テニス コート

スマッシュ

「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンスが増える!

スマッシュはチャンスか否か・・・。

俺の見解としてはチャンスだな。

でもテクニックとしてはかなり難しいショット。

だから、スマッシュミスする人も多いのでそういう意味ではチャンスではない・・・とも言える。

 

「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンスが増える!

 


 

そもそもスマッシュってどういうショットか考えた事あるかな?

プロの選手達がテレビで見せてくれるスマッシュは超パワフルでドーン!

ってバウンドして観客席まで飛んで行ってしまいそうな感じで決まる。

 

そこで「そうかぁ!スマッシュってあれだ!」って思うと危険である

確かにパワフルなスマッシュなんだけど、そのパワーに隠れていて見えにくいが、地味に行っている仕事が「配球」なのだ。

パワーも凄いけど、受けている相手選手もやはりそれなりの選手なんだから、単調なコースにパワーだけで打ってると読まれてカウンターを喰らってしまうからね。

パワーは二の次で、第一に重要なのが「どこにでも打てますよ!」というアピールを打つ前に相手に行う事で、足を止めておいてから打つ。

 



 

もちろんそこで欲しいのは単調なコースのパワースマッシュよりも、コースで意表を突いた時に打てる回転系スライス

コースは両サイドのショートアングルに打ち分けは、したいもんだ。

もちろんドカーンと、ど真ん中に打ち込むスマッシュもたまには必要。

だけど、それを上手く使うためにも、ショートアングル系のスライス、時にはトップスピンなんかがあれば便利。

スマッシュ練習の時には、必ず打ち分けながら練習しよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち分ける技術です

    スマッシュでポイントを終わらせることが出来ると、試合でも乗っていける。…

  3. スマッシュ

    厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識で」しっかりスマッシュ

    ネットプレーでの戦い、その醍醐味はロブ対スマッシュ、にあります。…

  4. スマッシュ

    スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう

    スマッシュをしっかり決め切る、そのために打つコースを隠したい。…

  5. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ちやすい!

    スマッシュの入り方、に自信を持っている人は強い。実際には打ち方…

  6. テニス 準備

    スマッシュ

    テニスの試合で、「発想の転換でスマッシュ上手になれる」為に必要な意識とは?

    スマッシュは特に、パワフルなショット、というイメージが皆さんの中にはあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す
  2. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイン…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、前衛を抜いただけで安心してない?
  4. テニス ミス

    戦術

    相手との差を受け入れて、そこからがテニスの試合は勝負開始
  5. サーブ

    視点を置く順番を決めれば、サーブを打つメンタルは整えられる
PAGE TOP