テニス 走力

フットワーク

「直線ダッシュで高速スィング」ができるようになると、今のテニスの実力でもスピードアップが図れる!

速いストロークを打ちたい。

速いサーブを打ちたい。

皆がそう思っている。

そのためにはどうすれば良い?

まずは・・・そう、速いスィングが出来ないと、速いショットは絶対無理だよね?

200キロのサーブが打ちたけりゃ、スィング速度も当然200キロ以上ないといけないに決まっている。

 

「直線ダッシュで高速スィング」ができるようになると、今のテニスの実力でもスピードアップが図れる

 


 

そのスィングスピードを上げるためには、体の使い方をこうやって、筋肉はどこどこの○○筋を鍛えれば良い・・・なんかも大事なんだけど、今現在皆が持っている筋肉や体の柔軟性でベストなスイング速度を出す方法がある。

それは「直線ダッシュを頑張れ」ということだ。

 

どういうことかというと、例えばダッシュするでしょ?

直線コースを100メートルダッシュするのと、曲線コースを100メートルするの、どちらが速いかな?

そりゃもちろん直線でしょ!?

コーナーがあると遠心力が働いてしまってスピードを落とさないと、膨らんでしまって走ることさえ難しい。

直線のみの方がスピードも全力で出せるし、安定もある。

それと同じでラケットでスィングする時も、直線の動きの部分を意識し、そこに絞ってスィングスピードを上げてあげると、速くてしかもイメージ通りのスィング軌道を作ることが出来る。

それをテイクバック、ラケットダウン、そして打点に向かってヒット・・・と全てフルスィングで速く振ろうとすると、曲線の動きの部分で失速するし、スィング軌道もぶれてしまう。

重要なのはボールを打つ打点付近でスィング速度はマックスにしたいから、打つ直前から打った後の振り抜きで直線的なスィング部分を作り、その直線部分を意識してフルスィングすることだね。

 



 

だから意外と速いスィングの人を見ると、ボールを打つ瞬間以外はゆったり感を感じるんだよ

でもこれを実現するためには、早めの準備も必要だね。

サーブの時には高めのトス。

準備する時間が無いと、ゆったり感を作れないのだ。

サーブ、ストローク、そしてスマッシュやボレー全て自分のショットを打つ時、直線な部分は見えているだろうか?

それが見えてないと、スィングスピードは上がらない。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    試合の中で、「スプリットステップを忘れてしまう」人が意識したいポイント5つ

    試合の中で、つい緊張してしまうと忘れてしまうもの。その一つが、スプ…

  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    習慣って、怖いなと。私自身、すごく感じます。練習の内容…

  3. テニス ストローク
  4. テニス 前衛

    フットワーク

    熱いラリーをしながらも、「自分が今、コートの中のドコ?」にいるのかは把握しておくこと

    自分の打つボールには神経を使っても、自分がどこに立っているのか・・・に…

  5. テニス ウェア

    フットワーク

    「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい

    普段の練習の成果が、試合で出た時。すごく嬉しいですよね。そうい…

  6. テニス 練習

    フットワーク

    テニスにおいて「ボールを目で追う」だけでは、良い反応にはならない

    テニスの試合で、素早い反応で返球したい。そう考えると、まず「ボ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    テニススクール

    試合後に結果をコーチに報告するときには、「なぜなら」という言葉を前に付け加える癖…
  2. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている
  3. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスの前衛、「常に自分の1メートル前」には宝の山がある
  4. テニス ストローク

    ストローク

    身長が低い人に対して、高いバウンドを使わない手は無い
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合ではどんなに実力差があっても、「厳しいボールに喰らいついてくる相手」…
PAGE TOP