リターン

「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニック

サーブとレシーブ。

これはテニスの試合の中で一番大事な場面だ。

試合の中で決まるポイントの殆どがここに集約されている。

だから選手は皆、サーブとレシーブの練習に多くの時間をかけている。

 

「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニック

 


 

さて、皆は自分のサーブやレシーブが、打つときどうなっているかっていつも考えているでしょ?

じゃあレシーブを打つ前、いわゆる構えて待っているときって、何をやっている?

俺の場合、レシーブの構えのパターンは色々あるんだけど、どっちかって言うとボケーっと突っ立っていることが多い。

もちろん頭の中までボケっとはしてないよ

でも膝を曲げて、腰を落として、ラケットを上げて、相手を睨んで・・・という感じではなくて、ラケットを軽くもって、突っ立っているだけ。

顔もそんなに緊張感なかったりする。

でもその反面、がっちり構えて待つときもあるよ。

どういう風に使い分けているかと言うと、状況によって

「ここはガッチリあなたのサーブを狙ってますよ!!」ってアピールしたい時は、目をランランと輝かせて、相手を睨みながら腰を落として構えるが、殆どのポイントはムキになって返すことより、レシーブの安定感とこちらの心境に余裕があることをアピールしたいから、ボケっと突っ立って、まるで構えてないように見えるような待ち方をするんだよ。

でもどちらの構え方も、頭の中で考えることは一緒。

 

相手サーブの傾向をそれまでのデータから考えて、可能性ある全てのコースに来た時のレシーブのコースのシュミレーションをすること

こちらが打ちたいコース、弾道、球種、それから、それらのイメージのショットを成功させるためのグリップやステップ、打点などの打ち方をボケっとしている構えのときも、相手を睨んでガッチリ構えているときも、頭の中はそんなことを考えている。

そして相手がトス上げて、まさにラケットでボールを打つ瞬間からは同じだね。

一歩前に詰めながら膝曲げて低く両足着地させてスプリットステップを行い、サーブが来たコースに対して体の向きを作りながら、ボールのバウンド地点に突っ込んでいって、頭の中でイメージした通りのレシーブを行う。

レシーブの構え方、選手によっていろんな構え方あるけど、やるべきことはやっぱり共通している。

相手へのアピールとレシーブのイメージ作り

特にその構え方によって、相手にメッセージが伝わることを覚えておこう。

「攻めるぞ!」もしくは「そんなサーブ、何でもないよ!」的な感じだね。

間違っても、レシーブの構えの時に、その前のポイントの反省なんかをしないでもらいたい。

負けているとき、やっちゃったときなんか、俺もよくレシーブ構えながら反省していた思い出がある。

気を付けよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス 調子
  2. テニス メンタル

    リターン

    センター寄りからサーブを打って来る選手には、アングルへのクロスリターンを

    ダブルスの試合、強い選手ほどセンターからのサーブが上手い。コン…

  3. リターン

    ベテランプレイヤーに多い、アンダースピンサーブを侮ってはいけない

    もし学生や20代のみなさん、の読者の方がいたら、将来的にはこれと戦うと…

  4. テニス ストローク

    リターン

    お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?

    テニスのリターンの構えって、独特ですよね。腰を折って、お尻を突…

  5. テニス ストローク
  6. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合は、前に踏み込んでリターンするから最高のポーチ予防になる!

    ダブルスの試合、いかにポーチに出るのが大事か・・・を、何度か書いてきま…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    80点のテニスを、相手と作り上げていくのがテニスの試合
  2. ダブルス

    ダブルスのリターン側の前衛も、相手のファーストとセカンドに合わせてポジションを変…
  3. テニス メンタル

    その他

    大事な試合の前には、一筆したためよう
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ロブが来ると分かっている」ような練習をしても、試合でスマッシュは打てない
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い
PAGE TOP