ボレー

大きく踏み込んだボレーを安定させるには、「後ろ足の内側をコートに付ける」を意識したい

ネットプレーで、しっかり下半身から動かして「足」を出す。

言葉では簡単ですが、これって本当に難しい。

ゆるい、遅いボールほどボレーは実はし辛いと感じている人も多いんじゃないでしょうか。

今回紹介する一つのコツは、後ろ足に特化した特別なもの。

私はこれで踏み込んでいくボレーが上達しましたが、皆さんはどうでしょうか・・・。

ぜひ一度、試してみてもらえると嬉しいです。

 

大きく踏み込んだボレーを安定させるには、「後ろ足の内側をコートに付ける」を意識したい

 


 

■ボレーは後ろ足キックで、「重さ」を出すことが大事

ボレーは下半身。

もっと具体的に言えば、横向きから後ろ足をキックする動きで「重さ」を出すと、相手にとって嫌なボレーになります。

右利きの方のフォアボレーであれば、右足でコートをキックすることで、身体全体をネットに近付けていく。

この意識が重要です。

上半身だけ、腕だけでボールを飛ばそうとすると、ミスに繋がりますし肘を痛めてしまいます。

 

■キックした後ろ足は、浮かすのではなく内側でコートを滑るように

後ろ足でキックして、前足はオムニコート・クレーコートであれば滑っていくようにして、前に踏み込んでいく。

ネットに詰めてパチン!というボレー、しっかりこの動きができないと辛いです。

その際に、後ろ足は浮かせてしまうとバランスが崩れがち。

足の内側、インサイドの部分をコート上に付けて、滑らせるようにしてみて下さい。

足の裏が、後ろの人に見えるくらいにはっきりやってみましょう。

滑りながら安定した踏み込んだボレー、打てるようになるはずです!

 

■大きく踏み込むときには、沈み込む意識で

もう一つ、大事なコツがあります。

ボレーで踏み込んだときに、出来るだけ低い態勢になるように沈み込む。

前足の膝を曲げて、ボールを上から身体全体で抑え込むような意識で、ボールに入っていってみて下さい。

ただあまり目線が上下したり、頭の位置が動くと安定しない。

多少高い位置から低い位置になるくらいで、元々の態勢も低く低く、を意識しましょう!

 

コート上を滑るような動き、ストロークでは実践できてもボレーでは実践出来ない人が多い。

大きく踏み込むときに、ぜひ前足を1メートルくらい滑らせる意識を持って下さい。

そうすると、しっかり横向きが作れますし、フォームも安定します。

遅いボール、ゆるくて自分から打ちにいくボールも、しっかりボレー出来るとネットプレーに自信が生まれます。

チャンスを決め切る、詰めるボレー、しっかり安定させて勝ち切りましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    試合で使えるネットプレーは、「ボレーの準備、ラケットセット自分の視界からラケットが消えない」のが大前…

    ボレーの基本は「ラケットを振らない」と、教えられた方も多いと思います。…

  2. ボレー

    ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない

    ボレーでの決定力を上げていきたい、と考えているみなさん。ネット…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡げよう!

    シングルスでもダブルスでも、ネットプレーを入れていくのには勇気が要りま…

  4. ボレー

    「足元ボレー強化法」テニスの試合で求められる即決力をネットプレーで磨くには?

    相手がネットプレーに出てきたらどうする?パッシングで抜いてしま…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが大き過ぎるので試合で…

    「ボレーはラケットを引かない!振らない!」という感じのアドバイス、よく…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る

    ダブルスの前衛でのポーチ、皆さんは決定力・・・ありますか?私自…

特集記事

  1. 戦術

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう
  2. テニス スマートフォン

    テニス知識

    iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ
  4. テニス テニスボール

    テニススクール

    強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない
  5. テニス ダブルス

    テニススクール

    長所を探せる、テニスコーチになって欲しい
PAGE TOP