テニス メンタル

サーブ

「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように!

サーブが入らないと試合にならない。

そんなこと、誰でも知っている。

だから、テニスの試合を意識していると、パワー以上にちゃんと入るかどうかを優先したサーブが身に付いてしまう。

 

「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように!

 


 

でも、やっぱりサーブで相手を崩すことが出来れば、その後のラリーを優位な状態で進めることが出来るから、いつまでも入れるだけのサーブでは上のレベルに上がれない。

毎日の練習の中で、パワーアップを目指して練習しておかないとね。

でもそこで、いつもの入れるサーブ用の打点のまま、ただスィングスピードを速くしたり、フラット系にするだけで、パワーアップを目指している人は、なかなか上手くいかないことが多い。

だっていつものサーブの打点って、入れることを重視した打点であって、必ずしもパワーアップさせるための打点ではないんだよ

だからよりパワーアップさせるためには、それ用の打点に切り替えていかないとダメってこと!

まず、入れることを重視したサーブの打点の特徴は何かというと、やはり回転をかけやすくするために、頭の上近くになりやすい。

しかもそこでトップスピン系を意識していると、頭の上というのに加えて、打点が低くなりやすい。

その方が引っ掛けやすいから回転はかけやすく感じるからね。

じゃあパワーアップさせるための打点はどこかと言うと、それは前である

前にボールを飛ばすんだし、スィングスピードも前の方がスピードは乗りやすいでしょ?

そして足のパワーも使いたいから、ジャンプをしながら打つ・・・なんてことをするためには更に高さも加えたい。

より前で、より高い打点を意識して練習して欲しい。

しかしこれでパワーを手に入れても、それがあまり入らない不安定なサーブだと意味がない

いくら200キロのサーブでも、入らなけりゃただのフォルトだ。

そこを、どうしてもより前で、より高い打点にシフトさせた時に、回転だけはしっかりかけられるようにしてもらいたい。

そのためには、体の向きが重要なんだよ

入れるサーブを行う時、どれくらいの体の向きを打ちたい方向に対して向けているかよく覚えておいて、それをそのままパワーサーブの、より前でより高い打点の時に当てはめられるようにすると、安定感はさほど損なわれずしかもパワーアップ!!!

という理想のサーブになっていくんだよ。

パワーアップさせるには、それなりの打点で打つこと。

そしてそれを実戦で使うには、安定感もちゃんと兼ね備えること。

しっかり練習してください。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません

    試合でもよく見る、この下からラケットを回してくる、大きなフォームで打つ…

  2. サーブ

    サーブのトスは上げるんじゃなくて、自然に「上がる」感じで

    サーブのトスアップ。ここに苦戦している人は、やはり多いですよね…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる!

    サーブから崩れること、試合の中で多いはず。「今日は試合、思った…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう

    試合の中で、速いサーブにリターンで合わせるのが上手い人は多い。…

  5. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事

    並行陣に必要なサーブ&ボレー、みなさんどうでしょうか。ダブルス…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察すると気付くこと

    プロ選手のテニスの試合では、サーブ1本でポイントが決まるケースが多くあ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    「試合から経験して、必要性を感じる」から上達が早くなる
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良く…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「序盤でIフォーメーション」を入れるとすごく効果的で…
  4. テニス リターン

    ストローク

    「ミスした後のトップスピンストローク」をしっかりテニスの試合で打ち切る選手は強い…
  5. その他

    「攣りやすいあなたへ」テニスの試合に出る選手は、対処と準備を覚えておくことが大切…
PAGE TOP