テニス ストローク

ストローク

「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に

スィングスピードって速い方が良いか、遅い方が良いか・・・って聞かれたら当然「速い方!」って答えるよね。

速いスィングが出来れば速いショットが打てる。

でも速いショットばかり打つ訳にはいかない。

 

「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に

 


 

むしろゆっくりなショットを軸にプレーしている人って多いでしょ?

そうなると速いスィングは不必要なのかな。

いやいや、速いスィングってどういう人でも必要。

意外にも色んなところに活かされるんだから。

でも速いスィングスピードって言っても人それぞれ

ここで言う「速いスィング」というのは、トッププロのスィングスピードくらい速くないといけない訳じゃなく、それぞれ自分の持っているスィングスピードの中での速いスィングと思ってもらって結構。

冒頭にも書いたように、実際テニスの試合では速いショットばかりを使うのではなく、むしろ少し抑えたゆっくり目のショットをメインで使いながら、どこで速いショットを混ぜるか・・・が大事になってくる。

トッププロの試合を見ていても常に全力でスィングをしているように見えるが、かなり緩急を駆使してプレーしているのだ。

彼らにとってゆっくりなショットも我々には速く映るから、全てが速いショットに見えてしまうんだよ。

そしてこの「常に全力」に見えているのは、彼らは速いスィングを色んな場面で上手く活用しているから

じゃあ速いスィングは速いショットを打つ時以外、どういうメリットがあるかと言うと、まずは回転量を増やせるということだね。

安定感を保つためにも、ボールを弾ませて相手に攻撃的なショットを打たせないようにするためにも、ボールに回転をたくさん与える打ち方をしないといけないんだけど、そこでスィングスピードを落としてしまうと当然回転量は少なくなってしまう。

それから足を動かすためにも実は速いスィングが必要なんだよ。

端っこに走らされてそれをランニングショットで打とうとした時、ゆっくりのスィングだとどうなる?

走る足とラケットの動きが合わせづらくなってしまうでしょ?

皆も試合中に経験したことあると思うけど、アウトが怖くなってラケットが振れなくなると、同時に足も止まってしまうのだ。

ただし、足と合わせやすい速いスィングは当然大振りでは無く、テイクバックがコンパクトな打ち方になるけどね。

 

とにかく速いスィングを行おうとすると、足からパワーをもらおうとするから足が合わせようと一緒に頑張ってくれる

ゆっくりだと足の仕事が無くなってしまって、足は試合中ボールには追いついてくれるが、それ以外何して良いか分からなくなってしまうんだよ。

とにかく速いスィングは速いショットを打つため以上にショットの安定感、ディフェンス力、フットワークなどに関わっていてそれらを向上させる大きな要素となる。
 



 

この3つがあればプレーにもリズムが生まれてくるし、精神面でも安定感が生まれるのだ

これらのメリットがあって更に速いスィングは速いショットを打つという特典が付いてくるんだけど、速いショットばかりのテニスじゃあ勝てないから、結局「速いスィングは安定感のため」って考えた方を優先した方が良いのかもしれないね。

速いスィングしながら相手の攻撃に耐え、速いスィングでゆっくりのショットを繰り出して展開を作り、そしてやっと・・・速いスィングで速いショットを打って決める。

速いスィングがいかに便利かってことを実感してもらいたいね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」

    粘りが無い選手に、「もっと粘れ!気持ちだ!」という声をかけているケース…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について

    ストローク、ボレー、スマッシュ。サーブにリターン・・・。それ以…

  3. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩

    「こっちが攻撃しているのに、なぜか相手から反撃されてしまう・・・」と、…

  4. テニス リターン
  5. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    「スライスのアプローチショットで、ネットに出る」のが、有効な理由とは?

    スライスでのアプローチショット、皆さんの周りには使って来る相手、います…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる
  2. ストローク

    低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう
  3. ダブルス

    「ダブルスで格上ペアを倒したい!」と思うなら、テニスでクロスの勝負はあえて捨てま…
  4. テニス ダブルス

    ロブ

    一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い
PAGE TOP