サーブ

「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為に

試合の時、手堅いポジションでがっちり守ろうとしている相手を崩さないといけないんだけど、いきなりサーブで相手をコートの外に追い出すことが出来れば、その次のショットでオープンコートを狙って更にダメージを広げることが出来る。

それをいきなりサーブでやろうと思うと、スライスサーブがかなり有効だね。

右利きの人はデュースサイド、左利きの人はアドサイドで、相手をコートの外に追い出しやすいスライスサーブは、是非とも試合の中で活用してもらいたい。

 

「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為に

 


 

でも、そんなの切れ味鋭いスライスサーブって、簡単に打てるもんじゃない。

難しいんだよね。

で、そんなスライスサーブを習得するに苦しんでる人って、皆揃ってこんなことを言う。

「スライス回転はかかるけど、フワッとなって弱々しくなる」

確かにセカンドサーブの時、入れるためにスライスサーブを使うこともあるくらいだから、フワッとさせて安定感を出させる要素もある。

どうやれば攻撃系の切れ味あるスライスサーブに、発展させられるのだろうか。

フワ系と切れ味系の大きな違いは、なんと打点である

サーブ打つ時のラケットは、背中の後ろでくるりとラケットヘッドが回って、その反動から前方へスィングするんだけどそこで打点が、体の横とか体よりも後ろの方だったりすると、スライス回転は掛かりやすいんだけど、スムーズに前方へラケットを振り抜きにくい。
 



 

結果、ボールは回転ばかり掛かって伸びの無いスライスサーブとなる

しかし打点を体よりも前にすると、背中でくるりと回ったラケットヘッドが一気に前へ加速しながら直進的に振り抜きやすくなるから、スィングスピードも上がるし、何より前方でボールを捕らえたほうがボールの側面をタッチしやすいから、角度をしっかりつけたスライス、いわゆる切れ味鋭いスライスサーブになるんだよ。

でもこれはスライスサーブに限らず、トップスピンもフラット系もそうなんだけど、サーブのトスを前に上げて打ちに行くと、体が正面向きになりやすかったり腰が曲がったりしやすいので、体幹をしっかりさせるトレーニングなんかも普段からしっかりしておかないといけないね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに意識したいのは、「トスアップをした腕」

    サーブが安定しない人は、試合の中で怯えているようにも見える。自…

  2. テニス 指導

    サーブ

    なぜ部活やサークルで練習する「サーブ練習」のほとんどは、試合に活かされないのか

    皆さんのサーブ練習、どのような形で行っていますか?私は高校時代…

  3. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる

    今年、全豪オープンを予選から突破し本戦入りを果たした西岡選手。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメリットが・・・

    クイックサーブ、と聞いて、アナタはどんなイメージを持ちますか?…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう

    今回は、スピンサーブの安定感について。私自身、高校時代にこの感…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます

    サーブに回転がかけられない、と悩んでいる方。難しいことは抜きに…

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    皆さんアンケートのご協力、ありがとう御座います!
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも、下半身が使えるようになると変わ…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ポーチに出ること、自体でまずは大成功
  4. ボレー

    スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番
  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で、必要以上に「相手に触られること」を怖がり過ぎてない?
PAGE TOP