テニス 粘り

その他

テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと

テニス部の死活問題、それはボール代・・・じゃないですかね。

少なくとも私はそうでした・・・。

毎月500円の部費を小遣いの中から出すのも厳しかったのを、今でも覚えています。

テニスボールをしっかり管理する、その為に必要なのは部員みんなの共通意識。

ぜひ、部活やサークルで意識して欲しいポイントです。

 

テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと

 


 

1.空気圧を管理する

練習を終えた後に、必ずボールの空気圧のチェックは行いましょう。

空気が抜けたボールは、しっかり分別する。

抜けたボールはトレーニングなどで活用し、実際にラケットで打つような練習には使わないこと。

しっかり管理することで、大事なボールという意識が生まれる。

チームで大事なボールを管理している、という意識の醸成が大事です。

 

2.湿気を避けて保管する

フェルトでまかれたボールは、湿気に弱い。

湿気がこもるような場所にボールを置いておくと、傷むのが早くなってくるので注意が必要です。

部室に選択モノを干したり、湿気の基になるような元凶、ありませんか?

今すぐテニスボールの為にも、湿気の原因は取り除きましょう。

 

3.深いカゴに入れない

なるべく上にボールが乗らないようにしておく、だけで空気の抜けは抑えられます。

カゴに入れて管理、は問題無いのですが、あまりに上にボールを重ね過ぎると痛みも速くなる。

出来るだけ平たい感じにして保管するだけで、かなりボールの空気の持ちは良くなるはずです。

 

4.汚れをふき取る

クレーコート、オムニコートでは砂がどうしてもボールに付着する。

そのまま打っていると、小さい粒子とラケットが当たるときにパンクのようなことが起きてしまう。

小さいことですが、練習後、または練習中にボールの砂を落とすような癖を付けると、自然とボールも長持ちする。

愛情を込めて、ボールをキレイにしていると、ボールは応えてくれる。

ボールを大切に出来ない選手、チームに未来はありません。

 

5.紛失を防ぐ

練習終了後には、しっかりボールを集める、練習コートに残さない。

当たり前ですが、1球たりとも残さないチームって少ない。

空気が抜けていくボールと同じくらい、無意識に紛失していくボールも多い、ことを意識しましょう。

みんなで買った大事なボール、しっかりとコスト意識を持つ。

意識を持って、みんなで管理することの意識付け、大事です。

 

ボールを大切にするチームは、間違いなく強くなる。

これはたくさんのチーム、部活、サークルを観てきた私の経験則です。

お金が無い、と言っているチームほど、ボールを無くしたり雑に扱っている。

もっともっと、大事にしてください。

きっとテニスボールはそんなアナタに応えてくれるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    その他

    「こっち側には絶対来ない!」と思い切れるかどうかが、テニスの試合では予測力の差になります

    テニスの試合で反応が良い選手、予測が鋭い選手、試合で強いですよね。…

  2. テニス メンタル

    その他

    「テニスの世界において、多数派で無いことは武器になる」アナタの個性を磨いていきましょう!

    今回は、少し趣向を変えて漠然としたテーマで。勉強でも仕事でも何…

  3. テニス セルフジャッジ

    その他

    テニスの試合中に、「熱中症かも知れない・・・」と気付くべきシグナルは、必ず知っておきましょう

    「こんな時期から、熱中症の話?」と思った方、もしかすると試合で痛い目を…

  4. テニス サーブ

    その他

    「全豪オープンテニスはここを見よう!」試合の現場で必要なテニス観を身に付けるポイントとは?

    今週から始まりました、全豪オープンテニス!錦織選手も初戦を突破…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変わります

    テニスの実力、一つ一つのショットは決して目を引くものが無くても、勝ち進…

  6. テニス ストローク

    その他

    テニスの団体戦って、「結局個人戦を複数回、やるだけでしょ?」という人に、物申す!

    以前にお会いした方に、こんなことを言われました。「テニスの団体…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    フットワーク

    前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう
  2. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試…
  3. テニス ボレー

    戦術

    あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!
  4. テニス ストローク

    ストローク

    回り込みのフォアハンド、を使わないのは絶対に損なのがテニスです
  5. テニス 準備

    戦術

    試合でまずは、相手にプレッシャーをかける「ポイントシチュエーション」を作らないと…
PAGE TOP