回転しながら曲がっていきますよね。

これはサッカーのキックでも同じです。

ボールの右側をキックすれば、左側に回転しながら変化していく。

左利きの方であれば、右側に曲がっていきますよね。

この構造を、まずはしっかり確認しておきましょう。

 

■リバースサーブというオプションは、基本無視

「でも、リバースサーブっていう打ち方もあるよ」と言う方も、いるでしょう。

ですがこれは、あくまでオプション。

試合で使えるショットでは無いので、基本的には無視しましょう。

サーブは左右両方に曲げることは出来ない、と考えると、試合でも結構楽に戦える。

当たり前の構造をしっかり理解して、リターンは準備することが大事です。

 

■「左側にしか曲がらない」と思って待てれば、怖くない

リターンに苦手意識がある人は、「曲がる変化」に弱い。

弱いのには理由があって、「どう変化するのか・・・怖い・・・」という感情が働くから。

心配無用です。

先ほどから書いてきたように、右利きの選手はボールを左側に曲げるのが基本。

左側にしか曲がらないのであれば、リターンもすごく楽に準備出来る。

この基本構造、改めて意識しておいて損は無いでしょう。

 

当たり前のことにこそ、実は本質が詰まっている。

そう考えると、テニスもまだまだ見落とされている基本が多い。

だからこそ、身体の構造、ボールの構造を客観視することは大事なのです。

今回はサーブについて書きましたが、まだまだいっぱい、こんな話は埋もれています。

アナタ自身、探してみませんか?

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    その他

    試合の中でチャンスかどうかは、「自分が立っているポジション」によってだいぶ違ってくる

    自分のポジションを、しっかり把握しておくこと。アナタが思ってい…

  2. テニス 練習

    その他

    テニスが上達するに従って、「テニスの練習自体」も上達しているだろうか?

    テニスが上手い人、上達が早い人は「練習」も上手い。「練習に上手…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスやスポーツにおいて、「必要性を理解していない練習」は、ただの作業である

    人って、同じことの繰り返しが一番楽。慣れて、こなせて、頭も使わ…

  4. テニス ストローク

    その他

    「難しいこと」はテニスの試合の中で、どんどん相手にやらせよう

    試合の中で、「難しいこと」って何でしょう?アナタがやっていて「…

  5. その他

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則

    「反応をよくする方法、教えてもらえますか?」そういう質問をよく受け…

  6. テニス ルール

    その他

    1日5分間で良いから、「テニスについて真っさらな頭で考える」時間を作ろう

    テニスについて、考える。「ちゃんと考えてるよ!」と言う人もいる…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合…
  2. 練習メニュー

    4月からテニス部に入部してくる、「新1年生向けに基礎的な練習メニュー」を考えたい…
  3. テニス 準備

    リターン

    テニスの試合で、「相手サーブの曲がりが激しいとき」には、よりコンパクトなリターン…
  4. その他

    テニス部内で士気を下げる、「テニス評論家かぶれ」は必要ありません
  5. その他

    「来年はどうなっているか、想像できない」くらいのテニス選手の方が、私は応援したい…
PAGE TOP