テニス メンタル

サーブ

「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように!

サーブが入らないと試合にならない。

そんなこと、誰でも知っている。

だから、テニスの試合を意識していると、パワー以上にちゃんと入るかどうかを優先したサーブが身に付いてしまう。

 

「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように!

 


 

でも、やっぱりサーブで相手を崩すことが出来れば、その後のラリーを優位な状態で進めることが出来るから、いつまでも入れるだけのサーブでは上のレベルに上がれない。

毎日の練習の中で、パワーアップを目指して練習しておかないとね。

でもそこで、いつもの入れるサーブ用の打点のまま、ただスィングスピードを速くしたり、フラット系にするだけで、パワーアップを目指している人は、なかなか上手くいかないことが多い。

だっていつものサーブの打点って、入れることを重視した打点であって、必ずしもパワーアップさせるための打点ではないんだよ

だからよりパワーアップさせるためには、それ用の打点に切り替えていかないとダメってこと!

まず、入れることを重視したサーブの打点の特徴は何かというと、やはり回転をかけやすくするために、頭の上近くになりやすい。

しかもそこでトップスピン系を意識していると、頭の上というのに加えて、打点が低くなりやすい。

その方が引っ掛けやすいから回転はかけやすく感じるからね。

じゃあパワーアップさせるための打点はどこかと言うと、それは前である

前にボールを飛ばすんだし、スィングスピードも前の方がスピードは乗りやすいでしょ?

そして足のパワーも使いたいから、ジャンプをしながら打つ・・・なんてことをするためには更に高さも加えたい。

より前で、より高い打点を意識して練習して欲しい。

しかしこれでパワーを手に入れても、それがあまり入らない不安定なサーブだと意味がない

いくら200キロのサーブでも、入らなけりゃただのフォルトだ。

そこを、どうしてもより前で、より高い打点にシフトさせた時に、回転だけはしっかりかけられるようにしてもらいたい。

そのためには、体の向きが重要なんだよ

入れるサーブを行う時、どれくらいの体の向きを打ちたい方向に対して向けているかよく覚えておいて、それをそのままパワーサーブの、より前でより高い打点の時に当てはめられるようにすると、安定感はさほど損なわれずしかもパワーアップ!!!

という理想のサーブになっていくんだよ。

パワーアップさせるには、それなりの打点で打つこと。

そしてそれを実戦で使うには、安定感もちゃんと兼ね備えること。

しっかり練習してください。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブをしっかり振り切って打つ!」為に必要なラケット動作とは?

    試合で緊張した場面で、ラケットをしっかり振り切ってサーブを打つ。…

  2. テニス シングルス

    サーブ

    サーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想

    サーブに自信が無い・・・人、ほとんどだと思います。そういう人は…

  3. サーブ

    「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為に

    試合の時、手堅いポジションでがっちり守ろうとしている相手を崩さないとい…

  4. テニス ミス

    サーブ

    「みんなに注目されているみたいで、サーブが苦手…」な人は、少し自意識過剰かも

    サーブが苦手・・・な人が、よく持つ感想としてこんな話を聞きます。…

  5. テニス シングルス

    サーブ

    サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく

    サーブって、どうしても緊張しますよね。どんなにリラックスしよう…

  6. テニス サーブ

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    戦術

    勝ち始めたら、対策されるのは当たり前
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、あのラリーでイメージ回復
  3. テニス シングルス

    日々の雑記

    テニスだけを教える仕事、ならテニスコーチなんて楽しく無い
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    「アンダーサーブ」を見下していると、大事な試合で相手のアンダーサーブに泣くことに…
  5. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニッ…
PAGE TOP