テニス メンタル

練習メニュー

「背伸びセンス」もテニスの試合で成長する為には必要なこと

錦織選手が日本人男子で過去最高ランクの4位をマークした。

これは凄いこと。

おめでとう。

彼はここまで来れると思っていただろうか?

 

「背伸びセンス」もテニスの試合で成長する為には必要なこと

 


 

錦織選手がどう答えるかは知らないが、当然思っていただろうし、恐らく今はもっと上のランキングのテニスを考えているだろう。

実際ランキングって目指した通りに行くもんでは無い。

世界で100位目指しましたと言って、100位辺りをウロウロしている人なんてあまり聞いたことが無い

よく聞く話は「100位目指しました」って言ってたのが、いつの間にか100位以内に入っていて、「もうとっくに50位以内を目指してるよ」なんて言っている選手。

あるいは、全然100位に辿り着けなくて空回りしている選手のどっちかだ。

俺の経験上、目指す所はちょっと背伸びした目標にしないといけない

100位以内に入りたいなら、100位辺りの選手のテニスのプレーをするんじゃなくて、もっと上のレベルを目指すべき。

大会に出場してベスト8以上の戦績を挙げたいんだったら、ひょっとしたら優勝出来るかも・・・?って思われるようなプレーを最低限しておかないといけない。

今回ランキング4位に上がった錦織選手も、間違いなくもっと上のレベルをイメージして日頃からプレーしていると思う。

だから彼にとっては単なる通過点に過ぎないんだよ

そうじゃないと30位になる実力があってもいけないと思う。

ただ難しいのは、どのくらい上を目指すのかってことだね。

それぞれ皆目標があるだろうけど、その目標よりも上を目指せって言われたからと言って、あり得ないくらいの高い目標を設定してしまうとそれはちょっと「無謀」としか言いようがない。
 



 

自分の才能を知り、自分の可能性を感じとり、自分の運を信じられることで初めてどこまで背伸びをすれば良いのかが見えて来るのだ

じゃあそういった自己分析能力はどうやって養うかが重要なんだけど、それはどれだけ色んな人とテニスで携わったか・・・だと思う。

自己判断力で自分の意見を貫き通さないといけないが、やはり周りの意見や空気を感じることも重要。

コミュニケーション能力がなくて、自分の殻に閉じこもっているやつは結局、冷静な自己判断ではなく自己陶酔か意地を張っているだけだったりする。

錦織選手、4位になったけどまだまだ背伸びをして、更に高い視野でテニス界を見ている気がしてならない。

これから益々楽しみだ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス 練習
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである

    意識しないと、気付かないこと。毎回同じような風景だと、私たちは…

  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスの素振りは、高い打点で行うことが大事

    見落とされがちだけど、大事な個人練習。それは素振り、です。…

  4. テニス ルール

    練習メニュー

    1日5分間で良いから、「テニスについて真っさらな頭で考える」時間を作ろう

    テニスについて、考える。「ちゃんと考えてるよ!」と言う人もいる…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスが上達するに従って、「テニスの練習自体」も上達しているだろうか?

    テニスが上手い人、上達が早い人は「練習」も上手い。「練習に上手…

  6. テニス 知識

    練習メニュー

    試合に使わない技術ばかり、一生懸命練習するのは悲しいこと

    練習は伸び伸びやっても、試合でガチガチになってしまう。こんな人…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニス選手として、「目標を口にするだけで満足してはいないか?」という問いかけを自…
  2. テニス 言葉

    ボレー

    ネットに詰めて、相手のいないところに落とすから決まる
  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー
  4. ストローク

    フォアハンドがおかしくなるのは、軸足の意識が足りないから
  5. テニス 練習

    サーブ

    ファーストとセカンド、同じコースに打つことで生じるメリット
PAGE TOP