テニス ボレー

ダブルス

「ダブルス弱者としての仕事を全うせよ!」テニスの試合で勝ちたければ、割り切ろう

ダブルスの試合をする時、明らかにレベル差がある場合って弱い方を狙うのは当たり前。

自分のパートナーが明らかに自分よりも強い場合、弱い方の選手は何に気を付けてプレーすれば良いんだろうか?

 

「ダブルス弱者としての仕事を全うせよ!」テニスの試合で勝ちたければ、割り切ろう

 


 

まず一つ言えることは、やっぱり相手ペアのショットが弱者の方に集まってきやすいということ。

なので、まずは集まってくる相手ショットを粘り強く返球し続けながら、「俺の方が弱いけど、安定感はあるよ!」ってことを相手にアピールしたい。

ここで、自分にボールを集められることを嫌がったり、無理に決めに行こうとするとストレスが溜まってミスが多くなるし、それを見た相手は、ますます集中して狙ってくるだろうね。

そうなると、せっかく上手いパートナーも、強引なカバーが必要になって空回りしてしまったりする

弱者はとにかく相手から狙われまくることを覚悟し、とことん返球し続ける姿勢を貫き続けてもらいたい。

もちろん、返球が甘くなってそれを相手ボレーに叩かれることもあるかもしれない。

そうなったとしても、また次のポイントを黙々と手堅く返球をし続ける我慢強さを演じてもらいたい。

 

そのためには、必ずロブが必要になる

それはロブを打ち続けろってことじゃなくて、ロブをある程度使うことで、「いつでもロブに逃げられます」って弱者は試合中に相手ペアへ伝えることが出来たら、ロブ警戒もするからポーチも受けにくいし、相手の足元へも逃げ道が出来るでしょ?

ボレーにいる場合も同様。

「逃げ道だけはいつでも確保してます!」って態度の弱者は、ちょっと相手にとっては面倒だからね

狙われ続ける覚悟と、逃げ道を用意して狙われまくっても逃げ続けるプレーで、とにかく弱者はラリーを一本でも多く続けることに徹して欲しい。

そして弱者の君が狙われ続けていると、そこでレベルの高いパートナーがタイミングを見計らって飛び込んでくるのだ!

弱者はこの上手いパートナーが狙って飛び込んでくるまで、とにかくひたすら耐え続ける。

それが弱者の仕事なんだよね。
 



 

言い方変えれば、上手いパートナーのための餌となるのだ

美味しそうな餌である弱いプレーヤーを見付けた相手ペアは、もうそこしか見えなくなり、そこに打つことしかアイデアが浮かばなくなりやすい。

そうなると、上手いパートナーは自分の守備範囲を捨てて餌となっている弱者を狙ったショットを、逆に狙い撃ちしやすくなるんだよね。

それからもう一つ弱者の仕事がある。

それは、上手いパートナーにも協力してもらわないといけないんだけど、その仕事とはトドメのショットを決める・・・ということ

上手いパートナーが、仕掛けるのも決めるのも全てやると、段々弱者は「何もすることが無い」と、ボールに手を出せなくなってしまい、取らなきゃいけないショットまで躊躇し始め、自信も存在価値も見失ってしまい、弱いプレーが更にダメになってしまいやすい。

そこで、上手いパートナーに仕掛けてもらい、攻撃してもらい相手を崩しきってもらって、あとはチャンスボールをがら空きのコートへポンと軽く入れるだけって状態にしてもらい、そこで弱者が登場して簡単に決めるのだ。

9割くらいは上手いパートナーのおかげなんだけど、最後のトドメの部分の美味しいところだけもらい、自分の存在価値を相手にもパートナーにも自分自身にも示す、これが意外と大事。

でもこれって相手にとっても嫌なことなんだよ。

上手い方の選手に決められるのも嫌だけど、弱者の方に決められるって結構ムカついてくれる

そういう意味でも弱者って考えれば、有効に使えるんだよね。

上手い選手と組んだ時、それから逆に自分より下手な選手と組んだ時、そのレベル差を上手く利用してダブルスを戦えるようにしてみよう。

間違っても、弱者は背伸びしなきゃって思わないようにね。

相手にとって餌となり、そしてトドメのチャンスだけもらって相手を苛立たせ、弱者としての仕事を自信持って全うしよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス 守備

    ダブルス

    「ダブルスで勝てないペア、選手が陥りがちな8の字ラリー症候群」アナタは大丈夫ですか?

    テニスを最初に始めたときに、4人でコートに立つとみんなでボールを回して…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝てないダブルスペアほど、大事な部分をお互いに任せられない

    ダブルスの試合を見ていて、感じること。ダブルスのパートナー、し…

  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの早い展開で使えるボレーは、「打ち終わりが高い位置で終わるボレー」に限る

    ダブルスの試合で、ボレー戦になる・・・ときに、皆さんポイントしっかり取…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「サーブが強力な対戦相手」と対峙した時の為に、2バックの陣形は練習しておこう

    オリンピックのテニス競技をテレビで観ていて、気になった方もいるのではな…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

    社会人になると、プレーする機会が増える並行陣。ストロークは「沈…

  6. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負の分かれ目に

    ダブルスの試合の中でポーチボレーをちゃんと仕掛けている?せっか…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    緊張したら目を閉じ、練習風景を思い出すこと
  2. テニス 武器

    戦術

    勝ち続けたければ、アンチを取り込もう
  3. ロブ

    女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ
  4. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩
  5. テニス 体力

    フットワーク

    試合中に足が動かないと感じたら、「腿上げジャンプ」をして自分でエンジンをかけよう…
PAGE TOP