テニス ボレー

ボレー

テニスの試合で、「厳しいロブをしっかりカットして粘りたい」ときには、まず相手の出方を確認しよう

ネットプレーが上手い人、試合に強い人はアップヘッド(頭の上)のボールの処理が上手い。

厳しいロブを無理してスマッシュを打つ、ことも時には必要ですが、基本はハイボレーでしっかりつないだ返球が出来るようになっておきたい。

その為に必要なのは、ボレーの技術はもちろんですが、それ以上に相手をしっかり観察する力。

ロブを打った後に、どういう動きを相手が取っているのか・・・?について、しっかり確認出来ていれば怖くない。

チェックしたいポイントと、最低限のハイボレーカットの技術を確認しておきましょう。

テニスの試合で、「厳しいロブをしっかりカットして粘りたい」ときには、まず相手の出方を確認しよう

 

■ハイボレーカットの大原則は、「遅さ」

相手の厳しいロブ、ハイボレーでカットするときに大事な要素は何か?

それは、「遅さ」です。

相手に返球するアナタのボール速さが出てしまうと、それだけ速くボールが自分のところに返ってくる。

厳しいロブで態勢を崩されているのであれば、ハイボレーでボールを上方向に飛ばすことが必要でしょう。

ラケット面で上向きを作り、腕を伸ばすのではなく軽く曲げた状態で顔近くまで引き付ける。

そうすれば、厳しいロブでもコントロール出来るでしょう。

ボレーは下方向に・・・という先入観、捨ててみることが大事です。

 

■相手はロブを触らせて、どんな「攻撃」をしようとしているか?

厳しいロブだけに眼がいくと、つい気持ちが引いてしまいがちですが、相手の様子を見てみましょう。

ロブを打って、そのまま後ろに待機しているか?それとも、そこから前に来て攻撃しようとしているか・・・。

「そんなの、観ている余裕なんてない!」と思った方、一度やってみてください。

ロブを追いかけながらでも、相手コートを一瞬観ることは出来る。

相手が前に出てきていない、そのまま様子を見ているようであれば、先ほどの方法で深く高く、遅く返球すればOK。

問題は・・・相手がそのロブを皮切りに、前で攻撃しようとしているときですね。

 

■ハイボレーカットでもスライス回転を覚えて使おう!

ハイボレーカットでは、少し余裕がるときにはスライス回転をかけたい。

しっかりと態勢を後ろ向きに作って、ボールの横にラケットを入れて横回転をかける練習をしてみて下さい。

フォアハンドであれば、片手で打つ場合も必ず両手を上げて対応すること。

片手で反応しようとすると、打点が安定せずミスショットにつながります。

回転量を増やすと、ボールスピードを遅くできて態勢も整えやすい。

しかも相手は打点が低いストロークで対応しないといけないので、連続攻撃も難しい。

普段の練習から、ぜひ意識してみて下さい。

 

このハイボレーカットの練習は、相当意識しないと難しい。

オススメは、ボレーとストロークのラリーで「スライス限定」で、ボレーは「絶対にコート落とさない、ワンバウンドさせない」ということをルールとするということ。

遅いボールですが、動きはかなり激しいラリーになります。

何せネットプレイヤーはボールを落としてはいけないので、かなりネットに詰めておかないといけない、しかもロブもケアしないといけない・・・からです。

少し年配の方は、ベースラインを1メートル短くしてネットプレイヤー側の守備範囲を狭めて練習してみましょう。

ハイボレーカット、地味ですが非常に試合で使う機会の多い、大事な技術です。

意識を高く持って、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでいつも「アウトボールを触ってしまう」のは、自分の膝が伸び切っているから

    自分が前に出て、ネットプレーでよしチャンス・・・!と思っても、…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?

    片手バックハンドボレー、特に男性は使う方が多いですよね。でも、…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    「両手のバックハンドボレーが難しい・・・」と自分のテニスで悩む人にヒントになる考え方4つ

    一般のテニススクールでは、女性のバックハンドボレーは両手で勧められます…

  4. テニス スライス

    ボレー

    自分のボレーを「下半身から重たいボール」にする、4つの秘訣

    自分のボレーに、「重たさ」はあるのか・・・。簡単にパッシングで…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから

    レベルが高い試合になってくると、ストロークのスピードも上がる。…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    サーブ&ボレーのファーストボレーこそ、先に面作りをして安定感をアップ

    前に出た時に難しい、ファーストボレー。たくさんやるべきことを考…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス メンタル

    メンタル

    素振りでも練習でも、「ラケットを振る回数はアナタの血となり肉となる」ことを忘れて…
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    ボレー対ストロークの練習は、ボレーヤーの位置に気を付けないと練習の意味が無い
  3. テニス ストローク

    戦術

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側に向けて構えよう
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスは、「動いているボールに対して合わせていく競技」という認識を、改めて持とう…
  5. テニス リターン

    ストローク

    騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が…
PAGE TOP