テニス サーブ

サーブ

「サーブミスが多いのはここかもしれない」テニスの試合でプレッシャーがかかる場面を乗り越える!

サーブを打つ時のステップってどうなってる?

俺の場合は、右足を左足の横までスッと寄せてからサーブを打つ。

このパターンの人って多いんじゃないかな?

 

「サーブミスが多いのはここかもしれない」テニスの試合でプレッシャーがかかる場面を乗り越える!

 


 

中には、寄せた右足が左足を追い越して、フットフォルトをしてしまう人もいる。

厚いグリップでサーブを打つ人も体が開きやすいから、右足が前に出やすいよね。

ところでサーブの軸足ってどっちか分かる?

右利きの人は左足が軸となる。

左足でしっかりと地面を蹴って左足で着地をするから、体の向きが崩れないままバランス良くサーブが打てる。

でもこの左足に体重を乗せるのが苦手な人って多い

ストロークの時でも、左足を前足として使ったフォアハンドとか、同じく左足を後ろ足として使ったバックハンドが、なかなか打てない人は、左足に体重乗せるのが苦手な人。

そんな人はサーブの時に、左足のサポートとして右足を寄せて、言わば両足ジャンプ的な感じで打つことが多くなるのだ。

俺も元々左足に体重乗せるのが苦手だったので、その頃の名残で右足を寄せるサーブになった。

しかし右足を寄せるのは良いのだが、この寄せた右足が出しゃばって軸足になってしまうとまずいのだ。

右足が軸となって地面を蹴ってしまうと、左足は余計に大人しくなり地面を蹴ろうとしない。

そうなると体はどうなる?

左足の横まで右足を寄せているので、足は両足とも並んでいるような状態。

それで右足だけ強く蹴ってジャンプしようとするとバランスが取れず、体は傾きやすいし、当然体の向きも正面になりやすい。

右足で蹴りながらも縮こまった左足で着地しようとすると、当然上体は落ちてしまい、頭も下がりやすい。

だからサーブを打つと同時に左側へ体が傾いたり、前向きに開いてしまいやすい人は、本来軸足である左足が縮こまり、その分右足が頑張りすぎている場合が多いかも。

普段は出来ていても、セカンドサーブとかビビッた場面になると左足がダメになって軸足の仕事をしないなんてこともある。

 

俺も、たまに左足が急に軸足として機能しなかったりすることがあるよ

メンタルの部分と大きくその辺りは関係していると感じる。

「とにかく入れば良い・・・」

試合に出ている人は、とにかくそういう気持ちでサーブをまずは覚えてしまうから、どうしても最初に誤魔化しながら使った技が身に付いてしまう。

それは厚いグリップで打つ厚い当たりのサーブだったり、頭の真上で捕らえる回転多めのサーブだったりするんだけど、右足を寄せて右足軸でサーブを打つってのも、そのままずっと癖として残りやすく、その癖のせいで左足がきっちり機能しなくてサーブが伸びていかないケースは多い。

今一度自分のサーブのステップを見直してみよう

大事な場面でもちゃんと左足がしっかり機能しているかしっかりチェックしておかないと、なかなか安定したサーブを作り上げられないよ。

不安定な場合でも、足の使い方分かれば原因がわかるかも。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    サーブ

    サーブを打つ前に、「冷静に相手のポジションを確認する」ことで、精神的に楽になれる

    サーブを打つときに、どうしても落ち着きが無い、自信が無い、という方。…

  2. テニス 団体戦

    サーブ

    サーブを打つ時のボールチョイス、しっかりやろう!

    試合のときに、サーブを打つボールを選ぶ。「そんなの、プロ選手だ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップとラケットを上げる動きが同時なサーブのフォーム」について、メリットデメリットを考えてみる…

    サーブには色々なフォームがありますが、今回はラケットとトスアップの腕を…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブトスが不安定」だとテニスの試合でリズム感が生まれない・・・

    サーブが安定しない人の原因っていくつかある。おかしいフォームっ…

  5. テニス 客観視

    サーブ

    ネットの高さより、審判台の高さを狙うのがナイススピンサーブ

    スピンサーブの軌道の高さ。これは、きっとアナタ自身が思っている…

  6. テニス 前衛

    サーブ

    ダブルスの試合で「セカンドサーブの方が実はポーチに出やすい」4つの理由

    ダブルスの試合、シングルスの試合とココが違う。私は、そう思いま…

特集記事

  1. サーブ

    試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで試合に勝ちたいのなら、「下からボールを持ち上げる」ストロークから脱却しな…
  3. テニス ガット

    その他

    テニスの試合で一番使う「利き腕の握力」は、大事に使おう
  4. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのボレーでは、「ネットより低い打点からのボレー」をしっかり返球できれば、プ…
PAGE TOP