練習メニュー

4月からテニス部に入部してくる、「新1年生向けに基礎的な練習メニュー」を考えたいときには・・・?

もうすぐ3月も終わり、4月は新学年になって新しい季節に。

中学・高校・大学などの学校では、新入生がテニス部に入部してきて活気が出る時期になりますね。

そのために、テニスを始める新入生にしっかり基礎を身に付けてもらうような練習メニューを考えたい、という方は多いと思います。

今回はそんな上級生の方の為に、メニューを考えるヒントや具体例を少し、ご紹介したいと思います。

 

4月からテニス部に入部してくる、「新1年生向けに基礎的な練習メニュー」を考えたいときには・・・?

 


 

■まずストローク、で大事なのはグリップから

最初にテニスを教えるうえで、ストロークのグリップは大事です。

意外と見落とされがちですが、「グリップ」をしっかり覚えていないとボールが上手くコートに収まってくれません。

フォアハンド、バックハンド共に、セミウエスタンと呼ばれるスピンがかかりやすい、少し打点を前にしたときに地面と垂直になるようなグリップを、ぜひ教えてあげて下さい。

バックハンドも同じで、打点を前足の少し前にしたときに、地面と垂直になるように。

そこで前からラケットを押してみて、しっかり押し返せるだけの力が入りやすいような持ち方、グリップを初心者の方には教えてあげましょう。

 

■ラリー練習は、「速い判断と構え」を徹底しよう!

ストロークのラリーの練習では、慣れないとなかなかラリー自体が続きませんよね。

そんなときは、誰かが後ろに立って、「フォアかバック」なのか、「ラケットを引いて!」という声をかけてあげる練習がオススメです。

初心者の方がラリーが続かない理由って、ほとんどが「準備が遅い」から。

相手が打った瞬間に、フォアなのかバックなのか、そしてラケットを引くことが出来ているかをチェックして声掛けしてあげる。

これだけで、ラリーが繋がるようになって練習も楽しくなるはずです。

 

■早くからゲームに慣れて、テニスの試合の醍醐味を知ってもらおう!

新入生の人、テニスの初心者の人こそ、試合をすべきだと私は思っています。

試合で何かの必要性を感じたり、出来なくて悔しい・・・と感じるからこそ、練習でしっかり主体的に取り組むことが出来る。

色々できるようになってから試合、をするのではなく、出来ない状態で試合をして「出来るようにするには、どうすればいいか?」を考えさせる。

そのプロセスが、練習において一番大事だと思っています。

さすがにサーブはなかなか入らないと思いますので、横からボール出しをしたところからスタート、で充分ゲームは楽しめる。

しっかりポイントを数えて、勝敗を付けてあげるようにしてやってみて下さい。

 

「教え過ぎる」のは、何事も良くないと思います。

自分で考え、自分で研究しなければテニスは上達しません。

「ここからは、自分で考えて、自分の感覚を大事にしてみて」と、初心者の人にも伝えることは大事です。

だって人それぞれ、体格も感覚も全て違う訳ですから。

上級生の方は無理せず力まず、自然体で新入生の方に接してみて下さい。

しっかり考えて準備してあげれば、きっと応えてくれるはずです。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「量から質へ」今、アナタの練習には改革が必要です

    今の練習に、疑問を感じている方。部活やサークル、テニススクール…

  2. テニス スポーツ
  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの試合で、「流れるようなネットプレー」を身に付ける為の練習メニュー

    ダブルスの名手、ブライアン兄弟も実践する練習を取り入れてみましょう。…

  4. 練習メニュー

    「THE地味練であるボール出し練習」がテニスの試合の為に必要な理由

    選手時代、ボール出し練習をよく行った。ボール出し練習だから、ゆ…

  5. テニス リターン

    練習メニュー

    「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう

    テニス界って、アナタが思っている以上に変化が激しい。10年前の…

特集記事

  1. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範…
  2. 戦術

    自分の試合の中で、「ここでテニスのギアを上げたい!」と思ったときに実践出来ること…
  3. テニス メンタル

    フットワーク

    「テニスに必要な体力は何か?」と考えると、効率的なトレーニングが見えてくる
  4. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩を支点にしたスライスを覚えよう!
  5. 戦術

    テニスの試合では、「相手の主張」を受けて立とう
PAGE TOP