テニス ストローク

ストローク

「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に

スィングスピードって速い方が良いか、遅い方が良いか・・・って聞かれたら当然「速い方!」って答えるよね。

速いスィングが出来れば速いショットが打てる。

でも速いショットばかり打つ訳にはいかない。

 

「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に

 

むしろゆっくりなショットを軸にプレーしている人って多いでしょ?

そうなると速いスィングは不必要なのかな。

いやいや、速いスィングってどういう人でも必要。

意外にも色んなところに活かされるんだから。

でも速いスィングスピードって言っても人それぞれ

ここで言う「速いスィング」というのは、トッププロのスィングスピードくらい速くないといけない訳じゃなく、それぞれ自分の持っているスィングスピードの中での速いスィングと思ってもらって結構。

冒頭にも書いたように、実際テニスの試合では速いショットばかりを使うのではなく、むしろ少し抑えたゆっくり目のショットをメインで使いながら、どこで速いショットを混ぜるか・・・が大事になってくる。

トッププロの試合を見ていても常に全力でスィングをしているように見えるが、かなり緩急を駆使してプレーしているのだ。

彼らにとってゆっくりなショットも我々には速く映るから、全てが速いショットに見えてしまうんだよ。

そしてこの「常に全力」に見えているのは、彼らは速いスィングを色んな場面で上手く活用しているから

じゃあ速いスィングは速いショットを打つ時以外、どういうメリットがあるかと言うと、まずは回転量を増やせるということだね。

安定感を保つためにも、ボールを弾ませて相手に攻撃的なショットを打たせないようにするためにも、ボールに回転をたくさん与える打ち方をしないといけないんだけど、そこでスィングスピードを落としてしまうと当然回転量は少なくなってしまう。

それから足を動かすためにも実は速いスィングが必要なんだよ。

端っこに走らされてそれをランニングショットで打とうとした時、ゆっくりのスィングだとどうなる?

走る足とラケットの動きが合わせづらくなってしまうでしょ?

皆も試合中に経験したことあると思うけど、アウトが怖くなってラケットが振れなくなると、同時に足も止まってしまうのだ。

ただし、足と合わせやすい速いスィングは当然大振りでは無く、テイクバックがコンパクトな打ち方になるけどね。

 

とにかく速いスィングを行おうとすると、足からパワーをもらおうとするから足が合わせようと一緒に頑張ってくれる

ゆっくりだと足の仕事が無くなってしまって、足は試合中ボールには追いついてくれるが、それ以外何して良いか分からなくなってしまうんだよ。

とにかく速いスィングは速いショットを打つため以上にショットの安定感、ディフェンス力、フットワークなどに関わっていてそれらを向上させる大きな要素となる。

この3つがあればプレーにもリズムが生まれてくるし、精神面でも安定感が生まれるのだ

これらのメリットがあって更に速いスィングは速いショットを打つという特典が付いてくるんだけど、速いショットばかりのテニスじゃあ勝てないから、結局「速いスィングは安定感のため」って考えた方を優先した方が良いのかもしれないね。

速いスィングしながら相手の攻撃に耐え、速いスィングでゆっくりのショットを繰り出して展開を作り、そしてやっと・・・速いスィングで速いショットを打って決める。

速いスィングがいかに便利かってことを実感してもらいたいね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの基本、「振り切って軌道を高く」の意識は試合でこそ活きる

    試合の中で、ストロークが入らなくなったとき・・・もうどうしようも無いく…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをストロークで足元に沈めるのは、技術的に難しい

    ダブルスの試合では特に、相手の足元にストロークを沈める機会が多い。…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦で鍵となる、「クロス方向への深いショット」を打つ為のコツ5つ

    試合で使うストロークと言えば、まずはクロスのコース。クロスにし…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!

    テニスの試合が始まると、相手を観察しないといけない。どういう攻…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則

    シングルスでもダブルスでも、試合で熱くなるとつい忘れがちなこと。…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    完全に相手をコートから追い出した後、のショットは・・・どうしましょう?

    相手を走らせて、完全にコートから追い出したとき。後は決めるだけ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーはエースを狙うのでは無く、「相手を走らせるショット」だと考えるとミスが激減…
  2. テニス メンタル

    サーブ

    試合で使える良いサーブとは、リターンのコースを限定出来るサーブです
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること…
  4. テニス コントロール

    戦術

    安定した守備力、を今年のキーワードにしよう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「意外とネット上ではセンターに近いところ」を通…
PAGE TOP