ストローク

ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにかく徹底しましょう!

ボレーヤーの足元に沈めるボール、上級者であれば何度でも打てるように練習しないといけません。

卓球と似ていて、テニスのボールが浮いてしまってはあるレベル以上の試合になると、即失点につながるもの。

でもせっかく、ストローク側がボレーヤーに対して良いボールを打っても、「前」をケアできていないケースが非常に多い。

足元に沈めたときには、ボレーヤーが狙っていなくても結果的にドロップ系のショットになりがちなので、注意が必要です!

ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにかく徹底しましょう!

「足元にナイスショット!」だけど、その返球が・・・

ストロークで相手の足元に沈めたら、それはまずナイスショット!

だけどテニスでは、「足元のショットは難しい」がゆえに、ボレーヤーがやっと触って、結果的にポトンと前に落ちるケースが多い。

もちろん、狙ったドロップボレーもあるでしょうが、初中級レベルの方の場合はまずボレーを深く返す方が難しいので、自然にこうなってしまう。

アナタのストロークが強力であればある程、その傾向は強まります。

上手い人は上手い人で、必ずドロップボレーを打ってくる。

つまりは絶対的に、ボレーヤーを相手にする時点で、前のスペースはケアしないといけないということ。

何も意識しないでベースライン後方で待っていると・・・あれ?という感じで、失点してしまうのです。

沈めるボールを打ったら、「1歩コートの内側」に入ろう!

この動きが出来るか、出来ないか。

はっきり言って、中級と上級の一番の差はここです。

前をケアするには、ベースライン上でもネットからの距離は遠いくらい。

1歩コートの内側に入って、いつでも前のスペースをケアできるように準備しておきましょう。

この1歩、アナタ自身の走力に応じて変えていく必要があります。

女性のベテランプレイヤーの方であれば、2歩くらい入っていたほうが良いでしょう。

並行陣を崩すのにも、この動きと考え方は必須です。

その分、深いボレーに対しては、自分もボレーで対抗できるような技術を磨いておく必要があります。

デッドゾーンでのプレーは。「テニスで一番難しい技術」かも知れません

「コートの中に入って待つ」ということは、結構怖い。

俗に言うデッドゾーン、と呼ばれる位置に立つ訳ですから・・・深いボレーが来たらどうしよう、と思うのが自然です。

相手のボレーが深ければ、サッとグリップを握り変えてアナタもボレーで応戦する。

この応用力、ぜひ磨いてみて下さい。

相手にネットより低い位置でボレーをさせることが出来ていれば、恐れることはありません。

一番怖いのは、当たり損ないで前に落ちてノットアップ・・・ですから。

「デッドゾーンでプレーしてはいけない!」と、教わる機会は多いと思います。

ベースラインとサービスラインの中間の、あのスペース。

その指摘は間違いでは無いかも知れませんが、「なぜ?」と考えてみましょう。

私自身は、絶対にこのゾーンでのプレースキルは必要だと思っています。

だって年を重ねていくにつれて、前方向へのダッシュ力は落ちていく訳ですから・・・。

一度皆さんも、自分のプレースタイルと重ねて考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドのストロークでスピンがかからない人は、〇〇で打つと効果的!

    バックハンドストローク、皆さんしっかりスピン回転かかってますか?…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    グリップチェンジは、テイクバックのスタート時に!

    意外とみなさん、遅いです。テニスでは、グリップ選びこそ、「ショ…

  3. テニス コントロール
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう

    「ストロークの打点は高い方が良いって、どれくらい高くないとダメですか?…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  6. ストローク

    ネットより高い位置でボールを触る、その回数を増やそう

    テニスの試合って、必ずネットを挟んで行います。このネットの高さ…

特集記事

  1. テニス セルフジャッジ

    その他

    「打つコースをしっかりコントロールできるテニス」を身に付ける為に必要な練習意識と…
  2. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「コンパクトなストロークの型」を覚えて、コントロール良く攻撃する為に意識したい5…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    「準備早めで!」テニスの練習から意識したいテイクバックのタイミング
  5. テニス ポジショニング

    ロブ

    ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミッ…
PAGE TOP