メンタル

「苦手って思わないことが一番だけど・・・」テニスの試合で打点が遅れないようにしっかり練習!

得意なショットと不得意なショットがある。

でもそれはね、意外と最初の頃のキッカケによって、分かれるんだと思う。

 

「苦手って思わないことが一番だけど・・・」テニスの試合で打点が遅れないようにしっかり練習!

 


 

俺の場合は、テニス始めた最初の頃、バックハンドストロークとボレーが苦手だったんだけど、その理由は最初習ったときに、「全部回り込んでフォアハンドストロークで打つこと」って先輩に言われたから、バックハンドは避ける傾向になってしまい、どうやって打つのかイマイチ分からないまま何となく続けていた。

分からないから余計にフォアに頼って、バックを使わないようにしているうちに、どんどん苦手になったのだ。

ボレーは、そもそもネットプレーの真意が分からなかったし、ネットプレートはストロークをマスターした者がトライ出来る技って最初に思ってしまったから、もうダメだった。

でもそうやって「出来ない!」「苦手だ!」ってそのショットを思ってしまったことで、どんどん苦手意識って膨らんでしまう

そうなると、そこから脱却してそのショットを成長させるのは難しい。

いや、難しい訳じゃない。

簡単は簡単なのだ。

どういうことかと言うと、ダメなショットを良くすることは、そんなに難しいことじゃない。

 

でも、「俺はこのショット苦手だ」って思い込んでいるショットを上達させることが難しいのだ

言い方を変えると、「苦手」と思っていたら上達しにくく、「得意」と思わないまでも、そんなことを考えずに、無心で打てれば上達させやすい。

そして、この「苦手!」って思ってしまうことで影響が出やすいのは、打点なんだよ。

苦手意識を持つことで、まず相手が打ったボールが来るのを待ってしまうのだ。

そのせいで本来の打ちやすい打点よりも、食い込まれてしまったり、打点が落ちてしまったりしてしまい、イメージと程遠い打ち方になってしまい、それが余計にミスを増やし、結局「やっぱりこのショットは苦手だ!」って思ってしまうのだ。
 



 

でもね、苦手意識なんて一度身に付くと、そう簡単に無くなるもんじゃない

無くなったとしても、試合中の緊張した場面ではまた復活してしまったりするものだ。

だからそんな時には、まず打点を気を付けよう。

ストロークやボレーだったら、前に踏み込んでいかないといけないくらい、思い切って前の打点を選んでみたりスマッシュとかサーブだったら、背伸びしたり時にはジャンプするほど高い打点で思い切って打ってみたりしてごらん。

思い切ってそうやるくらいが、本来丁度いい打点なんだよ。

皆、ショットによって、良い悪いはあるけれど、どのショットも「苦手意識」だけは持たないように頑張ろう。

でも万が一「入る気しない・・・」って思ってしまったら、打点を前にしたり高くすることを心掛けてみよう。

自然と足が動いてくれて、本来の良い打ち方になりやすいから。

間違っても、「待って打つ」のはダメだからね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である

    「やれば出来る子」この言葉、最近またCMや色々な場面で聞きます…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    ビビった時のスピンストローク、ラケット面は下を向く

    試合でビビって、ストロークが打てなくなる。誰しもが、経験した…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう

    テニスの試合では、皆さんこんな経験無いですか?「ずるい自分」…

  4. メンタル

    最初は伸び伸び、でも後半は・・・?

    試合に入って、何だか調子が良くて良い感じ。強い相手にも、3-0…

  5. テニス 雨

    メンタル

    試合では「自分でコントロール、制御出来るもの」に集中しよう

    試合の中で、劣勢の場面。こういう時に、何を考えると試合の流れが…

  6. テニス 雨

    メンタル

    「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を絞めるだけ

    「サーブを打とうとしたら、相手ペアの前衛がサービスエリアに入ってきて邪…

特集記事

  1. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「気落ちしている相手を攻撃していく」ことに、快感を覚える必要がある
  3. テニス 環境

    その他

    「試合に出れないなら、せめて応援で仲間を助けたい!」と思う人に知って欲しい、テニ…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    中級者から上級者への壁、そこには必ず「サービス力」がある
  5. スマッシュ

    厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識で」しっかりスマッシュ
PAGE TOP