シングルス

テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えられると強い

テニスの試合、シングルスは特に・・・ですが、アナタが苦しければ、同じくらい相手だって苦しい。

「どうして自分だけこんなに疲れて、苦しいんだ・・・」と思うと、つい試合を早く終わらせようと必死になり、無理をしてミスが増え自滅する。

体力が無いから仕方ない、ではなくちょっとした意識を変えるだけで、試合に勝てる粘りが生まれてくるんだと思います。

相手とのラリーを避けることは、勝負を避けること。

辛い時ほど、この感覚で試合を乗り切る癖を付けて欲しいと思います。

 

テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えられると強い

 


 

■体力的な疲労度と、精神的な疲労度

テニスにおいて、疲労は大きく分けて2つあると思っています。

一つは体力的な部分、もう一つは精神的な部分での疲労度です。

前者はトレーニングで養うことが出来て、当然テニスには必要な要素になります。

ですが精神的な疲労度に関しては、なかなかトレーニングが難しい。

メンタルが弱い、という言葉で片付けられてしまいがちですが、少し立ち止まって考えてみませんか?

テニスの試合の中で相手から「逃げよう」とする気持ちは、コントロール出来ます。

■「ラリーを避けて」勝負に勝つことが出来るのは、格下相手のみ

アナタより実力が劣る相手であれば、結果的にラリーを避けるような試合も多いでしょう。

そもそも返球が甘い、返って来ないような相手ですので、試合も問題無く勝てる。

問題は、実力が拮抗している相手や、格上相手のとき。

追い込まれてラリーを避けたくなる自分を、しっかり説得できるかどうか。

「ラリーからチャンス」を作る、それまではしっかり、1ポイントに時間をかける!

まずはこの意識をしっかり持って、シングルスの試合に臨むことは大事です。

 

■ストロークラリーが長いポイントを、しっかり獲れているかどうか?

テニスの試合の流れは、「長い時間のかかったポイント」をどちらが獲るか、が重要だと言われます。

確かにサービスエースのようなフリーポイントよりも、長いラリーを制した方が嬉しいし、失った方がショックも大きい。

一喜一憂するのは間違いですが、自分がしっかりこの長いポイントを獲れているかどうか、を常に試合では考えてみて下さい。

失い機会が多いようであれば、何かを修正しないといけない。

リスクをかけ過ぎていないか、相手のコースを予測出来ているか、主導権を渡しているのはなぜなのか・・・?

試合の中で修正できるには、まずはアナタ自身「ラリーをしていこう!」という意識を持っていくことが大切です。

 

ただ相手に「返球し続ける」ことが、ラリーではありません。

相手に攻撃はさせず、しかも自分としては確実に入っていくようなボールを打つ、打ち続けることが出来ますか?

普段の練習の中で、つい「気持ち良く打てるショット」ばかりにはなっていませんか?

口で言うのは簡単ですが、これって本当に難しい。

試合で使えるショット、試合に出ている人なら分かるはずです。

この機会に一度、見直してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. シングルス

    粘り強いシコラー相手には、考える時間を与えてあげれば良い

    シングルスの試合で、ただ弱く返して来るようなタイプの選手。嫌で…

  2. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合で、ここぞの場面で役立つカウンターショットの使い方10選

    シングルスの試合、でぜひみなさんに身に付けて欲しい技術。相手の…

  3. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くない作戦です

    アナタ自身、どんなプレーでシングルスの試合に入っているのか。意…

  4. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、遅いボールで相手を動かすことが大事

    良いショットを打っていても、なぜか試合で決まらない。自分の攻め…

  5. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ

    シングルスでは守るコートが広い。横はもちろん、前のスペースも自…

  6. テニス サーブ

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう
  2. テニス リターン

    ボレー

    アプローチショット、「ボレーのフィニッシュイメージも持って」前に出よう
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイン…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ時に、「大きく胸を張って反る動き」は本当に必要か考えてみた
  5. ボレー

    ボレーの基本は、遅いボールはしっかりと真ん中に当てること
PAGE TOP