ダブルス

「ポーチされないクロスショット」テニスのダブルスの試合では逆転の発想で勝てるようになる!

ダブルスが苦手だった。

いつまで苦手って思ってただろう。

とにかくずっとシングルスで結果を出したいと思って、明けても暮れてもシングルスの練習ばかりだし、頭の中も「どうやったらシングルスで勝てるだろう」ってことばかり考えていたから、そんな当時の俺がダブルスの試合に出ると「人がゴチャゴチャして多過ぎる!!!」って思ってしまってイライラしたもんだ。

 

「ポーチされないクロスショット」テニスのダブルスの試合では逆転の発想で勝てるようになる!

 


 

せっかく俺が相手選手の一人とラリーで勝負しているのに、そこへヒョイってもう一人の選手がボレーで割って入ってくるんだよ!

「邪魔すんなよー!!!」って思いながら、そいつが気になって仕方なかった。

そう、でもこれがダブルスなんだよね

この邪魔してくるボレー選手のポーチをいかに交わすか、もっと言えばこのボレー選手の動きを封じることが出来るかがダブルスでのキーポイントだ。

もちろんストレートロブなどで逃げるという手もアリ。

でもストレートに逃げてばかりだと、クロスラリー打ちながら自分のパートナーの攻撃ボレーを使うってことが出来なくなり、連携が取れなくなってしまう。

何とか相手にポーチされずに、クロスへ返球し続ける方法を掴みたいものだ

そんなポーチされにくいクロスショットの方法は大きく3つある。

まずは相手ボレーが取れないくらい角度をつけて、しっかりとクロスに返球すること。

これが一番シンプルな考え方だけど、相手のショットが厳しくなってくると、何でもかんでもクロスにきっちり返せるとは限らない。

しかもそんなの誰でもまっ先に考える事だよね。

そこで重要になってくるのはストレートのショット。

ん?クロスに打つ方法だって?

そう、ボレーに取られずクロスに返球する方法の大事なポイントはストレートなんだよ。

どういうことかと言うと、実際にストレート打つわけじゃなく、相手に対して「俺は今からストレート打つかもよ・・・・」的な雰囲気を醸し出すこと!!

チラッとストレートを見てもイイし、ガッツリそっちへ打ちそうな構えを見せつけてもいい。

ボレーの人って、ポーチには出たいけどそれ以上に「ストレート抜かれたくない」って思うから、その気持ちを突っついてクロスへ手を出せなくするんだよ。
 



 

でもこれをやるには、それまでに何本かストレートロブやストレートの足元、ストレートアタックを見せておかないといけないし、打つ準備が遅い人はストレートアピールできない

その辺りを気を付けて。

そして残る一つはクイックショット。

ボールを早いタイミングで打ち返すという作戦。

相手ボレーが「今だ!!」って思ってポーチに出ようとするより早くボールを返球してしまえば、ボレーの選手は飛び出せる距離が小さくなるし、出るタイミングも逃しやすい。

これは速いショットって意味じゃないよ、ライジングで早いタイミングってこと。

ということは逆に、バウンドしてから時間かけてボールを打っている人はポーチの餌食になりやすい。

この3つ、「きっちりクロス」、「ストレートを意識させる」、「早いタイミングの返球」があれば、正面でこっちのショットをボレーしようとして狙っている相手のボレー選手も怖くない。

これらを意識して練習し、堂々とクロスに返球しよう。

って言っても、またそういう、『ちゃんとクロスに返球出来るストローク選手に対するボレーの動き』ってのもあるんだけどね。

だからテニスは面白い。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭で対応しよう

    ミックスダブルスの試合は、男子・女子のダブルスとは異なる。大き…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    並行陣でサーブ&ボレー、早めにファーストボレーをストレートに流しておこう

    ダブルスの並行陣、レベルに限らず意識して欲しいこと。実は、並行…

  3. テニス 名著

    ダブルス

    ダブルスペアで、「最近、マンネリ化してるな・・・」と感じたなら、絶対試して欲しいこと

    どうも最近、ダブルスペアで勝てない・・・。この際、ペアを変える…

  4. ダブルス

    打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本

    ダブルスの試合をしていて、「このペア、強いな・・・」と感じる時。そ…

  5. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない

    少し、極端な例かも知れませんが・・・。ダブルスの試合を観ている…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

    ダブルスは前衛、後衛と求められる役割が違う。硬式テニスでは前衛…

特集記事

  1. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ
  2. テニス コントロール

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーが安定しない人」のほとんどに共通するのは、両手の距離感の問…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩く、という危険な発想
  4. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブ、実際の試合では「どの程度の威力」を求めるべきだろう?
  5. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでしっかり伸びを出したいなら、「自分が打つときにラケットのしなり」を感…
PAGE TOP