テニス 居場所

メンタル

「練習だけじゃ完成されない」テニスの技術は試合で使って初めて身に付いていく

長い夏休み、たくさん練習出来たと思うけど、その分しっかり成長は出来ただろうか?

この夏休みの練習で培ったことを、しっかりと本番の試合で発揮してもらいたい。

 

「練習だけじゃ完成されない」テニスの技術は試合で使って初めて身に付いていく

 


 

そんなことを言っておいて何なんだけど俺の経験上、長い期間しっかり練習しても、その練習の中で何かを生み出した・・・という思い出は少ない。

殆どが本番の試合の中で生み出したんだよ。

初めてトップスピンサーブのコツを掴めた時も試合中だった

まだ高校生の頃だったんだけど、凄い勝ちたい試合で、何とかレシーブに打ちこまれないようにしていたら、トップスピンサーブになっていたんだよ。

ボレーの手応えを感じたのも試合中だった。

どういうタイミングでネットに出て、どのコースにボレーを打てば効果が高いのかを、苦しみながら考えて相手との駆け引きを行っているうちに見付けたのだ。

試合の中で本当に欲しいショットって、単なるパワー系のショットじゃないでしょ?

安定感も欲しいしコントロール力も欲しい。

決める為のショットも欲しいけど、相手にやられないようにするショットの方が重要だったりするでしょ?

でもそれが試合じゃなくて練習中だと、どうしてもパワーや質に重きを置いてしまう。

でも本番の苦しい状況の中では、本当に必要な「安定感とパワー」が、ちゃんとバランスよく揃ったショットだったりするんだよ。

でもだからと言って、本番で生み出したショットはそれまで全く練習をしてなかったかと言うとそうではない

練習で沢山打っていたからこそ、本番で完成されたのだ。

なので、皆も練習の中では変わらずしっかり練習してもらいたい。

でも「出来るようになった!」なんて練習中には思わないでね。

その手応えをしっかり本番の試合の中できっちり使えるかが重要なんだから。
 



 

意外と練習では上手く出来ていても、本番では使えないからね

でも諦めず四苦八苦しながら、もう一度試合の中で修正とか調整しながら頑張っていると、あるタイミングで急に「あれっ!今の感じ・・・」ってさらっと出来るようになっちゃったりするもんだよ。

そこで初めて「完成」となる訳だ。

と言う事で、この長い夏休みで培ったショットや技をモノにするために、これからどんどん試合に出場するか、もしくはマッチ練習を行ってドキドキ場面できっちり使って、苦しみながら本物を完成させてくれ。

世の中はそんなに甘くない代わりに、もがき苦しんだ中から何かを掴み取ると、そう簡単には忘れないもんなんだよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分が何をしたいかよりも、「何を求められているか」について考えれば、まだまだテニスは強くなります

    皆さんは、「こういうテニスがしたい!」というイメージ、ありますか?…

  2. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある

    皆さんにとって、スランプの時期はありましたか?今まさにその時期…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「目標に到達するには・・・?」テニスの試合で必要なのは具体的なイメージ

    今年のテニスの目標はなんだろう?「上手くなること!」「強くなり…

  4. テニス イベント

    メンタル

    「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うのか?

    テニスの実力がある選手は、試合会場でも良い雰囲気を出している。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    人から盛り上げてもらえないと動けない、そんなテニス選手は強くなれない

    テニススクールで、よく見ていて思うんですが。コーチが一生懸命、…

  6. テニス 上達

    メンタル

    自分を成長させたいなら、劣等感を感じる人を避けないこと

    毎日何気なく生活していると、テニス選手としての資質にも問題が出て来る。…

特集記事

  1. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る
  2. テニス

    戦術

    太った対戦相手は、遠慮無く前後に走らせよう
  3. テニス シングルス

    ストローク

    テニスのストローク、トップスピンの回転は「下向き面で安定させる」ことで試合で使え…
  4. 練習メニュー

    試合に強いテニスチームは、練習を「終える」のが上手い
  5. ストローク

    走らせ甘いボールを引き出す、決める
PAGE TOP