テニス メンタル

練習メニュー

「背伸びセンス」もテニスの試合で成長する為には必要なこと

錦織選手が日本人男子で過去最高ランクの4位をマークした。

これは凄いこと。

おめでとう。

彼はここまで来れると思っていただろうか?

 

「背伸びセンス」もテニスの試合で成長する為には必要なこと

 


 

錦織選手がどう答えるかは知らないが、当然思っていただろうし、恐らく今はもっと上のランキングのテニスを考えているだろう。

実際ランキングって目指した通りに行くもんでは無い。

世界で100位目指しましたと言って、100位辺りをウロウロしている人なんてあまり聞いたことが無い

よく聞く話は「100位目指しました」って言ってたのが、いつの間にか100位以内に入っていて、「もうとっくに50位以内を目指してるよ」なんて言っている選手。

あるいは、全然100位に辿り着けなくて空回りしている選手のどっちかだ。

俺の経験上、目指す所はちょっと背伸びした目標にしないといけない

100位以内に入りたいなら、100位辺りの選手のテニスのプレーをするんじゃなくて、もっと上のレベルを目指すべき。

大会に出場してベスト8以上の戦績を挙げたいんだったら、ひょっとしたら優勝出来るかも・・・?って思われるようなプレーを最低限しておかないといけない。

今回ランキング4位に上がった錦織選手も、間違いなくもっと上のレベルをイメージして日頃からプレーしていると思う。

だから彼にとっては単なる通過点に過ぎないんだよ

そうじゃないと30位になる実力があってもいけないと思う。

ただ難しいのは、どのくらい上を目指すのかってことだね。

それぞれ皆目標があるだろうけど、その目標よりも上を目指せって言われたからと言って、あり得ないくらいの高い目標を設定してしまうとそれはちょっと「無謀」としか言いようがない。

自分の才能を知り、自分の可能性を感じとり、自分の運を信じられることで初めてどこまで背伸びをすれば良いのかが見えて来るのだ

じゃあそういった自己分析能力はどうやって養うかが重要なんだけど、それはどれだけ色んな人とテニスで携わったか・・・だと思う。

自己判断力で自分の意見を貫き通さないといけないが、やはり周りの意見や空気を感じることも重要。

コミュニケーション能力がなくて、自分の殻に閉じこもっているやつは結局、冷静な自己判断ではなく自己陶酔か意地を張っているだけだったりする。

錦織選手、4位になったけどまだまだ背伸びをして、更に高い視野でテニス界を見ている気がしてならない。

これから益々楽しみだ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「雨の日に教室でも出来る」テニス選手に必要なトレーニング4つ

    雨の日は部活もサークルも休み。とは言え、体育館も使えないし、使…

  2. テニス サーブ

    練習メニュー

    ウォーミングアップと練習開始の境目、明確になってる?

    私がみなさんの練習、を見ていて感じること。テニススクールでもそ…

  3. テニス 攻撃

    練習メニュー

    サービスからのクロス&ストレートコース限定のシングルス練習メニュー

    サーブから相手を崩していく、というイメージがシングルスには大事。…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ

    夏休みや長期のお休みの期間は、チームでしっかり練習するチャンス!…

  5. テニス メンタル
  6. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める

    私は何度も、「人の真似こそ大事」と書いてきました。それは、なぜ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!
  2. テニス メンタル

    メンタル

    結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります
  3. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを…
  4. テニス ミーティング

    練習メニュー

    本物のテニスの練習とは、「他人の上達にも、責任を負う」ということ
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう
PAGE TOP