テニス ストローク

ストローク

「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に

スィングスピードって速い方が良いか、遅い方が良いか・・・って聞かれたら当然「速い方!」って答えるよね。

速いスィングが出来れば速いショットが打てる。

でも速いショットばかり打つ訳にはいかない。

 

「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に

 


 

むしろゆっくりなショットを軸にプレーしている人って多いでしょ?

そうなると速いスィングは不必要なのかな。

いやいや、速いスィングってどういう人でも必要。

意外にも色んなところに活かされるんだから。

でも速いスィングスピードって言っても人それぞれ

ここで言う「速いスィング」というのは、トッププロのスィングスピードくらい速くないといけない訳じゃなく、それぞれ自分の持っているスィングスピードの中での速いスィングと思ってもらって結構。

冒頭にも書いたように、実際テニスの試合では速いショットばかりを使うのではなく、むしろ少し抑えたゆっくり目のショットをメインで使いながら、どこで速いショットを混ぜるか・・・が大事になってくる。

トッププロの試合を見ていても常に全力でスィングをしているように見えるが、かなり緩急を駆使してプレーしているのだ。

彼らにとってゆっくりなショットも我々には速く映るから、全てが速いショットに見えてしまうんだよ。

そしてこの「常に全力」に見えているのは、彼らは速いスィングを色んな場面で上手く活用しているから

じゃあ速いスィングは速いショットを打つ時以外、どういうメリットがあるかと言うと、まずは回転量を増やせるということだね。

安定感を保つためにも、ボールを弾ませて相手に攻撃的なショットを打たせないようにするためにも、ボールに回転をたくさん与える打ち方をしないといけないんだけど、そこでスィングスピードを落としてしまうと当然回転量は少なくなってしまう。

それから足を動かすためにも実は速いスィングが必要なんだよ。

端っこに走らされてそれをランニングショットで打とうとした時、ゆっくりのスィングだとどうなる?

走る足とラケットの動きが合わせづらくなってしまうでしょ?

皆も試合中に経験したことあると思うけど、アウトが怖くなってラケットが振れなくなると、同時に足も止まってしまうのだ。

ただし、足と合わせやすい速いスィングは当然大振りでは無く、テイクバックがコンパクトな打ち方になるけどね。

 

とにかく速いスィングを行おうとすると、足からパワーをもらおうとするから足が合わせようと一緒に頑張ってくれる

ゆっくりだと足の仕事が無くなってしまって、足は試合中ボールには追いついてくれるが、それ以外何して良いか分からなくなってしまうんだよ。

とにかく速いスィングは速いショットを打つため以上にショットの安定感、ディフェンス力、フットワークなどに関わっていてそれらを向上させる大きな要素となる。
 



 

この3つがあればプレーにもリズムが生まれてくるし、精神面でも安定感が生まれるのだ

これらのメリットがあって更に速いスィングは速いショットを打つという特典が付いてくるんだけど、速いショットばかりのテニスじゃあ勝てないから、結局「速いスィングは安定感のため」って考えた方を優先した方が良いのかもしれないね。

速いスィングしながら相手の攻撃に耐え、速いスィングでゆっくりのショットを繰り出して展開を作り、そしてやっと・・・速いスィングで速いショットを打って決める。

速いスィングがいかに便利かってことを実感してもらいたいね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. ストローク

    「ロブで抜かれても諦めない!」テニスの試合で後ろ向きから返球するコツとは?

    テニスの試合の中で、ネットに詰めてロブで抜かれる・・・ということ、あり…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる

    テニスの試合で、どこにミスが出やすいのか。それって、実は「攻撃…

  3. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必要です

    テニスの試合で勝てる人は、まず守備が固い。どこに打っても追い付…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に1.0秒間、顔を残し…

    ストロークのフォームが安定しない、軌道もばらけてしまってミスが多い・・…

  5. テニス ソフトテニス
  6. テニス ボレー

    ストローク

    相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ

    シングルスでもダブルスでも、「バックハンド狙い」は避けて通れない。…

特集記事

  1. 筋トレ

    テニス知識

    体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. ストローク

    初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること
  3. リターン

    リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方
  4. テニス 環境

    練習メニュー

    アナタのテニスが成長していけば、「周りの成長に繋がる」から良い循環が生まれる
  5. テニス 練習

    戦術

    自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう
PAGE TOP