テニス ストローク

ストローク

両手バックハンドストロークの弱点である、「低く短いボール」への対処法は基本を徹底しよう!

バックハンドストロークを両手で打っている方は、硬式テニスには多いはず。

特に学生や女性の方は、まず両手でしっかり振れるようになることから教わる機会も多く、男性でも高校生くらいまではほとんどが両手バックハンドのストロークではないでしょうか。

この両手バックは非常にパワフルで安定感がある半面、リーチが短いので浅く短いボールが弱点とも言われています。

改めて、基本を見直しつつこのボールにどう対処するべきか、考えてみましょう!

 

両手バックハンドストロークの弱点である、「低く短いボール」への対処法は基本を徹底しよう!

 


 

1.ストロークの基本姿勢を低く、後ろ足を深く膝を曲げる

低いボールには、低い態勢を作る、のがテニスの基本。

特にオムニコートでは、ボールが弾みにくい・・・。

しっかりボールの後ろに入って、膝を曲げてボールの下を捉えることが重要です。

特にポイントになるのが後ろ足の膝。

この膝がしっかり曲がっていないと、態勢自体が低くなりません。

前足を曲げることももちろん大事ですが、それ以上に、後ろ足の膝は前足の膝よりも低い位置にもっていくことを意識しましょう。

 

2.曲がった膝に、砂は付いているか?

「膝を曲げよう!」と言っても、どの程度曲げるのかが中途半端な人が多い。

しっかり曲げると、クレーコートやオムニコートでは膝に砂が付くはずです。

この砂が付いて、初めて「深く曲げた」ということ。

「いくら何でも、それはやり過ぎじゃ・・・」と思った方は、まだまだ意識が甘い。

本気で技術を習得しようとしているときには、大げさに大胆にトライしてみる方が習得が早いのです。

 

3.ボールより低い位置にラケットを入れよう!

低いボールをミスしてしまう人は、ボールの下に入れていないことが多い。

ボールを上から見るような態勢では、上に持ちあがらないのでネットミスが多い。

両手バックの方は、とにかく低いボールで狙われることを覚悟しておきましょう。

錦織選手やマレー選手のようなプロで長身の選手でも、ネットよりも低い態勢を作って返球してますよね。

ぜひ見習って、アナタ自身で実践していくようにして下さい!

 

低い態勢には、体幹の強さが不可欠。

しっかり毎日、短い時間でも良いのでトレーニングをする習慣を付けて下さい。

ただランニングしているだけでは、この低い態勢に必要な身体は出来上がっていきません。

腹筋や背筋、その他ウェイトを用いたトレーニングも必要でしょう。

このサイトでもまた紹介していきますが、ぜひアナタ自身も勉強して考えてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. ストローク

    テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つのポイント

    フォアハンドストロークは、試合で武器にしている人が多い。それで…

  2. テニス リターン
  3. ストローク

    ストロークのクロスラリーが続かない、とお悩みの方に

    ストロークのラリーで、クロスラリーが難しいと感じている方に今回…

  4. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!

    緊張する試合で、ショットが入らなくなる。これで不安になって、勝…

  5. テニス 準備

    ストローク

    「超ディフェンシブ粘りストローク」は、メンタルだけでは無理!

    シングルスの試合の中で「粘り」の要素は、大きな武器になる。「な…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ
  2. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を
  3. ダブルス

    サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!
  4. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合、「ネットに詰めれば詰める」ほど、上半身はリラックスしていこう
  5. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」の…
PAGE TOP