テニス 守備

ストローク

テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識を持とう!

テニスの試合でストローク、バンバン調子良さそうに打っていても・・・ふとした時に、穴が出る。

それは、「浅いボール」だったりすること、多いんじゃないでしょうか?

特に、学生の女性選手の皆さんは、かなり怪しいはず。

短いボールをどう処理して良いか、悩みながらモヤモヤしていませんか?

 

テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識を持とう!

 

1.テニスで浅いボールは・・・難しい!

ストロークラリー、本当に上手い選手って実は少ない。

「私の周りにも、たくさんいるよ!」という方、多いと思います。

ですがそれは、あくまで「同じような深さのボール」が続いている中での話、じゃないですか?

前に走ったり、深いボールを処理したりすると、急に崩れていく選手が多いのは、なぜでしょうか。

それは、特に浅いボールは求められる技術が全く新しくなるから。

明確に何かを変えて、違う準備をしないとストロークの延長で考えていても技術は身に付きません。

 

2.前にダッシュして、横向きで入る難しさを理解しよう

まず、浅いボールには「気付く」ことから始まる。

気付いたら当然ダッシュ!そして打点に入る前に、必ず横向きで入る癖を付けましょう。

なぜなら、テニスにはフォアハンドかバックハンド、の2種類しかないからです。

「どっちを選べば良いのか・・・?」と思った方、浅いボールはとにかく2バウンド前に触らないといけないので、最短距離でダッシュして触れる側、で良いと思います。

余裕があるチャンスであれば、当然フォアハンドを選択して攻撃的にいきましょう!

この横向きで入る、というのが大事なポイントです。

 

3.走りながら、打つコースを考えて即決すること

あともう一つ!浅いボールの処理で大事なこと。

それは、走りながら打つコースを考えて決める、ことが大事。

そして横向きで入りながら、相手には「どっちでも打てるよ・・・」という雰囲気を醸し出して伝えておきたい。

ボールに追いついてから考える、なんて当然間に合わない。

浅いボールに気付いた瞬間に、やることはすごくたくさんあるのです。

整理して考えて準備しましょう!

 

浅いボールが苦手な人は、まず気付くのが遅い。

遅いというか・・・「やばい!」って思っているような人も多い。

テニスでは、浅いボールから攻撃していかないと攻撃出来るタイミングが無くなるのに、不思議です。

普段の練習、気持ちよく同じ場所でのラリーばかりになってはいませんか?

特に女子選手は浅いボールの処理が苦手な方が多いので、しっかり普段から練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスという競技で、「自分にはフォアハンドとバックバンド」、の違いがあることを再認識しよう

    テニスには、極論「フォアハンド」か「バックハンド」しかない。ス…

  2. テニス ストローク
  3. テニス リターン
  4. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ

    春先は特に、風が強い日が多いですよね。試合の中で苦手にしている…

  5. テニス 準備

    ストローク

    ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝負です

    ストロークで問題を抱えている人の、ほとんどは構えが遅い。構え・…

  6. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?

    チャンスを決める。テニスの試合で、これほど難しことは無いでしょ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分の感情中心でテニスをしている人は、どこかで気付かないと試合で勝てる選手にはな…
  2. テニス メンタル

    戦術

    アイツに任せておけば大丈夫!と頼られる選手は、どんな選手ですか?
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチボレーを確実に決めるなら、「通り過ぎた側のボレー」もしっかり準備を!
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合において、強いリターナー側にこそ、「前衛がネット近くまでポ…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックが大きい相手選手には、速い展開で「準備不足」に陥れよう
PAGE TOP