ストローク

「必須!バウンド地点予測能力」テニスの試合で攻撃力を高める為に

相手が打った瞬間に、そのショットがどこにバウンドするのか分かるかな?

ボールのスピード、上がっていく角度、回転量や回転の種類なんかを見て、それがどこにバウンドするのか、瞬時に見抜けるようにならないといけないんだよ。

 

「必須!バウンド地点予測能力」テニスの試合で攻撃力を高める為に

 

だって、それが分からないと、ネットプレーの時にそのショットがアウトかどうか分からないし、足元に打たれた時にも、ワンバウンドさせてハーフボレーか、ノーバウンドでローボレーするのか、判断が出来ない。

ベースラインプレーをしている時にも、下がっての処理が遅れると詰まった打ち方になるし、浅いボールを見逃すことも、チャンスを逃すことになるばかりか、逆にそれでやられてしまったりする。

これだけバウンド位置の予測をすることって大事なのに、意外とこれを普段の練習で心掛けていない人が多い。

どんな人が心掛けていないかと言うと、まずネットに出る気がない人

短いボールがあれば、すかさずそれを利用してネットダッシュ・・・って思っていない人は、相手ショットがどこにバウンドするかは気にならない。

もちろん飛んできたボールの方向は意識するが、バウンドが浅いか深いかはどうでもいいのだ。

 

それからライジングでストロークを打たない人

バウンドしたばかりのボールを打つライジングショットは当然バウンド地点が分かっていて、そこに踏み込んでいかないと打てないから、ライジングでのストロークを意識して打っている人は、自ずと相手が打った瞬間に、それがどこにバウンドするのかが分かるようになる。

でも一番バウンド地点の予測が敏感になれるのは、ネットプレーヤーになることだね。

相手ショットを一瞬で「アウトだ!」「入ってる!」って判断出来ないと、アウトボールなのにボレーしてしまったり、入っているのにウォッチしてしまったりしてしまう。

 

バウンド地点の予測が一番シビアに求められるから、感覚が研ぎ澄まされる格好の練習場所がネットプレーなんだよ

でもこればっかりは慣れなんだよね。

何回もネットプレーを経験して、何発も相手ショットを受けたり何度もウォッチして、自分の予測がどうなのか確かめないと、バウンド予測の感覚は掴めない。

もしこの過程を面倒がってネットプレーを辞めてしまうと、当然ネットになんか出ないで、ベースラインでプレーしてしまうし、ベースラインにいても、ネットに出る気が無いから、余計にバウンド地点を予測しない完全受身のストロークプレーヤーで、ライジングショットなんかも打てない選手となってしまう。

テニスってツーバウンドするまでに打ち返せば良いスポーツでしょ?

だから、けっこうワンバウンドさせてから、ツーバウンドまでに考えれば良いって思ってしまうんだよね。

でもチャンスがあれば攻撃したい

そしてその攻撃をするためには、バウンドしたばかりのライジング系ストロークを使ったり、ノーバウンドでボレーをしたりしなきゃいけない。

そのためには、相手が打った瞬間にそのショットがコートのどこにバウンドするのか、判断できる能力がないとやってられないんだよ。

テニスはツーバウンドするまでに打てば良いなんて考えるな。

ワンバウンドするまでに自分が次に何をすべきか、その為にはどこに移動しなきゃいけないかを分かってないとダメだよ。

攻撃したいって思っている人は特に、バウンド地点の予測能力を日々鍛えておかないと話になんないからね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「深いボールをフォアハンドストロークで切り返す!」為に必要な、額から頭の後ろに抜けていくスィング

    ナダル選手の得意なプレー、「バギーホイップショット」なんて呼ばれ方もし…

  2. ストローク

    テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケットを振らないと意味が無…

    練習前のウォーミングアップで、ショートラリーを行う選手は多いと思います…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「ストロークの威力をワンランクアップさせたい!」と考える人は、インパクトで10cm押し…

    ジョコビッチ選手に代表されるように、ストロークで威力をアップさせるには…

  4. ストローク

    「ビビった時のスライス、大丈夫?」テニスの試合で深く伸びるスライスを打つ為には?

    テニスの試合中、ビビってしまうことはよくある。ビビった状態でストロ…

  5. ストローク

    「覚えておいて損はない、スライスショット」コンパクトに抑え込むとテニスの試合では有効です

    ストローク・・・と言えばどういうショットを思い浮かべるか。だいたい…

特集記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス 水分補給
  3. テニス 暑さ対策
  4. テニス 多動力
  5. テニス バナナウェイト
  1. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・
  2. 練習メニュー

    ボールをコントロールして、「相手を前後に動かす」為の練習メニュー
  3. その他

    「ラケット選びは新しい自分との出会い」テニスの試合で強くなる自分とラケットの関係…
  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    相手が打つ前に、攻撃的なポジショニングが取れているか?
  5. テニス メンタル

    その他

    Q&A「テニスをするには、性格が優し過ぎると言われてしまいます。良いア…
PAGE TOP